サーリオの効果と口コミを検証!ダーマドライとも比較【脇・手汗治療】

こんにちは、わたやです。

普段は、家電やガジェットを中心にレビューしている当ブログですが…

今回は、多汗症治療のための家庭用イオントフォレーシス機器「Saalio(サーリオ)」を1年間使った感想をまとめたいと思います。

レベル3の手掌多汗症の僕自身、ドイツ製イオントフォレーシス機器を取り寄せて、実際に脇、手汗治療してみました。

1年間使った感想や、効果的な使い方、口コミ、よくある質問などまとめますので、購入を検討中の方の参考になればと思います。

また、これまでに筆者が使用した家庭用機器(ダーマドライ、ドライオニック等)とも比較しているので、他の機器の特徴も知った上でじっくり購入検討してみてください。

というわけで、「Saalio(サーリオ) の効果と口コミを検証!ダーマドライとも比較【脇・手汗治療】」について書いていきます。

Contents

サーリオはレベル3の手汗に効果があった?【1年使った感想】

他機器と決定的に違った点

まず、過去に使用した家庭用機器3種類と比べて、決定的に違ったポイントが2点あるので、そちらから触れておきます。

他の機器との大きな違い
  • 治療開始すぐに効果を実感できた
  • 電極板に面さない部分にも効果があった

治療開始すぐに発汗が緩和

従来の家庭用治療器は、約1ヶ月間治療を継続することで、はじめて効果が得られます。

治療を重ねるごとに少しずつ効果が増すというよりは、数週間後にある日突然、ピタっと発汗が止まるようなイメージです。

ですが、サーリオの場合効果の現れ方が少し違いました。

治療開始から3日目には手のひらがザラザラした感じになり、回数を重ねるごとに少しずつ発汗が緩和されたんですよね。

「今日より明日、明日より明後日」という具合にジワジワ発汗が緩和する感じです。

サーリオの電極板は、従来機のような金属製ではなくシリコン素材のパッドが用いられているのですが、これがより効果的に治療ができる要因なのかなと思います。

サーリオのパッドと従来機の電極板
わたや

さすが医療先進国ドイツ製…!

最初の効果を実感するまでの初期段階が辛いことがイオントフォレーシスの唯一のネックでしたが、サーリオは日が浅い段階から効果が実感できるので、治療のモチベーションが保てました。

電極板に面さない部分も効果があった

もう一点は、「電極板に面さない部分の制汗威力の違い」です。

これまでに使用したドライオニック、Iontoderma、ダーマドライの3機器は、あくまで電極板に触れている部分、つまり手の表面にしか効果が実感できませんでした。(発汗量によっても個人差があるのかもですが…)

一方サーリオは、電極板もしくは電流の種類が違うのか、水に浸かっている範囲全体に効果が出ています。これはかなり衝撃でした。

水を多めに注ぐことで手の側面の汗もストップできるので、筆記の際に書類がしわくちゃになるストレスからも解放されました(笑)

まずは手のひらの治療に集中

手、足、脇汗の治療が可能なサーリオですが、まずは様子見で手の治療に集中することにしました。

説明書に記載のとおり1日10分間(10mA前後)の治療を毎晩お風呂上りに続けてみました。

電流は様子見で10mAに設定し、その後、12mA、15mAと少しずつ電流を上げつつ1週間継続。

前述のとおり、治療開始からすぐに手の質感がザラザラになり、2週目には明らかに発汗量が減っていることが実感できました。

この時点で汗が滴ることが無くなっていたので、レベル3→レベル2程度に緩和していたと思います。

ちなみに、見た目でわかる変化は特にありませんでした。

3週目には全範囲の発汗がストップ

さらに1週間継続すると、手のひらがつっぱった感じ(コーティングされたような感覚)になり、水に浸かっていた全範囲の発汗が完全にストップしました。

営業先で握手を交わす際や、書類を扱う際など、普段なら汗が滴るシーンでも手のひらはサラサラの状態です。

普段どおり汗がドバドバ出ているような感覚なのに、手のひらはツルツルなので不思議な感じです(笑)

全体の80%ほどの範囲は制汗できたので、この時点で日常生活でのストレスはほとんどなくなりました。

4週目からは週おきの治療で効果が持続

初期治療が終わったので、説明書に記載されているとおり治療頻度を「毎日」→「週おき」に変更

その後は、週に1回、10分間の治療でサラサラの状態を維持できるようになりました。(電流は20mAに設定)

参考までに、僕のサーリオの治療日誌を掲載しておきます。

3ヶ月間の治療記録


自宅で治療が完結してしまったので、通院でイオントフォレーシスを受ける必要性が全くなくなりました。1週間のうちのたった10分間、好きなタイミングで治療できるのは快適すぎる。。

過去に、iontoderma、ドライオニック、ダーマドライと色々試してきましたが、これだけしっかり全範囲の発汗がストップしたのは初めてだったので本当に感動体験です。

わたや

サーリオおそるべし…!

