【HHKB Professional HYBRID Type-Sレビュー】3万5千円の高級キーボードは打鍵感・静音性ともに最高だった。

どうも、tao(@taoblog10)です。

PC周辺機器において、最も作業の効率を左右するといっても過言ではないキーボード。

Appleヘビーユーザーの僕は、これまで頑なにMagic Keyboardを使い続けてきました。

ですが、自宅でPCと向き合う時間が増えたこともあり、ハイエンドキーボードの使用が気になっていた今日この頃。

そこで今回、高級キーボードの王道とも言えるPFUの「HHKB Professional HYBRID Type-S」を購入しました。

定価約3万5千円とキーボードとしては目を疑うような高値ではありますが、仕事道具として使わない日は無いだろうということで奮発。

結論から言うと、タイピング時の静音性、打鍵感の良さに感動しています。

これまで長らく使ってきたMagic Keyboardに不満はなかったのですが、HHKBに乗り換えてから執筆作業が段違いに捗るようになりました。

tao

やみつきになるスコスコ感

というわけで今回は、そんなHHKB Professional HYBRID Type-Sの使用感、機能について詳しくレビューしていきたいと思います!

目次

HHKB Professional HYBRID Type-Sの概要と外観

HHKB Professional HYBRID Type-S」は、PFU社が手掛けるワイヤレスキーボードです。

カラーは白と墨の2色で、僕は今回墨の日本語配列(JIS)を購入しました。

HHKBの特徴はなんと言ってもこの無駄のないデザイン。日本語配列モデルも、かな入力用の刻印がなく、刻印自体も黒文字で統一されています。

左上にはHHKB Professional HYBRIDのロゴマーク。

背面にはUSB Type-C ポートをそなえます。汎用性の高いUSB-C対応なのは嬉しいポイントです。

底面に単3電池2本をセットして使用します。
「いまどき内蔵バッテリーじゃなくて乾電池駆動?」と思うところですが、劣化の早いバッテリー内蔵ではなく敢えて持ちの良い乾電池式を採用しているとのこと。

底面には細かい角度調整ができるチルト切り替えを備えています。

ただ、もともとキー配置に十分な傾斜があるので、チルトなしでも快適にタイピングできています。

同じく背面に、駆動方式を変更するためのDIPスイッチを備えています。これらを切り替えることでMac・WindowsそれぞれのOSに適した設定に変更可能です。

DIPスイッチ

各スイッチ項目

tao

Macユーザーの僕は1番をオンにしています。

そんなHHKB Professional HYBRID Type-Sですが、実は本体サイズは非常にコンパクトでA4サイズの半分の大きさに収まっています。

小ぶりでお馴染みのAnkerのウルトラスリムキーボードや、Magic Keyboardと比較すると本体面積はほぼ同じ。

デスクの上に置いても場所を取らず見栄えもスマートです。

本体重量も電池込みで600g切っており、ペットボトル一本分程度。バッグに忍ばせて気軽に外に持ち出すことができます。

付属品は、キーボード本体・単3電池2本・ユーザーマニュアルの3点とシンプル。ケーブル類は付属しません。

HHKB Professional HYBRID Type-Sを使った感想

やみつきになる打鍵感

HHKB Professional HYBRID Type-Sを使用してまず感動したのが打鍵感

キータッチ、ストロークの深さが心地よく、「スコスコ」と耳触りの良い打鍵音もやみつきになります。

キーストロークの浅いMagic Keyboardに比べるとかなりストロークが深いHHKB。実際に触れるまでは手に馴染むか結構不安でしたが、数時間で慣れてしまいました。

押下圧も45gと軽すぎず程よく、劇的にタイプミスが減りブラインドタッチも快適になりました。静電容量無接点方式も相まって指に負担がかからないので、長時間タイピングする際は手放せません。

[memo title=”静電容量無接点方式”]高い耐久性と心地良いキータッチが特徴のキースイッチ。スイッチの荷重が軽く、タイピング時の静音性にも優れています。

打鍵音に関しては、音が大きい方が好みという方もいると思いますが、静音性が高いに越したことがない派の僕はこのスコスコ音がたまらなく気に入っています(笑)

