【天然竹天板】電動昇降デスクFLEXISPOT E8レビュー|組み立て方と1ヶ月使った感想

こんにちは、わたや(@taoblog10)です。

ボタンを押すだけで自由に天板の高さを変えられる、FLEXISPOTの電動昇降デスク。

僕自身、半年前にFLEXISPOT E7というハイエンドモデルを購入し、現在も書斎のメインデスクとして愛用しています。


わたや

ぶっちぎりで2021年購入品のベストバイ。

そして今回、そんなFLEXISPOT E7のアップデートモデルとして「FLEXISPOT E8 Banboo」という新機種が登場しました。

従来の電動昇降デスクとしての機能そのままに、天板とフレームがよりシャープになった新モデル。天板の素材には、従来のものより耐水性と耐久性に優れた天然竹天板が採用されているとのこと。

今回は、FLEXISPOT様より特別にレビューの機会をいただいたので、そんなE8 Banbooの使用感を組み立て工程も含めて詳しく紹介していきたいと思います。

FLEXISPOTの電動昇降デスクの購入を検討中の方の参考になれば幸いです!

メリット
デメリット
  • ワンタッチで気軽に昇降できる
  • 電動デスク特有のゴツゴツ感がない
  • 天然竹のさわり心地が気持ち良い
  • 4つの高さを保存できる
  • 障害物に当たると自動停止
  • USB-Aポートが何気に便利
  • 総重量50kgで運搬が大変
  • 価格がE7より1万円ほど高い
目次

FLEXISPOT E8 Banbooの概要

E8 Banboo」は、FLEXISPOT社から9月8日に発売された新型の電動式スタンディングデスクです。

従来の最上位モデル「E7」から、フレームと天板がスタイリッシュに一新された新機種。純粋なスペック面で進化したのは、操作パネルにUSB-Aポートが搭載された点のみのようです。

型番E8 Banboo
昇降範囲580-1230mm
対応天板サイズ幅120-200cm
奥行60-80cm
厚み2cm以上
耐荷重約125kg
メモリ4つ搭載
障害物検知機能あり
チャイルドロックあり
アラーム機能なし
操作パネルタッチ式(USB-Aポート搭載
価格(天板込み)税込78,100円〜
基本スペック

E8 Banbooは専用天板とのセット販売なので、好きな天板を別途用意する場合は、E7などのフレーム単体で購入できるモデルを選んでください。

FLEXISPOT E8の開封から完成まで

まずは、FLEXISPOT E8の組み立て手順について紹介していきます。

フレーム重量は30kg超えなので、部屋まで持ち運ぶのがなかなか大変!運搬と組み立ては2人でやるのが安全。

パーツの種類はさほど多くないので、組み立て自体は意外と簡単です。

ただ、部品一つ一つがそれなりに重たいので、床を傷つけないように必ずシートや段ボールを敷いてください。僕は天板が梱包されていた段ボールを広げて使いました。

説明書はもちろん日本語対応。とにかくわかりやすいので、これを見ながら進めれば誰でも組み立てられると思います。

ただ、付属の6角レンチだけで組み立てるのはなかなか骨が折れるので、こういったインパクトドライバーを用意しておくと便利。こいつがあれば1時間もかからず組み立てられます。

フレーム(脚)の組み立て

さっそく中央フレームから組み立てていきます。

E8は、E7同様に電源モーターがあらかじめフレーム内に埋め込まれています。下位モデルは別で取り付ける必要がありますが、上位モデルはその工程がない分とても簡単!

まずは土台となるフレームに、左右のパーツを取り付けます。

次に、楕円形の脚(昇降部分)の設置。おそらく片方10kgはありますが、上にのせてネジ留めするだけなので簡単です。

最後に、脚の底部分を取り付けます。ここも、上に載せて4箇所のネジを留めるだけ。

たったの3工程で、土台となるフレーム部分が完成しました!