足裏の効果について

サーリオは、手と同じ要領で足にも使用できます。
ただ、足裏は手のひらに比べて皮膚が厚い分、完全に効果が出るまで最低でも1ヶ月はかかります。

僕の場合、電圧は20mAと高めに設定し、1ヶ月半続けてようやく発汗が治まりました。

それから、足の側面部分は完全に水に浸かりきらないので、体感的には60%くらいの効果しか得られません。

ですので、「足の治療は根気がいるな〜」というのが率直な感想です。

ただ、手足を同時に治療できる仕様なので、トレイに両足が収まる場合は手とセットで効率的に治療ができます。

説明書から抜粋

イオントフォレーシス特有の「ビリビリ感」は?

イオントフォレーシスは、微弱電流を皮膚に流し込んで汗腺に蓋をする療法です。

つまり、皮膚に電流を流すわけなので、少なからず刺激を伴います。

とはいえ、電極板に低刺激のシリコンパッドを採用しているサーリオは、ビリビリと強い電流に耐える必要はなく、じんわりと微弱電流を感じる程度なので治療中のストレスはさほど大きくありません。

また、サーリオは従来機と違って電圧を1mA単位で細かく調整できます。これがほんとにありがたい。

最初は10mA程度からスタートして、耐えられる範囲で少しずつ電流を上げていくことをおすすめします。当然、電流値を高く設定するほど効果は高まります。

注意点として、すり傷やさかむけがある場合はすごく染みるので、必ず絆創膏やワセリンで覆ってから使用してください。

サーリオの脇用パッドを追加購入してみた

手のひらの効果が凄まじかったので、オプションの脇用パッドも追加購入してみました。

使い方は簡単で、まず本体とシリコンパッドを繋ぎます。そのパッドを水で濡らした専用カバーに入れて、両脇に挟むだけ。

電源が入った状態で両脇に挟むと、自動的に電流が流れて治療がスタートします。

治療手順は手のひらと同じです。
最初の数週間は10~15分に設定して毎日治療し、一度発汗が止まったら週おきの治療で効果が持続します。

市販の制汗剤でほとんど効果が得られなかった僕の脇汗も、使用開始から3週間後にはピッタリ止まりました。以降、週に1回15分間の治療でサラサラの状態をキープできています。

効果の現れ方は、手のひらのように徐々に発汗が和らいでいく感じではなく、ある日突然全範囲の発汗がピタっと止まるような感じでした。

刺激に関しては手足とさほど変わらず。皮膚の薄い脇下は結構ビリビリくるのかな〜と覚悟していましたが、じんわり熱を感じる程度でストレスなく治療できています。

他の機器に比べて「続けやすかった」サーリオ

続かないと意味がないイオントフォレーシス治療

繰り返しになりますが、イオントフォレーシスは「初期治療」の1〜2週間はなるべく毎日治療を行う必要があります。

肌質や発汗レベルによっても個人差がありますが、早ければ1週間、遅い場合でも1ヶ月ほどで初期治療は終わります。

一度発汗がストップすると、それ以降は「継続治療」に入り、週おきの治療で効果が持続するので負担が小さくなります。

その後の治療は楽なのですが、通院での治療や従来機は効果が出るまでに時間がかかるので初期治療が完了するまでに諦めてしまう方も多いようです。

僕自身、これまで通院治療も含めて複数の機器を使ってきましたが、年単位で続いたことはありませんでした。

サーリオが他の機器より続けやすかった理由

その点サーリオは、スタートからすぐに効果が実感できるので、日々の治療が楽しみになるんですよね。

初期段階からストレスフリーで治療でき、長期間続きやすいのがサーリオの一番の強みです。

また、治療の準備やお手入れが楽な点も続けやすいポイントかなと思います。

サーリオはトレイとパッドが軽量でセットが楽ですし、電極板が金属製ではなくシリコン素材なので錆びる心配がなくメンテナンスも簡単。

また、トレイが従来機のような一体型ではなく二つに分かれているので、手のひらと足裏を同時治療できる点も良いですよね。

唯一のネックは「初期費用」

そんなサーリオのたった一つのネックは、そう価格。
89,000円と、決して気軽に購入できるものではありません。。

約5万円のカナダ製のダーマドライと比べると、ほとんど倍の価格設定となっています。

ただ、一度購入すると先5年、10年と長く使える高性能な医療機器であることと、10万円以上するETS手術に比べると安価で安全であるという2点でサーリオの購入を決めました。

