【Anker Soundcore Life A2 NCレビュー】強力ANC&高音質な完全ワイヤレスイヤホン【1万円以下ベストバイ候補!】

こんにちはtao(@taoblog10)です。

完全ワイヤレスイヤホンのトレンド機能であるANC(アクティブノイズキャンセリング)と、外音取り込み機能(アンビエントモード)。

これらを備えつつ音質も良いものとなると、どうしても選択肢が2〜3万円のハイエンドモデルに絞られてしまいます。

そんな中、1万円以下でこれらすべてを叶えてしてしまったのが、Ankerの「Soundcore Life A2 NC」。

コスパに定評のあるAnkerイヤホンですが、初めてのノイズキャンセリング搭載モデル、それも定価1万円以下ということでリリース直後から人気のSoundcore Life A2 NC。

ANC、音質ともに同価格帯の最高品質で、1万円クラスでは右に出る者無しのコスパ最強イヤホンに仕上がっています。

tao

アンダー1万円のベストバイ候補!

というわけで今回は、そんなAnker Soundcore Life A2 NCの使用感・音質について詳しくレビューしていきたいと思います。

目次

Anker Soundcore Life A2 NCの外観と同梱品

Anker Soundcore Life A2 NC」は、アクティブノイズキャンセリング・外音取り込み機能搭載の完全ワイヤレスイヤホンです。

tao

完全防水(IPX5)なのでスポーツ・雨天時も安心して使えます!

イヤホン本体はツヤ消しの効いたマットな質感で、ストローク長めのカナルタイプ。

ハウジングにタッチセンサーが内蔵されており、再生、曲送り、ノイキャンのオンオフなどイヤホン本体から操作可能です。

重さは、左右合わせて13g。シリコン製のイヤーウィングが付いている分平均よりやや重め。

未使用時は、バッテリー内蔵の収納ケースにセットしておきます。マグネットの磁力は強めで、充電漏れもなく安心です。

たまご形状のケースは、イヤホン同様マット調で指紋が目立ちにくい仕様になっています。

ケースサイズは約60 x 75 x 30mmとコンパクトで、手の中にすっぽり収まります。丸い形状、マットな質感も相まって手馴染みも良いです。

イヤホン本体を含めたケースの重さは約68gと平均的な重量で、携帯性は申し分ありません。

背面のゴム蓋をめくると、充電用のUSB-Cポートが顔を出します。まだまだMicro USBのものが多い中、汎用性の高いUSB-C充電対応なのはうれしいポイント。

連続再生時間はイヤホン単体で最大7時間、ケース併用で最大35時間と、バッテリー性能もまずまず優秀。

ノイズキャンセリングON時は、イヤホン単体で最大6時間、ケース併用で最大30時間となります。

正面には、バッテリー残量を示す3段階のLEDインジケーターをそなえます。本体から電池残量を細かく確認できるのはけっこう大事なポイント。

バッテリー表示
  • ランプ3つ点灯⇒残量100%
  • ランプ2つ点滅⇒残量70〜99%
  • ランプ1つ点滅⇒残量30〜70%
  • ランプ1つ点滅⇒残量〜30%

そんなAnker Soundcore Life A2 NCのパッケージ内容は以下の6点です。

パッケージ内容
  • Soundcore Life A2 NC本体
  • バッテリーケース
  • イヤーピース5種類
  • イヤーウィング3種類
  • 充電用USB-C to Aケーブル
  • ユーザーマニュアル

イヤーピース(5サイズ)、イヤーウィング(3サイズ)はどちらもシリコン製です。ノイズキャンセリングを最大限活かすには最適なピースが必要なので、これだけ豊富に付属するのはありがたいですね。

Anker Soundcore Life A2 NCレビュー

装着感・操作性

装着性に定評のあるAnkerイヤホンですが、今作もピースまでのストロークが長い設計でフィット感は良好です。

カナルタイプ特有の圧迫感も無く、長時間でも耳の違和感や聴き疲れがなく快適に使えました。

イヤーウィングのグリップ性も良く、一度つけるとガッチリ固定されるのでズレや落下がなく安心です。

また、再生、曲送り、ノイズキャンセリングの切り替えなどの操作がイヤホン本体のタッチ操作で完結します。

タッチ操作一覧
  • 右2回タップ⇒再生/一時停止
  • 右2秒押し⇒モード切り替え(アクティブノイズキャンセリング / 外音取り込み / 通常)
  • 左2回タップ⇒曲送り(次の曲)
  • 左右どちらか2回タップ⇒受話/終話
  • 左右どちらか2秒長押し⇒着信拒否