天板とドッキング

続いて、天板にフレームを取り付けていきます。

天板の上に組み立てたフレームを乗せたら、ドライバーで固定していきます。今回は、「長さ140cm × 奥行き70cm」の「1407」の天板を設置。

あらかじめ天板に下穴が開いているので、フレーム中央部分(ビーム)を伸ばして穴の位置を合わせてネジで固定します。

まずビーム部分のネジを緩める
天板の下穴位置に合わせてビームの長さを調整

フレーム左右のネジだけでなく、中央のネジもしっかり留めてください(ここは結構見落としがち)

中央には下穴がないので、自分でドリルで下穴を開けてからネジを打ち込む必要があります。

全てのネジを留めたら、天板とフレームの固定は完了です!

操作パネルの設置と配線

続いて操作パネルの取り付けです。こちらもネジ留めで設置します。

仕上げに配線。左右のモーター、操作パネル、コンセントの計4つのコードを電源部分のプラグに接続します。

このままだと、コードがぐちゃぐちゃの状態なので、この上から配線カバーを取り付けていきます。

カバーの取り付けはちょっとややこしい。まず中央のネジ4箇所を、こんな感じで半分の位置まで留めます。

次に、カバーを各ネジの隙間にはめ込むようにして取り付けます。

取り付けたら、改めてネジを奥まで留めます。

これで配線カバーが固定され、天板裏のケーブルがスッキリカバーの中に収納できました。

これで完成!
あとはひっくり返すだけですが、毎度これが一番キツイんです(笑)天板と合わせて少なくとも総重量50kgにはなってるはずなので、できれば最後は2人でひっくり返してください。

改めて、薄い天板、細いフレームがシャープでかっこいいですね。天然竹の明るい色味と、ホワイトの脚も白い床にマッチしてて良い感じ!

FLEXISPOT E8の昇降の様子と可動幅

両脚にモーターを内蔵しているFLEXISPOT E8は、とにかく昇降が滑らかでスムーズ。

昇降時の稼働音もかなり静かで驚きました。以前使っていた下位モデルのEC1は、ローラーがむき出しになっていたので、昇降時の回転音が結構大きかったんですよね。

稼働音の大きいEC1のモーター


その点モーター内蔵型のE8は、時間帯問わず、また騒音が気になるシチュエーションでも全く問題なく使えるはず。

そんなE8の昇降範囲は58~123cmとかなり広範囲です。

一番低い位置
一番高い位置

関節部分はピラミッドの三層構造になっているので、限界の高さまで上げても脚がグラつくこともなく安定性は抜群。

脚の底部分には、高さを微調整できるアジャスターがついています。床の歪みなどでデスクがガタつく場合も、後から補正できるので安心。

また、操作パネルにはメモリー機能が搭載されています。お気に入りの天板位置が決まったら、左側のメモリー(M〉ボタンを押して、右側の4つのボタンに割り当てて高さを記憶させます。

一度メモリー登録したら、あとはそのボタンをワンタッチするだけで自動で昇降調整してくれるので本当に快適…!

また、E8には障害物の自動検知機能が付いているので、万が一昇降中に障害物にぶつかった際はこんな感じで自動停止してくれます。

ぶつかった場所から数センチ上がった場所でストップしてくれるのも嬉しい設計です。
障害物検知機能が付いていない下位モデルは、言わずもがなモノにぶつかろうとお構い無しにそのまま動き続けるので注意が必要ですが、この機能があることで安心感が段違いですw

FLEXISPOT E8を1ヶ月使った感想

ここからは、1ヶ月間FLEXISPOT E8で作業してみた率直な感想をまとめていきます。

小まめに立ち座りを繰り返すことで集中が持続

FLEXISPOTの電動昇降デスク歴自体は1年半くらいになりますが、改めて、立ち座りを小まめに繰り返しながら作業できるのは快適そのもの。

腰が辛くなればこんな感じですぐに立ちスタイルに切り替えられるので、長時間集中して作業に没頭できるようになりました。僕のような腰痛持ちワーカーにとってまさに救世主

体が重たい起床直後とか、睡魔との戦いになる日中も立ちスタイルで乗り切ってます。30分くらいその場立ちしてると足首が痛くなってくるので、そこから30分おきに座りと立ちを交互に繰り返すような感じですね。