また、サーリオは部品の定期交換が不要な点でも維持費がかからないんですよね。

電極板はシリコン製で高耐久なので半永久的に使用できますし、電流コードが破損するようなこともまずありません。

僕が1年間使用して交換したのは、ブルーのスポンジマット(2枚で3,000円くらい)だけでした。

初期費用こそ高額ですが、長期間使用することを考えると、高性能で維持コストがかからないサーリオを選んでおくのが結果的に安上がりなのかなと思います。

100日間の全額返金保証が購入の決め手に。

もう一点、サーリオの良心的なところは、100日間の全額返金保証がついている点です。

お医者さんに勧められたものの「万が一効果がなかったらどうしよう…」と購入をためらっている方も多いと思います。

ただ、仮に満足いく効果が得られなかった場合、購入から100日以内であれば、返品・全額返金してもらえます。

僕自身、この返金保証のおかげで購入を決心できました。価格に見合う効果がしっかり得られるので、実際に返品される方はほとんどいないようですが…。

イオントフォレーシス治療を経験したことがない方は、3ヶ月のお試し感覚で取り寄せるてみるのも良いかもしれません。

ちなみに返品の際は、返品完了から2日以内に返金処理されるようです。

万が一故障した場合も、5年間の返金保証が付いています。

サーリオが他機器より優れているポイント
  • 週1回の治療で効果が持続
  • 治療回数を抑えられるから手が荒れない
  • 手足同時に治療ができる
  • 手動でのコードの差し替えが不要
  • 電極板がシリコン素材で高耐久
  • 消耗部品がないから維持コストがかからない
  • シンプルな2枚のトレイで保管が楽ちん
  • 日本人のカスタマーと連絡できる
返金・保証が手厚いのも安心!

家庭用イオントフォレーシス機器4種類比較

前述のとおり、僕はこれまで4種類の主要イオントフォレーシス機器を試しました。

すべて3ヶ月以上使用したので、それぞれの特徴を表にまとめてみました。

スクロールできます
製品名サーリオダーマドライIontodermaドライオニック
外観DermadryIontoderma
製造国ドイツカナダカナダアメリカ
価格89,800円約55,000円約43,000円約25,000円
電極板の素材シリコンアルミニウムアルミニウムアルミニウム
制汗効果
効果が出るまでの期間約2週間約1ヶ月約1ヶ月約1ヶ月
制汗後の治療頻度週1回2日に1回毎日2日に1回
1度の治療時間10分(手足同時治療可)20分20分30分
電流の向き自動変更自動変更手動変更機能なし
皮膚への刺激
定期交換が必要な部品スポンジ電極板・タオル電極板・パット・コード電池・フェルト
注文言語日本語日本語英語英語
到着日数約5日(Urgent速達便)約7日約10日約7日
返金保証期間100日間90日間なしなし
総合評価

まずサーリオと他3機器の大きな違いは、電流を通す電極板の素材

3機器はアルミニウム製なのに対して、サーリオはシリコンが採用されています。

アルミニウムの3機器は効果の現れ方、価格が似たり寄ったりで、シリコンのサーリオだけ効果、コストともに頭ひとつ抜けているような感じです。

前述のとおり、これといった消耗部品がない点もサーリオの特徴。長期間使用する前提なら、やっぱり効果が高くて買い切りのサーリオが一番経済的なのかなと思います。

また、100日間の返金保証、5年間の故障保証と保証が手厚く、日本人のカスタマーと連絡を取れる点でも安心感があります。

一度購入すると長く使い続けるものだと思うので、最初に性能の良いサーリオを購入しておくのが間違いないかなと思います。(4台目でやっとサーリオに行き着いた僕が言うのも何ですが^_^;)

わたや

サーリオは、日本版サイトから購入できる点も安心です!

サーリオの使い方と効果的な治療手順

ここからは、サーリオの使い方、治療期間について解説していきます。

サーリオの使い方

サーリオは、日本語の説明書が同梱されるので、基本的にはこの説明書に沿って治療を続けていきます

使用方法はとてもシンプルで、手順は以下のとおりです。

  • コンセント、本体、電極マットをそれぞれ接続
  • トレイに電極マットとスポンジをセットし、800m~1Lの水を入れる
  • 電源を入れて治療の設定を行う
  • 手をつけると自動で治療開始
STEP
本体、トレイの準備


まず、本体、ACアダプタ、電極マットを接続します。

2枚のトレイそれぞれに電極マットを敷き、その上でにブルーのスポンジを載せます。

続いて、それぞれのトレイに電極マットがかぶるくらいの水道水を注ぎます。(僕はいつも800ml〜1Lほど注いでいます)

わたや

ぬるま湯でも大丈夫です!

