1ポート充電器の決定版。スティック型&世界最軽量の60W充電器「Innergie C6」をレビュー!

ここ数年、各メーカーが追いつけ追い越せを繰り広げた結果どんどん小型軽量化されたUSB-C充電器ですが、また抜群に小さい60Wクラスの充電器が出てきました。

それが、Innergie(イナジー)から発売された”スティック型”のUSB-C充電器「Innergie C6」です。

14インチMacBook Pro(8コアCPU)の急速充電をカバーする60Wクラスとしては最小級のこちらの充電器。

電源タップでも場所をとらないスリム形状で、重さも同クラスでは世界最軽量。MacBook純正の充電器より圧倒的に小型軽量で、自宅用はもちろん持ち運びにもピッタリな1ポート充電器です。

というわけで今回は、そんなInnergie C6の外観やサイズ比較、充電性能などじっくりレビューしていきます。

目次

Innergie C6の特徴

Innergie C6」は、最大60W出力のUSB-Cがひとつだけ接続できる充電器。主な特徴とスペックは以下のとおりです。

製品名Innergie C6
出力ポート数1(USB Type-C x 1)
サイズ約30 × 30 × 60 mm
重さ約83g
USB-C 出力5V 3A / 9V 3.0A / 15V 3.0A / 20V 3.0A(最大60W)
最大出力60W
価格3,990円(税込)
スペック表

Innergie製品の開発元であるデルタ電子(Delta Electronics )は、設立50年以上の歴史を持つ、世界No.1電源メーカーとして電子部品などさまざまな分野で数多くの実績を積み上げています。

この充電器の最大の特徴は、USB充電器としてはあまり見かけない、スティック形状を採用している点。携帯性はもとより、使用時もコンセントで他の機器と干渉せず、とにかく取り回しに優れた充電器です。

では、さっそく開封して外観や付属品、基本性能などをチェックしていきましょう。

外観とサイズ感をチェック

こちらがInnergie C6本体。同社の充電器はいずれもホワイト一色のシンプルな外観が特徴。光沢のあるツルツルとした表面加工で上質感があります。

取り回ししやすいスティック形状が特徴的な本機ですが、サイズ自体も約30 × 30 × 60 mmと超コンパクト。

14インチMacBook Proの67W純正アダプタと比べると、そのサイズ差は一目瞭然。ほぼ3分の1サイズにおさまっています。

Mac付属充電器にはApple純正という安心感がありますが、これだけサイズ差があるとさすがに純正を持ち歩くのは考えちゃいますよね。

電源タップに挿した時の存在感もこれだけ違います↓細長形状のおかげで、使用中に他の機器と一切干渉しないのも安心。

重量はたったの84gと、同クラスの中では文句なしの世界最軽量。ちなみに↑の純正アダプタと比べても100g以上軽いです。

そして、嬉しいプラグ折りたたみ式。小さいだけでなくプラグまで折り畳めるのでとっても扱いやすい。

収納時も他の機器を傷つけたりしないので、何も考えずガジェットポーチに突っ込んでおけるのが楽ちん。

Innergie C6のレビュー

それでは、肝心の充電性能を14インチMacBook Proを使ってチェックしてみます。

14インチMacBook Proを充電

Innergie C6のUSB-Cは、最大60W出力に対応しているので、MacBook Airはもちろん、13インチ・14インチMacBook Pro(8コアCPU)を含むほぼ全てのノートPCの急速充電が可能です。

実際に14インチMacBook Pro(8コアCPU)の充電速度をチェッカーで測定したところ、だいたい58Wで急速充電ができていました。

MacBookのシステム上もしっかり60Wと認識。

ちなみに、ケーブルは付属しないのでMacBookに付属のものを使うか、「Anker PowerLine III Flow USB-C & USB-C ケーブル」などのUSB-C to USB-Cケーブルを別途用意してください。

USB-Cケーブルは別途必要

また、USB-C to Lightningケーブルを組み合わせることで、iPhone 13シリーズの高速充電(30分で最大50%)の推奨出力である20Wに合わせて充電してくれます。

超急速充電のPPSには非対応

USB-C充電器としては高出力な部類に入る本機ですが、残念ながらPPSには非対応

Appleユーザーにとってはあまり関係のない話ですが、PPS対応の充電器であれば、Galaxy などのPPS対応デバイスが従来のPDをしのぐ超高速で充電できます。

同クラスで、PPS対応のUSB-C充電器をお探しの方は、CIO G65W1Cをおすすめします。

充電時の発熱

筐体が小さくなればなるほど気になるのが発熱。
触れないほどではないものの、充電中はそれなりに熱を持ちます。

もちろん安全基準をクリアしているため危険はないはずですが、使用後すぐにポーチなどにしまうのは少しためらうくらいには熱くなります。

特にMacBook Proなど最大出力で充電する際は、なるべく風通しのいいところで使うのが良さそうです。

Innergie C6レビュー|まとめ

今回は、InnergieのUSB充電器「Innergie C6」を使った感想でした。改めてレビューをまとめるとこんな感じ。

良いところ
残念なところ
  • 14インチMacBook Proも急速充電可能
  • 取り回ししやすいスティック形状
  • 他の充電器と干渉しない
  • 同クラス世界最軽量
  • PPS規格非対応
  • ケーブルは別途必要

14インチMacBook ProふくめたノートPC、ダブレット、スマホの急速充電が可能な世界最軽量の充電器Innergie C6。他にはないスティック形状で、それだけでも本機を試す価値はあるかなと思いました。

サイズ自体も最小級で、自宅用にはもちろん持ち運びにもピッタリ。13インチ・14インチMacBookの代用充電器をお探しの方はぜひチェックしてみてください。

今回は以上です。どうも、wataya(@taoblog10)でした。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

テック好きのフリーライターです。ライフハッカー日本版、Yahoo! JAPANなどで記事を書いてます。ブログ『LOPYLOG』では、心を揺さぶられたプロダクトや愛用ガジェットを中心に、週2ペースでゆるく紹介しています。

Message

コメントする

目次