ステッパーを用意すれば、体を動かしながらのデスクワークも実現。ちなみに、愛用中の↓のエクサーの油圧式のステッパーも後日別記事でレビューしようと思います。

https://twitter.com/taoblog10/status/1430730400905588742

小まめに座り・立ちを繰り返すようになってから、自然とデスクに向かえる時間が長くなり、明らかに集中時間も伸びて生産性も上がった実感があります。電動昇降デスクなしの作業環境はもう考えられない…。

座り姿勢のときも最適な姿勢を保てる

立ち姿勢はもとより、座っているときに天板の高さを微調整できるのも電動昇降デスクの素晴らしいところ。

ノートPCを使うとき、外付けのキーボードでタイピングするとき、はたまたノートに筆記するときと、一口に座ると言っても用途によって心地良い姿勢って微妙に違いますよね。

E8は、58-123cmの間で1cm刻みで天板の高さを調整できるので、用途に応じて最適な高さをつくることができます。

集中時つい長くなりがちな座り姿勢ですが、常に最適な姿勢を維持できるのは快適です。腰はもちろん、背中、肩、首と上半身全体の疲労を分散させれるので、「スタンディングデスク」と言いつつもこっちの恩恵もかなり大きい。

メモリを複数記録できるのは意外と便利

前述のとおり、FLEXISPOT E8は天板の高さを4つまでメモリ保存することができます。

ちなみに、以前使っていた下位モデルのEC1には、メモリ機能が付いていおらずその都度物理スイッチを長押しして昇降していました。

EC1のコントローラー


物理スイッチの都度調整には完全に慣れてしまっていたので特にわずらわしさは無かったのですが、一度ワンタッチ昇降を体験するとやっぱり感動しちゃいますね(笑)

ちなみに僕は、こんな感じで4つ全てのボタンに割り当ててます。

  • スタンディングの位置
  • PC使用時の座る位置
  • 筆記時の座る位置
  • 物撮り時の位置

この高さからさらに細かく調整したい場合は、左側の上下スイッチを長押しして微調整するだけ。あとはレビューブロガーという仕事柄、物撮り時の撮影台にもなるのでまさに一台三役

あと、操作パネルにあるUSB-Aポートも意外と便利なんですよね。

おまけレベルの出力かなと思ってましたが、10W弱くらいは出るのでスマホ充電とかに結構使えます。

わたや

欲をいえばEG8のようにType-Cポートもあれば尚良かった…!

⑤FLEXISPOT E8レビュー|まとめ

以上、電動式スタンディングデスク「FLEXISPOT E8 Banboo」でした。改めてレビューをまとめるとこんな感じ。

メリット
デメリット
  • ワンタッチで気軽に昇降できる
  • 電動デスク特有のゴツゴツ感がない
  • 天然竹のさわり心地が気持ち良い
  • 4つの高さを保存できる
  • 障害物に当たると自動停止
  • USB-Aポートが何気に便利
  • 総重量50kgで運搬が大変
  • 価格がE7より1万円ほど高い

電動デスクとしての機能面は言うことなしですが、個人的に天然竹の薄い天板に、スタイリッシュな楕円フレームのデザインもとても好み。

電動デスク特有のゴツゴツ感がないので、シンプルかつ高機能な電動式スタンディングデスクをお探しの方はぜひチェックしてみてください。

そして、自宅での作業時に今ひとつ集中力が上がらない人や、僕のような腰痛ワーカーさんにはぜひ昇降デスクの感動を体験して欲しい…!

今回は以上です。どうも、わたや(@taoblog10)でした。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

Tao Wataya Tao Wataya ガジェットライター

大阪在住29歳Webディレクター。テレワーク歴6年。暮らしがちょっと快適になるモノ・コト、生産性を高めるガジェットの使い方などを紹介するブログ「ロピログ」を運営してます。

Yahoo! JAPANクリエイターズプログラムにてガジェットレビュー担当中。

目次
閉じる