STEP
治療の設定

続いて、本体の電源を入れて治療の設定を行います。

本体画面
  • 治療時間:1分~15分(1分刻み)
  • 電流の強さ:1mA~30mA(1mA刻み)
  • 電流パターン:直流orパルス
  • 電流の方向

まず治療時間ですが、10〜15分に設定してください。(10分以下だと効果が薄いです)

電流の強さは、1mA~30mAまで1mA刻みで設定が可能です。
初日は5mAぐらいから試してみてください。そこから、耐えられる範囲で1mAずつ上げていきます。

僕は刺激に慣れているので20mAに設定して使用しています。(10mA程度でも十分効果が得られます)

電流パターンは初期設定のままで大丈夫です。

最後に電流の方向ですが、説明書に「治療のたびに向きを変えるとより効果が高まる」と記載があるので、毎回向きを変えています。

ちなみに、これら全ての設定は電源を切っても保存されるので、治療のたびに設定する必要はありません。

STEP
トレイに手を浸けて治療開始

治療の設定が完了したら、トレイに手、足を浸けます。すると、ピピっと音がして自動で電気が流れて治療がスタートします。

10分経過すると、またピピっと音が鳴り自動で電流が止まります。これで治療完了です。

従来機は電流が自動で止まらないので、手を出すときに電気がビリっとくるのが怖いんですよね…笑

その点サーリオは、20秒前から少しずつ電流が弱まる仕様なので最後までストレスなく治療できます。

治療スケジュール

サーリオの治療スケジュールは、説明書に詳しく記載されているので、基本的には↓のように治療を進めていくことになります。

説明書に記載されているとおり、治療過程は以下3つの段階に分けられます。

  • 初期第一の段階
  • 初期第二の段階
  • 継続の段階

初期第一の段階」は、手の質感に変化が感じられるまでの期間。

初期第二の段階」は、制汗効果が実感できる段階。

継続の段階」は、制汗効果の維持段階となります。

僕の場合は、治療スタートから1週間で初期第一の段階になり、3週間ほどで初期第二の段階に入りました。

それ以降は週おきの治療で効果が持続しているので、継続段階に入っていることになります。

肌質や発汗レベルによって個人差があるかと思いますが、毎日続けているとやがて継続の段階に入るので、その後は治療が楽になります。

サーリオの口コミまとめてみた

実際にサーリオを一定期間使用された方のSNS上の口コミをまとめてみました。

Twitterのサーリオの口コミツイートを見てみると、皆さん一定の効果を実感されているようです。

僕のようにダーマドライと使い比べしている方も意外と多く、「サーリオの方がより効果があった」という声が目立ちました。

中には、「高額すぎてそもそも手が出せない」「学生だから購入が難しい」という声もありましたが、僕と同じで「3ヶ月の返金保証のおかげで購入の決心ができた」という方もちらほらいました。

実際に愛用している方の口コミを見て、改めてイオントフォレーシス治療の可能性を感じました。受診するとETS手術を勧められるケースも多いですが、リスクが一切ないサーリオで自宅治療する方がよほど安全で確実だなと…。

サーリオの購入方法

Saalio(サーリオ)は、海外製の医療機器のため、Amazonや楽天市場などの日本の通販サイトには取り扱いがありません(>_<)

ですが、AHCスイスの日本版公式サイトから日本語注文で取り寄せることができます。

公式サイトにアクセスしたら、画面を下にスクロールし、商品一覧から希望の商品を選択し「購入する」をクリックします。

商品がカートに入った状態になるので、画面上部の「買い物かご」をタップします。

サーリオが1件入っていることを確認したら、メールアドレスを入力し、「お客様情報の入力」へと進みます。

わたや

メールアドレスは、YahooメールやGメールでも大丈夫です!

続いて、名前、電話番号、宛先を入力したら、続けるをクリック。

配送方法は「送料無料」にチェックが入っていることを確認し、続けるをクリックします。

最後に、支払い情報を入力します。

わたや

クレジットカード決済、PayPal支払い、銀行振り込みの3種類から選択できます!

