【CIO LilNob Shareレビュー】最大65W・4ポート出力ながら超軽量コンパクトなUSB急速充電器

こんにちはtao(@taoblog10)です。

ノートPC・タブレット・スマホ・ワイヤレスイヤホンなど、多数のデジタル機器を持ち歩く上で手放せないのが、4ポートタイプの急速充電器。

ただ、4つのデバイスを同時充電できるモデルとなると、サイズ・重量もそれなりに大きく重くなってしまいます。

そこでおすすめなのが、最小最軽量でUSB-Cを3ポート、USB-Aを1ポートそなえるCIOの「LilNob Share」です。

次世代半導体「GaN」の採用で、4ポート出力ながら手のひらサイズの小型化を実現したUSB PD充電器CIO LilNob Share。

1ポート使用時は最大65W出力対応なので、13インチMacBook Proも急速充電できます。

また、USB-Cを3つ同時使用しても20Wずつ振り分けられるので、最新スマホが3台同時に急速充電可能と超万能。

というわけで今回は、そんなCIO LilNob Shareの使用感について詳しくレビューしていきたいと思います。

tao

従来モデルや類似製品ともサイズ比較!

created by Rinker
CIO

本記事はメーカー様より商品のご提供を頂き作成しています。

目次

CIO LilNob Shareの外観と同梱品

CIO LilNob Share」は、4ポートを搭載した60WクラスのUSB PD充電器です。

カラーバリエーションはホワイト・ブラックの2色。

黒地に白ロゴ一つとシンプルデザインの本体。マットな質感で指紋が目立ちにくい仕様になっています。

プラグはもちろん格納式。他の機器と干渉しないので安心して持ち歩けます。

ポートは一般的な一列配置。PD対応USB-Cを3つ(上2つは最大65W出力)と、最大30出力のUSB-Aの計4ポートを搭載しています。

最大の特徴は、驚きのコンパクト設計。4ポート出力ながら、50 x 51 x 30mmの手のひらサイズに収まっています。4ポートタイプのUSB急速充電器としては世界最小サイズ

MacBook Proの61W純正アダプタと比較すると、そのサイズ差は一目瞭然ですね。

前モデルのCIO LilNob 65W Chargerと比べても、ポートを一つ増設しているのにほとんどサイズ差はありません。

長方形だったLilNob 65W Chargerに対して、正方形のLilNob Share。奥行きがない分、コンセントに挿した際に安定するのもうれしいポイント。

形状やサイズ感は、以前レビューした2ポート出力のRAVPower RP-PC133が一番近いですね。なんなら4ポート出力のLilNob Shareの方が小さいですw

重さは実測113gと、4ポートタイプとしては文句なしで最軽量。ちなみに、MacBook Proの61W純正アダプタの約半分の重量です。

created by Rinker
CIO

最大65W出力&4台同時でも最大55Wで充電可能

CIO LilNob Shareの、使用ポートの組み合わせに対する各出力数は以下のとおりです。

USB-C単ポート接続なら最大65W出力なので、13インチMacBook Proをはじめ、USB-C対応のほぼ全てのノートPCが急速充電できます。

実際に、13インチMacBook Pro充電時のワット数(電流 x 電圧)を測定してみました。

約56Wでているので最高値に迫る数値で急速充電ができています。残量30%の状態から給電を開始し、約1時間20分で満充電できました。

USB-Cポートを2つ使用する場合それぞれ45W + 20W出力となり、ノートPC+タブレット、ノートPC+スマホなどの組み合わせで高速充電が可能です。45WでればMacBook Proの充電も問題なしですね。

USB-Cポートをすべて使用する場合は、それぞれ20Wずつに分配されます。ノートPCの急速充電こそ厳しいですが、iPhone 12 Proなどの最新のスマホが3台同時に急速充電できます。

全4ポート使用する場合は、USB-C 1と2が各20Wずつ出力され、USB-C 3とUSB-Aは合計15W出力に変換されます。

USB-C 1にiPad、USB-C 2にiPhone 12 Pro、USB-C 3にウォークマン、USB-AにKindleを接続したところ、問題なく同時充電できました。これだけコンパクトサイズで4機器の同時充電に耐えてしまうのはスゴイ…!

created by Rinker
CIO

CIO LilNob Shareレビュー:まとめ

本記事は、【CIO LilNob Shareレビュー】最大65W・4ポート出力ながら超軽量コンパクトなUSB急速充電器について書きました。最後に、メリット・デメリットをおさらいしておきます。

ここが良い
  • 4ポートタイプでは世界最小最軽量
  • 単ポート最大65W出力
  • PCとスマホ2台同時に急速充電可能
  • 最新スマホでも3台同時に急速充電可能
  • 正方形だからコンセント接続時に安定
ここが残念
  • 4台充電時はUSB-C 3とUSB-Aが合計15Wに制限

次世代半導体「GaN」の採用で、手のひらサイズの小型化を実現した4ポートタイプのUSB PD充電器CIO LilNob Share

1ポート使用時は最大65W出力に対応しているので、13インチMacBook Proも急速充電できます。

また、USB-Cを3つ同時使用しても20Wずつ振り分けられるので、スマホの3台同時充電も可能と超万能です。

tao
60WクラスUSB急速充電器のベストバイ候補!

どうも、tao(@taoblog10)でした。

created by Rinker
CIO
あわせて読みたい
【RAVPower RP-PC136レビュー】65W高出力で小型軽量な4ポートUSB PD充電器【GaN採用】
【RAVPower RP-PC136レビュー】65W高出力で小型軽量な4ポートUSB PD充電器【GaN採用】こんにちはtao(@taoblog10)です。ノートPC・タブレット・スマホ・イヤホンなど、多数のデバイスを持ち歩く上で手放せないのが、4ポートタイプの急速充電器。ただ、4つ...
あわせて読みたい
【CIO LilNob 65W Chargerレビュー】業界最小最軽量の3ポート充電器!
【CIO LilNob 65W Chargerレビュー】業界最小最軽量の3ポート充電器!どうも、常に3つ以上の電子機器を持ち歩くtao(@taoblog10)です。ノートPC、タブレット、スマホ、ワイヤレスイヤホンなど、デジタル機器を多数持ち歩く際に欠かせない...
あわせて読みたい
【Freedy 65Wマルチポートチャージャー レビュー】純正アダプタの半分サイズに3ポートつめ込んだ急速充電器
【Freedy 65Wマルチポートチャージャー レビュー】純正アダプタの半分サイズに3ポートつめ込んだ急速充電器どうも、小型充電器を10台以上所有するtao(@taoblog10)です。ノートPC、タブレット、スマホ、完全ワイヤレスイヤホンなど、デジタル機器を複数持ち歩く際に役立つのが...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

taoのアバター tao 山本竜也

ガジェットをこよなく愛する大阪在住ライター。趣味はデスクのアップデートとイヤホン収集。スポーツメディアでマーケター・ライターとして働いてます。ブログでは主にガジェットレビュー、定期的に持ち物やデスク環境をまとめてます。

目次
閉じる