クラウドソーシング

【最新版】在宅ライターにおすすめのクラウドソーシングサイト5選

 

こんにちは!
Webライターヤマモトタツヤ(taoblog10)です。

「在宅ライターに興味があるけど、どのクラウドソーシングサイトを使えばいいかな?」

「在宅ライターにおすすめのサイトをいくつか知りたいな」

と考えている方へ。

 

今回は、在宅ライターにおすすめのクラウドソーシングサイトを5つ厳選して紹介します。

これからクラウドソーシングサイトを活用して在宅ライターデビューされる方は是非参考にしてください。

 

これら5つのサイトを押さえておけば間違いなしです。それでは登録優先順に紹介していきます。

在宅ライターおすすめクラウドソーシングサイト5選

クラウドワークス

 

会員登録数160万人越えの最大手クラウドソーシングサイトです。

 

初心者から、プロライターと言われるベテランまで幅広いライターが活用しています。

 

ホームページ作成、アプリ開発、デザイン、テープ起こし等あらゆる仕事が募集されている中、とくにライティング案件が多いのが特徴。

 

また、クライアントとのやり取り不要で1記事単位で納品できる「タスク案件」や、

1テーマでまとめて受注できる「プロジェクト案件」等、自分のレベル、スタイルに合わせた仕事を見つけることができます。

 

案件数が圧倒的に多く、機能面も使いやすいので、メインサイトとして活用するなら断然クラウドワークスがおすすめです。

 

僕自身、クラウドワークスをメインで使用しつつ、他のサイトでちょこちょこ気になる案件を受注する、といった使い分けをしています。

クラウドワークスの募集案件をチェック

 

ランサーズ

 

業界最古参のクラウドソーシングサイトです。

クラウドワークス同様に、ライティング案件が豊富で、ブログ記事から本格的な記事まであらゆる案件がそろってます。

 

クラウドワークスとランサーズ、どちらか片方に絞って実績を積むという選択もありますが、個人的にはこの大手2サイトは併用するべきだと思っています。

 

それぞれ募集されている案件内容は異なりますし、どちらかのサイトが何らかの理由で使用できなくなった際のリスクヘッジという意味合いでもサイトを分散させておくと安心です。

 

とくに、特定のジャンルに絞って執筆したいというライターさんはクラウドワークス、ランサーズの二刀流をおすすめします。

ランサーズの募集案件をチェック

 

Shinobiライティング

 

数少ない、Webライティングに特化したクラウドソーシングサイトです。

 

クラウドワークスとランサーズで募集されている案件は類似する傾向にありますが、Shinobiライティングにはまた違った層のクライアントがいます。

 

ライティング案件を徹底的にリサーチをしたいという人はこちらも要チェックです。

 

スマートフォンやタブレットから手軽に納品ができるような案件も多いので、スマホを使って隙間時間でお小遣い稼ぎしたいというニーズにも適しています。

Shinobiライティングの募集案件をチェック

 

クラウドテック

 

クラウドワークスが運営しているサービスですが、どちらかというとエンジニア向けのクラウドソーシングサイトとなります。

 

ただ、クラウドワークスで募集されているライティング案件に比べて単価が高いことと、まだライターとして登録している人が少ないというメリットがあります。

 

現時点でライター案件数は少ないですが、今後クラウドワークスのように拡張される見込みがあるので、今の内に登録をして案件をチェックしておくことをおすすめします。

クラウドテックの募集案件をチェック

 

サグーワークス

 

Shinobiライティング同様ライティングに特化したサービスですが、既にライティング経験がある人におすすめです。

 

サグーワークスの独自制度「プラチナライターテスト」に合格すると、高単価案件を優先的に受注できます。

 

ライティングに自信があるという方は、ぜひサグーワークスのプラチナライターテストに挑戦してみてください。

 

ライティング未経験の場合は、上記4つのサイトから仕事を受注しつつ、ある程度実績がついてきたらテストに挑戦してみてください。

テストは何度でも繰り返し受けることができます。

プラチナライターテストを受けてみる 

 

基本はクラウドワークスとランサーズの併用でOKです

在宅ライターにおすすめのクラウドソーシングサイトを5つ紹介しましたが、まずはそれぞれのサイトに無料登録を済ませて募集案件をチェックしてみてください。

 

基本的にはクラウドワークスとランサーズの大手二社の併用で問題ありません。

 

ただ、特定のジャンルを極めて特化ライターを目指すのであれば、他のサイトでも毎日新着案件をチェックすることをおすすめします。

 

僕自身、ジャンルを絞って特化ライターとして活動していますが、それぞれのサイトの検索窓にキーワードを打ち込んだページをお気に入り登録し、毎日新着案件をチェックしています。

 

ジャンルを絞るメリットについてはこちらの【Webライター】特定のジャンルを極めて収益を最大化させようの記事にて詳しく解説してるので是非参考にしてください。

 

ではでは!

Webライター歴3年がおすすめ本厳選!【大事なのはこの4冊だけ】 こんにちは! Webライターのヤマモトタツヤ(taoblog10)です。 と考えている方へ。 今回は、...