ファッション

【マンティス26徹底レビュー】2年間ノマドワークで使用した感想

どうも、アークテリクス大好きのヤマモトタツヤ(taoblog10)です。

アークテリクスリュックといえば「アロー22」が有名ですが、より大容量で値段も1万円以上安価なマンティス26

機能面もアローに負けず劣らずで、デザインもシンプルなため、タウンユースとして選ばれる方が急増しています。

ヤマモトタツヤ
ヤマモトタツヤ
僕自身、マンティス26を2年間愛用中!

今回は、そんなアークテリクスのMantis26(マンティス26)を徹底レビューしていきます。

マンティス26を徹底レビュー!2年使用した感想

「機能性、耐久性、疲れにくさ」全てで高水準

バックパック選びの三大条件「機能面、疲れにくさ、耐久性」の全てにおいて高水準なマンティス26。

サイドポケットを含めて6つのポケットがあり、26ℓと大容量で使いやすさ抜群です。また、865gと軽量なので長時間背負っていても疲れにくいのが特徴。

2年間メインのバックパックとして使用しましたが、今のところ目立った劣化や破損も一切ありません。デザインもシンプルで無駄がなく、飽きがこない点でも長く使い続けられます。

お値段が約18,000円と決して安価ではありませんが、アークテリクスの定番リュックでお馴染みのアローに比べると1万円ほど安く、容量も4ℓ分大きいので個人的には「マンティス26一択かな」という印象です。

 

マンティス26の収納力

そんなマンティス26には、全部で4種類、6つのポケットがあります。

  1. メインポケット×1
  2. 上部ポケット×1
  3. サイドポケット×2
  4. メッシュポケット×2

①メインポケット

マンティス26のメインポケットは、ファスナーが大きく開くのが特徴。

底面に近い部分までファスナーを下げることができるので、荷物を出し入れしやすく、大きなものを取り出す際もスムーズです。

26ℓと大容量なので、A4サイズのクリアファイルを入れても十分横幅に余裕があります。

またマンティス26には、メインポケットの背面にノートパソコンを収納できるインナーポケットがあります。

ヤマモトタツヤ
ヤマモトタツヤ
MacBook Air13インチがスッポリ!

↓のように背面に保護プレートが入っており、パソコンを裸の状態で入れられる仕様となっています。「これもインナーポケットかな?」と思い開けてみると、黒いプレートが出てきてびっくり!

ちなみに、このインナーポケットにはMacBook15インチサイズまで入ります。13インチであれば、↓のようにPCケースに入れた状態でも収まりました。

そして、愛用者でも知らない方が多いのですが、メインポケットの中から充電ケーブルをニョキっと出せる仕様になっています。

背面上部にはキーフックも…!

ヤマモトタツヤ
ヤマモトタツヤ
細部まで工夫がほどこされているマンティス26。さすがアウトドアブランドのバックパックというだけあり機能性抜群です。

②上部ポケット

マンティス26には、メインポケットとは別に上部に浅型のサブポケットが付いています。

この上部ポケットが超絶便利でして、この部分には財布、モバイルバッテリー、イヤフォンなど取り出す頻度の高い小物類を収納しています。B5サイズの単行本がスッポリ入る大きさです。

背面には、さらに小さいポケットがあり、小ポケットにはペンやリップクリーム、大ポケットにはモバイルバッテリーなどの小物を収納することができます。

サイドポケット

マンティス26は、左右にサイドポケットがついています。

このサイドポケット、実は左右で繋がっておらず、それぞれに収納することができます。また、どちらも奥行きがあってけっこう入る!