4台までBluetooth接続・切り替え可能

もう一つHHKB Professional HYBRID Type-Sの大きな特徴として、なんとBluetoothデバイスを4台登録することができます。

登録済みのデバイスはいつでも切り替えできるので、外ではノートPCやタブレットと接続し、家ではデスクトップPCで使用するといったユーザーには最高の機能となっています。

Windowsは専用アプリでキー配列カスタマイズ可能

また、Windows OS専用の機能ではありますが、キー配列をソフトウェア上で変更できる専用アプリにも対応しています。

設定はHHKB本体に保存されるので、他のデバイスでも同じキーマップで使用できる点も便利です。

僕自身はMacユーザーなので残念ながらこの機能は使用できませんが、Windowsユーザーであれば自分の作業用途に適した完全オリジナルのキーボードが作れちゃいます。

HHKB HYBRIDシリーズ比較・スペック早見表

HHKB Professional HYBRID Type-S HHKB Professional HYBRID HHKB Professional Classic
イメージ
カラー


キー配列 日本語配列(かな無刻印)
英語配列
無刻印(英語配列)
日本語配列(かな無刻印)
英語配列
無刻印(英語配列)
英語配列
無刻印(英語配列)
接続方式 Bluetooth
USB(Type-C)
Bluetooth
USB(Type-C)
USB(Type-C)
機能 高速タイピング性
静粛性
キーマップ変更機能
傾き調整機能
キーマップ変更機能
傾き調整機能
傾き調整機能
定価 32,000円(税別) 27,500円(税別) 23,000円(税別)

HHKB Professional HYBRID Type-Sのペアリング手順

HHKB Professional HYBRID Type-Sのペアリング手順はとてもシンプルです。

STEP

電源をONにする

背面右側にある電源ボタンを長押します。

STEP

ペアリングモード

「Fnキー」と「Q」を同時押しすると、LEDランプが青色に点滅します。

STEP

デバイス登録

1〜4の数字にデバイスを割り振れるので、「登録したい数字キー」、「Fnキー」、「Ctrlキー」を3つ同時押しします。するとLEDの点滅が早くなり、デバイスがキーボードを認識します。

STEP

Bluetooth接続

「設定」→「Bluetooth」と進み、デバイス欄に「HHKB HYBRID」と表示された「接続」をクリック。

STEP

接続完了

HHKBキーボードで、表示された数字、Enterキーを押して再度「接続」をクリックすると、接続が完了します。

HHKB Professional HYBRID Type-Sレビュー:まとめ

HHKB Professional HYBRID Type-S

本記事は、【HHKB HYBRID Type-Sレビュー】3万5千円の超高級キーボードは噂どおり神だった。【極上の打鍵感】について書きました。

ハイエンドキーボードの王道とも言える「HHKB Professional HYBRID Type-S」。定価約3万5千円とかなりお高いですが、高級キーボードにはそれなりの理由があるなと感じました。

正直、もっと早く導入しておけばよかったなと後悔するぐらい段違いに打鍵感が良かったですね。10年使えば年間3500円、1日にすると約10円になるわけなので、長く使っていきたいなと思います。

今回は以上です!どうも、tao(@taoblog10)でした。

あわせて読みたい
【Logicool MX Master3レビュー】至高のフィット感と多機能で作業が捗るハイエンドマウス!
【Logicool MX Master3レビュー】至高のフィット感と多機能で作業が捗るハイエンドマウス!どうも、テレワーカーのtao(@taoblog10)です。日々のPC作業に欠かせないマウスですが、これまでは数千円程度のコスパの良い製品を好んで使っていました。ですが、PCと...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

taoのアバター tao 管理人

大阪在住ライター。趣味はデスクのアップデート。「ほんの少しQOLと生産性が上がるガジェット」を紹介しています。「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のクリエイターとしても活動。

目次
閉じる