MATECH Sonicharge Flat 65W レビュー|フリスク形状の2ポート充電器がついに登場。

こんにちは、wataya(@taoblog10)です。

数ある小型充電器の中でも、特に持ち運びに適しているのが↓のようなカード型のうす〜い充電器。

Ankerから出てるPowerPort Atom III Slimをはじめ人気のタイプですが、意外と種類は少なく、これまでUSB-C単ポートモデルしかなかったんですよね。

そんな中、ついにMATECHから2ポートタイプの「Sonicharge Flat 65W」が発売されました。

最大65Wと高出力ながら、約1.5cmと極薄のこちらの充電器。フリスク形状待望のUSB-C + Aの2ポートタイプとなっています。

ノートPCとスマホの同時充電はもちろん、PPS対応、プラグ折りたたみ式で、2ポートならこれが決定版じゃないかと。

というわけで今回は、そんなMATECH Sonicharge Flat 65Wの外観やサイズ感、充電性能など詳しくレビューしていきます。

本記事はMATECH様より商品をご提供いただき作成しています。

目次

MATECH Sonicharge Flat 65Wの特徴

MATECH Sonicharge Flat 65W」は、最大65W出力の2ポートUSB充電器です。

製品名MATECH Sonicharge Flat 65W
出力ポート数2(USB Type-C / USB Type-A)
最大出力65W
サイズ約90 x 48 x 15.5 mm
重さ約102g
カラーブラック・ホワイト
USB-C 出力5V 3A / 9V 3A / 15V 3A / 20V 3.25A(最大65W)
USB-A 出力4.5V 5A / 5V 3A / 5V 4.5A / 9V 2A(最大18W)
2ポート同時接続45W + 18W(合計最大63W)

製品名に”Flat”とあるとおり、スリムな形状が特徴的なこちらの充電器。前述のとおり、この手のカード型で複数ポートを搭載しているモデルはこれまでなかったのですが、本機は最大65WのUSB-Cポートと、最大18WのUSB-Aポートの2ポートを搭載。

ポケットにもすっぽり入る薄型設計、折りたたみ式プラグ採用で持ち運び用としても最適な充電器となっています。

ちなみにカラバリはなくブラック単色です。では、さっそく開封して外観や付属品、充電性能などくわしくチェックしていきます!

外観とサイズ感をチェック

こちらが充電器本体。表面はマットな質感で指紋が目立ちにくくできています。

サイズは約90 x 48 x 15.5 mmと、ミンティアより一回り大きいくらいのサイズ感。

iPhone 13 Proと並べてみると、より小ささがわかります。2ポートついてこれだけ小さいのはスゴイ。

特筆すべきは厚み。わずか1.55cmと、同クラスの充電器としてはダントツの薄型形状となっています。

14インチMacBook Proの67W純正アダプタと比べると、そのサイズ差は一目瞭然ですね。

Mac付属充電器にはApple純正という安心感がありますが、これだけサイズ差があるとさすがに純正を持ち歩くのは考えちゃいますよね。

電源タップに挿した時の存在感もこれだけ違います↓飛び出しが少ない分見た目もめちゃくちゃスマート。

重さは約100gと、2ポートタイプの同クラス最軽量。ちなみに↑の純正アダプタと比べても100g以上軽いです。

そして、嬉しいプラグ折りたたみ式。筐体が極薄な上にプラグまで折り畳めるのでとっても扱いやすいです。

収納時も他の機器を傷つけたりしないので、何も考えずガジェットポーチに突っ込んでおけるのが楽ちん。

ケーブルは別売のものが多い中、60W対応のUSB-Cケーブル(2m)が予め付属します。わざわざ急速充電用のケーブルを買い足す必要がないのはありがたい。

MATECH Sonicharge Flat 65Wのレビュー

USB-C1ポートなら最大65W出力が可能

Sonicharge Flat 65WのUSB-Cは最大65W出力に対応しています。

USB-C単ポート接続なら、MacBook Airはもちろん、13インチ・14インチMacBook Pro(8コアCPU)を含むほぼ全てのノートPCの急速充電が可能です。

実際に14インチMacBook Pro(8コアCPU)の充電速度をチェッカーで測定したところ、56〜58Wで安定して急速充電ができていました。

MacBookのシステム上でもしっかり60Wと認識。

付属する60Wケーブルをそのまま使えるので、急速充電に適したケーブルをわざわざ探してくる必要がないのは良心的ですね。

超急速充電のPPSに対応

Sonicharge Flat 65WのUSB-Cは、”超急速充電”のPPSにも対応しています。Appleユーザーにはあまり関係のない話ですが、PPS対応のAndoroidデバイスであれば従来のPDをしのぐ超高速で充電が可能です。

USB-A側も、QC3.0(Quick Charge 3.0)に対応し、同じくQC対応のAndoroidデバイスが急速充電できます。

iPhoneを含むApple端末はPPS、QCに対応してません。

複数ポート使用時の充電性能

2ポート接続時は、USB-Cが最大45W、USB-Aが最大18Wに分かれます。

MacBook Proの場合、ギリギリ通常充電になってしまう程度に制限がかかりますが、MacBook + スマホ、MacBook + タブレットの同時充電にも耐え得るので汎用性は高いですね。

2ポート使用(USB-A側にiPhone 13 Pro接続)時の14インチMacBook Proの充電速度を測定したところ、約42W出力とスペックどおりの値で充電できていました。

充電時の発熱

筐体がコンパクトになればなるほど気になるのが発熱。
触れないほどではないものの、充電中はそれなりに熱を持ちます。

もちろん安全基準をクリアしているため危険はないはずですが、使用後すぐにポーチなどにしまうのはややためらうくらいには熱くなります。

2ポート両方を最大出力で使うと特に熱を持つので、なるべく風通しのいいところで使うのが良さそうです。

一方、使用中のコイル鳴きはまったく気になりませんでした。耳に10cmくらい近づけてやっと微かにチチチ‥と音が聞こえるくらいなので、枕元でも問題なく使えます。

MATECH Sonicharge Flat 65Wレビュー|まとめ

ここが良い
ここが残念
  • フリスク形状でめずらしい2ポート仕様
  • 14インチMacBook Proも急速充電可能
  • 取り回ししやすいコンパクトサイズ
  • プラグ折りたたみ式
  • 同クラス最薄・最軽量
  • 2ポート使用時のUSB-C出力制限あり

今回は、MATECHのUSB充電器「Sonicharge Flat 65W」を使った感想・レビューでした。

最大65Wと高出力で、同クラス最薄・最軽量。さらにはフリスク形状待望のUSB-C + Aの2ポートタイプと汎用性も高い一台となっています。

ノートPCとスマホの同時充電はもちろん、PPS対応、プラグ折りたたみ式で、2ポートなら現環境の決定版になる充電器だと思うので、PCの代用充電器を探している方はぜひチェックしてみてください。

今回は以上です。どうも、wataya(@taoblog10)でした。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

テック好きのフリーライターです。ライフハッカー日本版、Yahoo! JAPANなどで記事を書いてます。ブログ『LOPYLOG』では、心を揺さぶられたプロダクトや愛用ガジェットを中心に、週2ペースでゆるく紹介しています。

Message

コメントする

目次