完了したら、コメント欄に名前のフリガナを入力し、「支払う」をクリック。

これでサーリオの注文が完了しました!


注文から5〜7日で、速達のUrgent便で商品が届きます。

SNSでよく見かける疑問に答えてみた

最後に、SNSなどでよく見かけるサーリオに関する疑問について答えてみました。購入を検討中の方の参考になれば幸いです。

割引やクーポンはある?

基本的にサーリオの割引やクーポンはありません。ただ、モニターになることで10,000円のキャッシュバックを受けることができます。注文の際、コメント欄に 【モニター希望】とご記入ください。

Amazon、楽天、メルカリで購入できる?

海外製の医療機器のため、日本のAmazonや楽天での取り扱いはありません。AHCスイスの日本版サイトからのみ取り寄せることができます。メルカリやヤフオクも、規約上出品が禁止されています。

商品が届くまでの日数の目安は?

スイスから速達のUrgent便で発送されるので、5日前後で商品が届きます。ですが、時期によっては発送遅延が起きることもあるようです。

消費税はかかる?

消費税はかかりません。

注文や問い合わせは日本語でできる?

はい。購入後も、日本人のカスタマーとやり取りができます。

説明書は日本語?

日本語のユーザーマニュアルが同梱されます。

痛くない?

サーリオは、1mA単位で細かく電圧を調整できるので、無理のない範囲で使用する事ができます。最初は、10mA以下から始めてみてください。すり傷がある場合は、患部にワセリンを塗ってから使用してください。

レベル3でも効果は得られる?

僕自身レベル3の手掌多汗症ですが、上記の通り1ヶ月ほどで全範囲の発汗が止まりました。

一時的に発汗量が増えることがある?

口コミを見ていると使い始めて数日は一時的に発汗量が増すケースがあるようです。数週間使用すると、次第に汗腺が窄まり発汗が止まります。

手、足以外の部位も治療できる?

はい。サーリオは脇用、顔用、額用、首用などオプションパーツが豊富に取り揃えられています。

水の代わりにお湯を使っても良い?

はい。僕自身、ぬるま湯で使用していますが問題ありません。

100日保証の返金処理はすぐ行われる?

商品が返送先に到着次第、即日もしくは翌日に指定した口座へ返金されます。

万が一故障した場合は?

購入から5年以内であれば、保証対象となります。

サーリオを使えない人は?

お子様
妊娠中
ペースメーカーを付けている。
大きな皮膚欠陥、傷があってワセリンを覆うことができない場合。
多発性神経障害など、手足の感覚機能に欠陥がある。
動悸(不整脈)を持っている。
ICD植込み型除細動器使っている。
発作混乱(てんかん)を持っている。
悪性疾患をもっている。
重症の局所炎症、または血栓症(凝血)。
厳しい血管障害を持っている。
痴呆症
金属を含む子宮内ペッサリーを付けている。
金属製の移植物がある

さいごに

自宅で安全かつ効果的に多汗症治療ができる、家庭用イオントフォレーシス機器Saalioサーリオ

これまでに使用していた家庭用機器からサーリオに乗り換えたことで得られたメリットをまとめると…

サーリオが他機器より優れているポイント
  • 週1回の治療で効果が持続
  • 治療回数を抑えられるから手が荒れない
  • 手足同時に治療ができる
  • 手動でのコードの差し替えが不要
  • 電極板がシリコン素材で高耐久
  • 消耗部品がないから維持コストがかからない
  • シンプルな2枚のトレイで保管が楽ちん
  • 日本人のカスタマーと連絡できる
返金・保証が手厚いのも安心!

初期費用が高いこと以外で欠点らしい欠点はありませんが、強いていうなら治療時にスペースを取ることぐらいでしょうか。

ただトレイが大きい分、手・足を同時治療できるのでメリットと表裏一体ですね。

これまで、手・足合わせて40~50分治療時間が取られましたが、サーリオに変えてからたったの週1回10分で済むようになり、ほんとにストレスフリーで効果を維持できています。

イオントフォレーシス治療を検討中の方や、機器をアップグレードしたい方は、ぜひ返金保証がある今のうちにサーリオの効果を体験してみてください。

今回は以上です!「Saalio(サーリオ) の効果と口コミを検証!ダーマドライとも比較【脇・手汗治療】」でした。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

Writer

大阪在住Webディレクター。テレワーク歴6年。暮らしがちょっと快適になるモノ・コト、生産性を高めるガジェットの使い方などを紹介するブログ「ロピログ」を運営してます。Yahoo! JAPANクリエイターズプログラムにてガジェットライターとして活動中。

Contents
閉じる