縦幅は、ちょうどB5サイズのノートが入る大きさです。

iPadでも試してみたところ、こちらはギリギリ入りませんでした(>_<)ちなみにiPad miniはこのサイドポケットに入るようです。

④メッシュポケット

アークテリクスでは珍しく、左右にメッシュポケットがついています。これが決め手でマンティスを選ばれた方も多いのではないでしょうか。

片方には500㎖のペットボトルを…

もう片方には、常に折り畳み傘を入れています。

入り口は収縮性の高いゴムになっているので、安定感もバッチリです。冬は手袋を入れるのにも便利ですね。

「一泊旅行」のバックとしても重宝

収納力があるので、男性の一泊旅行程度の荷物なら余裕で収納できちゃいます。冬場など荷物の増える時期は厳しいかもしれませんが、それ以外の季節なら1、2泊の旅行バックとしても重宝しますね。

長時間背負っていても疲れない理由

ポケットが多く機能性抜群のマンティス26。

もう一つの魅力が、「長時間背負って歩いても疲れにくい」点です。アークテリクスは、マンティスにあらゆる工夫を凝らしています。

背面プレートが芯になっている

先ほども紹介しましたが、マンティス26は背面にプレートが組み込まれています。

このプレートのおかげで、背負っている際も形が崩れにくく、腰にかかる負担が最小限ですみます。

プレートが芯の役割となっているので、常にピシ!っと真っ直ぐです。劣化に強い理由もこのプレートにあると思います。

厚くて広いショルダーストラップ

マンティス26のショルダーストラップは、広くて厚みがあります。ショルダーストラップが細くて薄い場合、肩に負担がかかり長時間背負うのが苦痛になりますが、マンティス26はそんな心配も無用です。

ちなみに、内側はメッシュ素材となっているので夏場に蒸れにくい点も◎

ウエストベルト

タウンユースで使う場合は不要ですが、たくさん荷物を詰め込んで長時間背負う場合や、アウトドアの際は、ウエストベルトが活躍します。

このウエストベルトも腰痛、肩こり対策に有効でして、長さを調節することも可能です。

ヤマモトタツヤ
ヤマモトタツヤ
不要な場合は↓のように取り外すこともできますよ。

背面はクッション性抜群のメッシュ素材

マンティス26は、とにかくクッション性に優れており背負い心地が抜群です。また、メッシュ素材で通気性が良いので、夏場も蒸れずに快適に使用することができました。個人的には、ショルダーストラップもメッシュなのが有り難かったです。

 

マンティス26は防水性もバッチリ

マンティス26は、ナイロン生地の上にポリウレタン100%コーティングされているので、防水性にも優れています。雨天の日でもしっかり水を弾きます。

とはいえ、当たり前ですがファスナーが完全に閉まっていない状態の場合は中に雨が入ります。それが不安な場合は、パソコンや電子機器などは常にカバーにいれておくことをおすすめします!

マンティス26のデメリット

そんなマンティス26ですが、たった一つだけ欠点があります。

それは、単体で自立しないことです。

おそらく背面のプレートが原因だと思いますが、構造上自立させることができません。なので、立たせる場合は↓のように壁にもたれかける必要があります。

とはいえプレートのメリットを考えると、これぐらいは許容範囲ですね!

ヤマモトタツヤ
ヤマモトタツヤ
外出時は、↓のようなクリッパを常備しておくと便利です!

 

マンティス26のスペックまとめ

というわけで、以上アークテリクス「マンティス26」のレビューでした!

最後に、マンティス26のスペックをおさらいしておきます。

素材 ナイロン100%(表面側)、ポリウレタン100%(コーディング)
容量 約26L
重量 約865g
サイズ 45.5cm(縦)× 26cm(横)×14cm(奥行)
ポケット サイドポケット×4、上部ポケット×1、メインポケット×1、インナーポケット×1=合計7つ
価格 18,360 円(税込)

アロー22(29,700 円)に比べて1万円以上安価でこのスペックということを考えると、かなりコスパの良いバックバックですし、僕自身この先もよほどの破損がない限りマンティス26を愛用していきます。

ちなみに、僕が購入した2年前はカラーバリエーションがブラックのみでしたが、現在はグレーやミリタリーなど何色か展開されているようです。

Amazonなら、公式サイトや店舗よりもお得に購入することができるので気になる方はぜひチェックしてみてください。