これを待ってた!プラグ一体型モバイルバッテリーの理想形。MATECH「GanCell 10000 60W」レビュー

本ページ内には広告が含まれています。

あの神アイテムに待望の新機種がやってきました。

コンセントに挿したときは充電器、そうでないときはモバイルバッテリーとして単体でも充電できる一体型モデル。

最近はAnkerやCIOなどの同タイプ製品が増えつつありますが、モバイルバッテリー使用時にPCの充電ができる製品となるとまだまだ限られるんですよね。

わたや

なんだかんだパソコン用の充電器が別で必要に・・・。

そんな人に朗報ともいえるモデルが、この『MATECH GanCell 10000 60W』。

充電器として最大60W、モバイルバッテリーとして最大40W出力でき、コンセントに挿さない状態でもMacBook AirやiPad Proが急速充電できちゃうんです。

さらに、使いやすいUSB-C × 2ポート仕様で、本体とデバイスのパススルー充電にも対応。取り回しの面でもかなり完成度が高く、プラグ一体型の完成系といっていいんじゃないでしょうか。

というわけで、この記事では「MATECH GanCell 10000 60W」がどんな感じで使うことができるのか、使用してわかった特徴などレビューしていきたいと思います。

目次

MATECH GanCell 10000 60Wの外観と付属品

MATECH GanCell 10000 60W』は、PD対応の60W出力に加え、スマホが2回分フル充電できる10,000mAhクラスの大容量バッテリーを搭載した、2in1モバイルバッテリーです。

製品名MATECH GanCell 10000 60W
サイズ幅80.7×高さ76×奥行32.5mm
重量約 290g(充電器本体)
バッテリー容量9600mAh(4800mAh×2)
出力ポート数2(USB-C x 2)
USB-C 出力 (充電器モード)単ポート最大60W (2ポート利用時は、30W+30W)
USB-C 出力 (モバイルバッテリーモード)単ポート最大40W (2ポート利用時は、20W+20W)
メーカー保証2年(製品登録で1年延長)
その他特徴GaN窒化ガリウム採用
PD3.0、PPS、QC4、
Apple2.4A対応

内容物は、本体とUSB-C to Cケーブル、それから専用ポーチ。

ブラックとシルバーのツートンが映える本体。表面はサラサラとしたマット加工。

背面には折り畳み式プラグ。充電器として使いたいときはこのまま電源タップへ。

プラグの開閉と連動して下部のLEDが点灯するようになっています。暗いところで挿すときにありがたい仕様ですが、ライト機能のオンオフはできないみたいです。

側面には、バッテリー残量を示すインジゲーター。

サイズは約80.7 × 76 × 32.5 mmで、同タイプ最小クラス。横幅が3㎝しかないので、横並びの電源タップでも隣と干渉せず使いやすいです。

重さは約290g。それなりにズッシリくる重さではありますが、10000mAhのバッテリーを搭載している2in1モデルとしては軽量な部類ですね。

あと、個人的にこの充電器の推しポイントが、2ポートともUSB-C規格であること。

片側がUSB-Aポートのモデルが多い中、USB-Cでまとまってる本機は断然使いやすいなと感じました(最近めっきりUSB-A使わなくなった・・)。

MATECH GanCell 10000 60Wのレビュー

充電器使用時:最大60W出力に対応

MATECH GanCell 10000 60Wはコンセントに挿して充電器として使う場合、最大60Wの出力に対応。13・14インチMacBook Pro含む大抵のノートPCやタブレットが急速充電できます。

試しに14インチMacBook Pro(8コアCPU)を接続して充電速度を測ってみたところ、58W前後でしっかり急速充電できました。

約58WでMacBook Proを急速充電

MacBookのシステム上もちゃんと60Wと認識。

両ポート接続時もトータル60W(30W + 30W)で出力でき、ノートPC + タブレット(スマホ)の2台同時充電にも耐えられます。

出力的なバランスはもとより、この「2ポート使用時はどちらも固定30W」ってのがわかりやすいです。充電の度に「えっと、下は何ワットでるんだっけ?」といちいち考える必要がないですからね。

モバイルバッテリー使用時:最大40W出力に対応

特筆すべきはモバイルバッテリー使用時の出力。なんと最大40W出力が可能で、単体でMacBook AirやiPad Proもフルスピード充電できちゃいます。

モバイルバッテリー使用でも約38Wで給電

両ポート接続時もトータル40W(20W + 20W)で出力でき、スマホ2台の急速充電にも対応。モバイルバッテリー使用でこのパワフルさは心強いですね。

パススルー充電に対応

嬉しいのが「パススルー充電」にも対応しているところ。

パススルー非対応の場合、たとえば本体をコンセントに挿した状態でiPhoneを充電すると、本体側の充電が優先されてiPhoneの充電は後回しになっちゃいます。

その点、MATECH GanCell 10000 60Wならモバイルバッテリー本体充電とデバイスへの給電を同時に行えるので、持ち出し前提になるアイテムとしてかなりポイントが高いです。

”超急速充電”のPPSにも対応

MATECH GanCell 10000 60Wは、”超急速充電”の次世代規格「PPS(Programmable Power Supply)」にも対応しています。

Appleユーザーにはあまり関係のない話ですが、PPS対応の一部のAndoroidデバイス(Galaxy、Xperiaシリーズなど)が従来のPDをしのぐスピードで充電が可能です。

充電時の発熱

出力が大きくなればなるほど気になるのが、充電中の発熱。
結果はというと、やはり一般的な2in1モデル同様それなりに熱を持ちます。

もちろん安全基準をクリアしているため危険はありませんが、使用後すぐにポーチなどにしまうのはちょっとためらう程度には熱くなる感じです。

とはいえ、これはどの充電器も似たようなもの。ほかの機器に比べて特別熱くなる感じはしませんでした。強いていえば、最大出力で2台充電する際はなるべく風通しのいいところで使うのが良さそう。

充電器、モバイルバッテリー使用時ともにコイル鳴きとかはまったく気になりませんでした。耳に10cmくらい近づけてやっと微かにチチチ‥と聞こえる程度なので、枕元なんかでも問題なく使えます。

プラグ一体型モバイルバッテリーの「理想形」

今回は、MATECHから発売された2in1モバイルバッテリー『GanCell 10000 60W』を紹介しました。まとめると以下のとおりです。

ここが良い
ここが残念
  • モバイルバッテリー使用でも最大40W出力確保
  • 単ポート最大60W出力対応
  • 2ポート使用時も出力制限ナシ
  • パススルー対応
  • PPS対応
  • LED点灯のオフ機能はなし

使いやすいUSB-Cの2ポート仕様で、最大60W出力(モバイルバッテリーとしても最大40W出力)でき、かつ2ポート使用時も出力制限ナシで充電できるMATECH GanCell 10000 60W。

これ一つ持ち歩いていれば出先でPCやらタブレットの充電に困るシーンは皆無になるアイテムなので、もし気になった方はぜひチェックしてみてください。

SHARE ON

AUTHOR

1990年生まれ、大阪府出身ブロガー。ワークスペースのモノ・コト、ガジェットを使いこなすための「ヒント」を発信するブログ『LOPYLOG』運営。

Yahoo!ニュース、ライフハッカー[日本版]などでもガジェットライターとして活動してます。

目次