WEBライター

在宅ライターの仕事内容を解説【完全未経験でも稼ぐことは可能?】

こんにちは、Webライターのヤマモトタツヤ(taoblog10)です。

「在宅ライターという働き方に興味があるけど、具体的な仕事内容が知りたい」

「未経験からでも稼げるのかな?」

当記事では、そんな疑問にお答えしていきます。

僕自身、未経験から在宅ライティングを始めて以来、4年間専業ライターとして生計を立てています。

今回は、そんな経験談を踏まえて在宅ライターの仕事内容について解説します。

「在宅ワークに興味がある」「個人で稼ぐ力を身に付けたい!」といった方は是非参考にしてください。

在宅ライターの仕事内容

Webで記事を書くお仕事です

別名「Webライター」とも呼ばれますが、読んで字のごとく「ネット上で記事を書くお仕事」です。

そんな在宅ライターの1記事あたりの報酬額は、基本的に「文字単価」で決まります。

例えば、「1.000文字、文字単価1円」といった案件の場合、1記事あたり1.000円の報酬が得られるということですね。

ライターとしての実績が積み上がると同時に、受けられる仕事の文字単価が上がっていくといった仕組みです。

具体的にどんな記事を書くの?

一口に在宅ライターといっても、コラム、エッセイ、ニュース記事、取材記事、広告記事、企業サイトの記事、個人ブログの記事とジャンルは多岐にわたります。

未経験から在宅ライターを始める場合、比較的初心者でも受けやすい以下2つの媒体で執筆することになります。

・個人ブログ

・企業サイト

これらの記事は、GoogleやYahoo!といった検索エンジンで上位表示を目指すことが目的なので、

文章の面白さよりも「わかりやすさ」「情報の専門性」が求められます。

このあたりは、「Webライターに高度な文章力は不要?【わかりやすさと正確性が命】」でも解説しているので参考にしてください。

いわゆる「アフィリエイト記事」というものですね。
初心者さんは、まずここから文章を生産することに慣れていきましょう。

どうやって仕事を受注するの?

「記事を書いた経験のない初心者が、どうやって仕事を受注するの?」という話ですが…

クラウドソーシングサイトを活用することで、実績0からでも簡単にライティング案件を受注することができます。

クラウドソーシングサイトとは?
ネット上で仕事を発注、受注できるサイトです。発注者と受注者を結びつけてくれるマッチングサイトですね。登録は無料です。

中でも在宅ライターにおすすめのクラウドソーシングサイトが以下2つです。

大手クラウドソーシングサイト

数多くあるクラウドソーシングサイトですが、現時点でこの2サイトがライター案件数トップを誇っています。

この2サイトを押さえておけば、案件に困ることはまずありません。

サイト登録、案件受注までの手順については「Webライターのなり方解説【未経験から仕事を継続受注する手順】」で解説しているので参考にしてください。

未経験でも在宅ライターとして稼げる?

長期スパンで継続できれば月10万円も可能

結論から言うと、未経験の方でも在宅ライターとして稼ぐことは可能です。

今Webライターとして成功されている方も、スタート時は皆未経験者です。
継続次第でしっかり成果は伸びます。

大半の人は最初の1,2ヶ月、あるいは数件こなした後に「これは稼げないな」と見切りをつけて辞めてしまいます。

ただ、半年後、一年後の結果を見据えてじっくり取り組むことができる場合は、月10万円も達成可能な範囲となります。

文章力や記事の構成力、物理的なタイピング速度等は実践でのみ培われるので、ぜひスキル習得もかねて長期的に取り組んでみてください。

参考記事:Webライターになるために勉強は必要?【答え→即実践でOKです】

「コツコツタイプ」の人は無双できます

在宅ライターは、場所、時間に囚われず自分のペースで仕事ができるといったメリットがある反面、一人で集中力を持続させなければいけない難しさがあります。

自分のさじ加減でいくらでも怠けることができますし、叱咤してくれる人もいません。

つまるところ、在宅ライターは「個人で業務に没頭できる人が圧倒的に結果を出せるモデル」なんですよね。

僕自身、クラウドソーシングサイト上で実績を積み上げていくのをゲーム感覚で楽しんでいましたし、スキルが数値化される仕組みに面白みを見出して取組んでいました。

このように、自ら「やりがい」を見出して業務に邁進できるコツコツタイプの人は、無条件で稼げると言って差し支えないでしょう。

また、結果が出始めると執筆作業自体も楽しくなります。こうなれば、あとは継続次第で青天井に収益が伸びます。

副業→専業が王道

そんな在宅ライターですが、いきなり専業からスタートすることはおすすめしません。

専業ライターを目指す場合、以下のルートが最も手堅いです。

副業で月7~8万円稼ぐ

固定費を月7~8万円にする

専業になって全リソース投下

月収20万円

僕自身この手順で専業ライターになり、2年後には月収30万円を稼ぐまでになりました。
専門ジャンルの案件が繁忙期になった際は、最高70万円まで稼ぐことができました。

専業になれば、言わずもがな1日中ライター業務に打ち込めるわけなので、収入が2倍、3倍と膨らむのも自然なことです。

こんな具合に、「月数万円程度稼げた時点で、一気に固定費を下げて専業ライターへシフトする」という選択肢もあります。

参考記事:初心者Webライターが時給5,000円達成までにやったことまとめ

まとめ:3ヶ月継続すると技術面、メンタル面で変化が起きます

最後にポイントをおさらいしておきます。

・個人ブログや企業サイトでの執筆で実績を積もう

・コツコツタイプの人は無双できます

・月数万円稼げたら専業へのシフトも視野に

文章力に自信が無くて始めるのを躊躇っている人、また、文章力の無さに落胆しながら即挫折してしまう人は多いと思います。

ただ、見切りをつけるのは少し早いです。

最低3ヶ月、個人ブログや企業サイトの記事執筆を頑張ってみてください。

3ヶ月間毎日記事を書き続ければ、技術面、メンタル面に何かしら変化が起きます。
そして、継続する負荷がどんどん緩和されます。

他のネットビジネスに比べて圧倒的に敷居が低く、取り組んだ分の見返りが確実に得られる在宅ライター。

副業からでも堅実にスキルアップが目指せる希少な働き方だと思います。

【Webライターの始め方マニュアル】未経験→月5万円稼ぐまでの手順解説こんにちは、Webライターのヤマモトタツヤ(taoblog10)です。 ...