Anker Nano II 65Wレビュー|世界最小クラスの65W出力USB-C充電器

こんにちは、わたや(@taoblog10)です。

MacBook Pro 13・14インチをはじめ、あらゆるノートPCが急速充電できる60Wクラスの充電器

いろんなタイプの充電器がある中で、この60Wクラスの充電器が一番出番が多く、常にバッグに忍ばせています。

これまでスティック型の「Innergie C6」を常備していましたが、Ankerから出ている超コンパクトな「Anker Nano II 65W」が気になって買ってみました。

GaN + Anker独自技術により、60Wクラスの最小最軽量サイズを更新してしまったこちらの充電器。

MacBook Proの急速充電もちろん、USB PD 3.0のPPS規格に対応している点や、プラグが折りたたみ式な点も魅力です。

というわけで今回は、そんなAnker Nano II 65Wの外観やサイズ感、充電性能など詳しくレビューしていきます。

目次

Anker Nano II 65Wの特徴

Anker Nano II 65W」は、最大65W出力のUSB-Cがひとつだけ接続できる充電器です。

製品名Anker Nano II 65W
出力ポート数1(USB Type-C x 1)
最大出力65W
サイズ約44 × 42 × 36 mm
重さ約117g
カラーブラック・ホワイト
USB-C 出力5V 3A / 9V 3.0A / 15V 3.0A / 20V 3.25A(最大65W)

先日レビューした「Nano II 30W」同様、Anker充電器の定番である「Nano IIシリーズ」のひとつで、大、中、小とある中の大の位置付けにあたる65Wクラス。

発売当初はブラック一色展開でしたが、今はホワイトも選べるみたいですね。今回はブラックを使ってレビューしていきます。

では、さっそく開封して外観や付属品、充電性能などくわしくチェックしていきます!

外観とサイズ感をチェック

こちらが充電器本体。表面はマットな質感で指紋が目立ちにくくできています。

カラー記載ではブラックとなっていますが、実際はダークグレーのような色味ですね。シルバーとのツートーンでAppleデバイスともマッチしそうです。

一般的なブラックと比較

特筆すべきはサイズ。約44 × 42 × 36 mmと、ちょうどゴルフボールピンポン球くらいの超コンパクトサイズにおさまっています。

14インチMacBook Proの67W純正アダプタと比べると、そのサイズ差は一目瞭然。ほぼ3分の1サイズですね。

Mac付属充電器にはApple純正という安心感がありますが、これだけサイズ差があるとさすがに純正を持ち歩くのは考えちゃいますよね。

電源タップに挿した時の存在感もこれだけ違います↓充電中に他の機器と一切干渉しないのも安心。

ちなみに同シリーズ30Wクラスの「Nano II 30W」と比べるとこんな感じ。

重さは約117gと、同クラス最軽量のInnergie C6(84g)には及びませんが、67W純正アダプタと比べると100g近く軽いです。

そして、嬉しいプラグ折りたたみ式。小さいだけでなくプラグまで折り畳めるのでとっても扱いやすいです。

収納時も他の機器を傷つけたりしないので、何も考えずガジェットポーチに突っ込んでおけるのが楽ちん。

Anker Nano II 65Wのレビュー

Anker Nano II 65Wは、最大65W出力に対応しているので、MacBook Airはもちろん、13インチ・14インチMacBook Pro(8コアCPU)を含むほぼ全てのノートPCの急速充電が可能です。

実際に14インチMacBook Pro(8コアCPU)の充電速度をチェッカーで測定したところ、57〜59Wで安定して急速充電ができていました。

MacBookのシステム上もしっかり60Wと認識。

ケーブルは付属しないのでMacBookに付属のものを使うか、「Anker PowerLine III Flow USB-C & USB-C ケーブル」などのUSB-C to USB-Cケーブルを別途用意してください。

また、USB-C to Lightningケーブルを組み合わせることで、iPhone 13シリーズの高速充電(30分で最大50%)の推奨出力である20Wに合わせて充電してくれます。

ちなみにこのUSB-Cは”超急速充電”のPPSにも対応しています。Appleユーザーにはあまり関係のない話ですが、PPS対応のAndoroidデバイスであれば従来のPDをしのぐ超高速で充電が可能です。

USB-A側も、QC3.0(Quick Charge 3.0)に対応し、同じくQC対応のAndoroidデバイスが急速充電できます。

iPhoneを含むApple端末はPPS、QCに対応してません。

それから、筐体が小さくなればなるほど気になる充電時の発熱

触れないほどではないものの、充電中はそれなりに熱を持ちます。

もちろん安全基準をクリアしているため危険はないはずですが、使用後すぐにポーチなどにしまうのは少しためらうくらいには熱くなります。

特にMacBook Airなど最大出力で充電する際は、なるべく風通しのいいところで使うのが良さそうです。

Anker Nano II 65Wレビュー|まとめ

今回は、AnkerのUSB充電器「Nano II 65W」を使った感想・レビューでした。

MacBook Pro 13・14インチをはじめ、あらゆるノートPCが急速充電できる65Wクラスで、最小級のAnker Nano II 65W。

その上プラグ折りたたみ式で軽量なので、自宅用にはもちろん持ち運びにもピッタリ。MacBook Pro 13・14インチの代用充電器をお探しの方はぜひチェックしてみてください。

今回は以上です。どうも、わたや(@taoblog10)でした。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ガジェットをこよなく愛する奈良県在住ライター。暮らしとワークスペースの最適化をテーマに、モノ・サービスを紹介する当ブログ「LOPYLOG」を運営しています。カメラを持って建築めぐり&食べ歩きが休日の楽しみ。マイブームはデスクのアップデート。

Message

コメントする

目次
閉じる