Anker Nano II 30Wレビュー|とにかく小さい!最大30W出力のUSB-C充電器

こんにちは、わたや(@taoblog10)です。

MacBook Air・スマホ・タブレットが急速充電できる30W出力のUSB-C充電器

いろんなW数の充電器がある中で、この30Wクラスの充電器が一番汎用性高く、普段からバッグに忍ばせています。

これまでカード型の「Anker PowerPort Atom III Slim」を長らく愛用してきましたが、同じくAnkerから出ている超コンパクトな「Anker Nano II 30W」が気になって買ってみました。

GaN + Ankerの独自技術で、30Wクラスの最小最軽量サイズを更新してしまったこの充電器。

MacBook AirやiPhone 13シリーズの急速充電もちろん、USB PD 3.0のPPS規格にも対応と性能も申し分ありません。

というわけで今回は、そんなAnker Nano II 30Wの外観やサイズ感、充電性能など詳しくレビューしていきます。

目次

Anker Nano II 30Wの特徴

Anker Nano II 30W」は、最大30W出力のUSB-Cがひとつだけ接続できる充電器です。

製品名Anker Nano II 30W
出力ポート数1(USB Type-C x 1)
最大出力30W
サイズ約38 × 32 × 30 mm(プラグ部をふくまない)
重さ約48g
カラーブラック・ホワイト
USB-C 出力5V 3A / 9V 3.0A / 15V 2.0A / 20V 1.5A(最大30W)

Anker充電器の定番である「Nano IIシリーズ」の中で、ワット数・サイズともに最小なのがNano II 30W。

発売当初はブラック一色展開でしたが、今はホワイトも選べるみたいですね。今回はブラックを使ってレビューしていきます。

では、さっそく開封して外観や付属品、充電性能などくわしくチェックしていきます!

外観とサイズ感をチェック

こちらが充電器本体。表面はマットな質感で指紋が目立ちにくくできています。

カラー記載はブラックとなっていますが、実際はダークグレーのような色味ですね。シルバーとのツートーンでAppleデバイスともマッチしそうです。

一般的なブラックと比較

他の充電器と比べてもとにかく小さく、約38 × 32 × 30 mmと3cm四方のサイコロサイズにおさまっています。

GaN搭載初代機の「PowerPort Atom PD 1」とくらべても一回り以上小さいサイズ感。2年間で確実に進化を遂げていますね。

同シリーズ60Wクラスの「Nano II 60W」と比べるとこんな感じ。

なんならスマホ用の20Wクラスの最小充電器「PowerPort III Nano 20W」とくらべても大差ないサイズ感におさまっています。

電源タップに挿すとあらためて小ささがわかりますね。充電中に他の機器と一切干渉しないのも安心。

重さは約48gと、純正アダプターの半分未満。Mac付属充電器にはApple純正という安心感がありますが、これだけ重量差があるとさすがに純正を持ち歩くのは考えちゃいますよね。

ただ、筐体が小さいゆえにプラグが折りたためないのは唯一残念なところ。

収納時は他の機器と干渉しないよう注意が必要ですが、本体自体コンパクトなのでポーチの小さなポケットや隙間にすっぽり入ります。この取り回しの良さがたまらないですね。

Anker Nano II 30Wのレビュー

Anker Nano II 30Wは、最大30W出力に対応しているので、MacBook Airが急速充電できます。実際に充電速度をチェッカーで測定したところ、27〜28Wで安定して急速充電ができていました。

MacBookのシステム上もしっかり30Wと認識。

ケーブルは付属しないのでMacBookに付属のものを使うか、「Anker PowerLine III Flow USB-C & USB-C ケーブル」などのUSB-C to USB-Cケーブルを別途用意してください。

また、USB-C to Lightningケーブルを組み合わせることで、iPhone 13シリーズの高速充電(30分で最大50%)の推奨出力である20Wに合わせて充電してくれます。

ちなみにこのUSB-Cは”超急速充電”のPPSにも対応しています。Appleユーザーにはあまり関係のない話ですが、PPS対応のAndoroidデバイスであれば従来のPDをしのぐ超高速で充電が可能です。

USB-A側も、QC3.0(Quick Charge 3.0)に対応し、同じくQC対応のAndoroidデバイスが急速充電できます。

iPhoneを含むApple端末はPPS、QCに対応してません。

それから、筐体が小さくなればなるほど気になる充電時の発熱

触れないほどではないものの、充電中はそれなりに熱を持ちます。

もちろん安全基準をクリアしているため危険はないはずですが、使用後すぐにポーチなどにしまうのは少しためらうくらいには熱くなります。

特にMacBook Airなど最大出力で充電する際は、なるべく風通しのいいところで使うのが良さそうです。

Anker Nano II 30Wレビュー|まとめ

今回は、AnkerのUSB充電器「Nano II 30W」を使った感想・レビューでした。

MacBook Air、ダブレット、スマホが急速充電できる30クラスで、最小級のAnker Nano II 30W。

重さも最軽量クラスで、自宅用にはもちろん持ち運びにもピッタリ。MacBook Airの代用充電器をお探しの方はぜひチェックしてみてください。

今回は以上です。どうも、わたや(@taoblog10)でした。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ガジェットをこよなく愛する奈良県在住ライター。暮らしとワークスペースの最適化をテーマに、モノ・サービスを紹介する当ブログ「LOPYLOG」を運営しています。カメラを持って建築めぐり&食べ歩きが休日の楽しみ。マイブームはデスクのアップデート。

Message

コメントする

目次
閉じる