デフォルトでは音量調整や曲戻しが割り当てられていませんが、専用アプリから追加登録できます。

Soundcore

Soundcore
開発元:Power Mobile Life LLC
無料
posted withアプリーチ

なんと、アプリ上で上記すべての操作をカスタマイズ可能。使用頻度の高い操作をダブルタップに割り当てると超便利です。

音質・ノイズキャンセリング

音質に定評のあるSoundcore Life A2 NC。過去のAnker製品はもちろん、同価格帯イヤホンの中でも解像度は頭ひとつ抜けています。

11mmの大口径ドライバーを採用しているので、全体的な音設計はドンシャリ傾向。ベースやバスドラムが底からズンズン響くような厚みのあるサウンドです。

それでいて、中高域が埋もれることなくボーカル音や息づかいもはっきり聞き取れるので、ポップス、EDM、クラシックとオールラウンドに楽しめます。

また、専用アプリからイコライザー調整することでより自分好みの音色に寄せられるます。プリセットも22種類のパターンから選べるので、再生する楽曲に応じて最適な音設計に設定できるのもポイント。

Android専用のコーデック「aptX」に非対応なのがウィークポイントですが、SBC、AACに対応しているのでiPhone再生時は高音質補正されます。

特筆すべきは、目玉機能のANC(アクティブノイズキャンセリング)。1万円クラスとは到底思えない遮音性の高さで、正直音質以上にこっちのインパクトが大きい。

AirPods ProやWF-1000XM3のようなハイエンドと比べるとさすがに劣りますが、人の話し声からや電車やバスなどのロードノイズまでしっかり遮断してくれます。1万円クラスのANCとしては文句なしで過去一の遮音性です。

また、ノイズキャンセリングモードもアプリからカスタマイズでき、「交通機関・屋内・屋外」と3つのプリセットが用意されています。

僕は常に一番強度の高い「交通機関モード」を選択していますが、「屋内モード」でも十分環境音をシャットアウトできるので自宅やカフェで作業に集中したい場合はこれでいいかもしれません。

外音取り込みモードも比較的スムーズに切り替えられます。瞬時に、かつ自然に外音を取り込めるので、イヤホンを外すことなく会話ができるレベルです!

Anker Soundcore Life A2 NCのペアリング方法

Soundcore Life A2 NCは、端末とのBluetooth接続手順がシンプルです。

STEP
ペアリングモード

ケースからイヤホン本体を取り出すと、自動的にペアリングモードに入ります。

STEP
デバイスの接続設定

続いて、端末のBluetooth設定をオンにします。「Soundcore Life A2 NC」が表示されたら選択。

STEP
ペアリング完了

ステータスが「接続済み」に変わったら、接続完了です。

tao

一度ペアリングした機器は、次回から自動接続されます!

Anker Soundcore Life A2 NCレビュー:まとめ

本記事は、【Anker Soundcore Life A2 NCレビュー】強力ANC&高音質な完全ワイヤレスイヤホン【1万円以下ベストバイ候補!】について書きました。最後に、メリット・デメリットをおさらいしておきます。

ここが良い
  • AirPods Proに迫る高品質なノイキャン
  • 低域寄りの迫力サウンド
  • 完全防水のIPX5対応
  • 最大35時間再生のロングバッテリー
ここが残念
  • apt-X非対応
  • ワイヤレス充電非対応

高品質なノイキャン・外音取り込み機能を搭載し、かつ最大35時間の連続再生、完全防水に対応しているAnker Soundcore Life A2 NC

11mm大口径ドライバーを採用の音質も、過去のAnker製品はもちろん、同価格帯の完全ワイヤレスイヤホンの中で過去一番の品質に仕上がっています。

tao
1万円以下イヤホンのベストバイ!

どうも、tao(@taoblog10)でした。

あわせて読みたい
【2021年版】コスパ最強のおすすめ完全ワイヤレスイヤホン13選【1万円以下】
【2021年版】コスパ最強のおすすめ完全ワイヤレスイヤホン13選【1万円以下】どうも、イヤホンコレクターのtao(@taoblog10)です。Bluetooth接続により左右間のケーブルを無くした「完全ワイヤレスイヤホン」は、仕事、プライベートともに欠かせ...
あわせて読みたい
2万円以内で買えるおすすめワイヤレスイヤホン11選【30台買い漁ったコレクターが厳選】
2万円以内で買えるおすすめワイヤレスイヤホン11選【30台買い漁ったコレクターが厳選】どうも、イヤホンコレクターのtao(@taoblog10)です。Bluetooth接続により左右間のケーブルを無くした「完全ワイヤレスイヤホン」は、仕事、プライベートともに欠かせ...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

taoのアバター tao 管理人

大阪在住ライター。趣味はデスクのアップデート。「ほんの少しQOLと生産性が上がるガジェット」を紹介しています。「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のクリエイターとしても活動。

目次
閉じる