WEBライター

在宅ライター未経験から月3万円稼ぐ手順【ライター歴3年が解説】

 

こんにちは!
Webライターのヤマモトタツヤ(taoblog10)です。

在宅ライター未経験だけど、Webライターとして稼ぐことはできるのかな…?

まずは副業から堅実に月3万円くらい稼げたらいいなあ。

と考えている方へ。

 

今回は、専業Webライター歴3年の僕が、ライティング未経験の状態から、堅実に月3万円稼ぐまでの手順を解説します。

 

本記事の内容

・在宅ライター未経験でも稼げます

・まず月3万円の実績を作ろう

・案件選びのポイント【具体例】

 

この記事を書いている僕は、3年間専業ライターとして1日2時間の作業で月20万円稼いでいます。

 

未経験からスタートした僕自身の体験談を交えながら、Webライターとして手堅く副収入を確保する手順を解説していきます。

在宅ライターは未経験でも稼げる?

0→1にすることが超絶簡単です

先日こういったツイートをしましたが、Webライターというお仕事は最初の実績を作ることがとにかく簡単です。

数多くあるネットビジネスの中でも、限りなく敷居の低いジャンルであることは間違いありません。

 

正しい日本語が使えて、かつクライアントが要求する意図を汲み取ることができれば、すぐに結果を出すことができます。

 

加えて即金性が高く、「ライティング経験無し、ネット関連に疎い」という人でも、初月からいきなり稼ぎ始めることができる希少なお仕事です。

 

家事、子育ての空き時間で副収入を得たい主婦さん、本業に+5万円の余裕が欲しいサラリーマン、といったニーズに最適な副業モデルだと思います。

誰しも初めは未経験者

そもそも、始める際は誰しもが未経験者です。

僕自身、まったくの未経験からスタートし、コツコツ2年継続した結果時給5.000円で執筆のお仕事ができるようになりました。

 

たしかに、「ライター」と聞いただけで難易度高そうに感じますよね。。
「記事を書いてお金を得るなんて、文才の無い自分には到底無理そう…」←こう感じるのも無理ありません。

 

ただ、好きな場所、好きな時間、好きな分野、自分のペースで仕事ができるメリットを考慮すれば、本気で喰らいついてみる価値は十分あると感じます。

クラウドソーシングサイトを徹底的に活用

では、どうやって在宅で仕事を受注するの?って話ですが…。

 

もちろん在宅なんで、仕事の受注はネットからです。

ズバリ、「クラウドソーシングサイト」を活用します。初心者さん、ベテランさん関わらず皆利用しています。

クラウドソーシングサイトとは…?

ネット上で仕事を発注したり受注したりできるサイトです。発注者と受注者を結びつけてくれるマッチングサイトですね。登録は無料です。

 

登録は無料なので、まずはこれら大手クラウドソーシングサイトの登録を済ませておきましょう。

 

おすすめのクラウドソーシングサイト3選

クラウドワークス:ライティング案件が豊富な最大手サイト

ランサーズ:↑と同様最大手サイト

クラウドテック:上記2つに続いておススメ

登録したら、実際にどんなライティング案件があるのかさくっとチェックしてみてください。

在宅ライター未経験から月3万円稼ぐ手順

女性ノマド

まずは専門書籍を1冊熟読してください

専門知識は書籍から一通り学べるので、まずは一冊専門書を手に取ってください。

月額制のオンラインサロンや、高額な情報商材など有料コンテンツはいろいろありますが、ぶっちゃけ必要なことは書籍1冊で十分学べます。

 

ライティング初心者さんにとくにおすすめなのは、なつみとさん著の「頑張ってるのに稼げない現役Webライターが毎月20万円以上稼げるようになるための強化書」という書籍です。

本書にWebライターのすべてが詰まってます。

僕自身、今のところこの書籍で解決できなかった問題は無いです。

 

1.000円ちょっとで副業の専門知識が身に付くと考えるとコスパ最高です。

手始めにタスク案件を「5件」こなす

さて、上記クラウドソーシングサイトに登録して、書籍に一通り目を通したら、早速1記事単位から簡単に受けられるタスク案件をこなしてみましょう。

 

手順は以下の通りです(クラウドワークスを使用)。

 

「仕事を探す」→「必要なスキルから探す」→「コンテンツ・ライティング」

 

ライティング

 

求人画面が出たら、左サイドバー内の「別の条件から探す」から「タスク」を選択して絞り込みます。

 

 

すると、このようにタスク案件の募集がずらりと表示されるので、この中から気になった案件を4~5件こなしてみてください。

 

あとは文字単価だけ気を付けて受注を繰り返す

タスク案件で4~5記事執筆をして、執筆→納品→検品→支払いの流れを掴んだら、素早く単価の高いプロジェクト案件に移行しましょう。

 

プロジェクト案件は、先ほどこなしたタスク案件を10記事、20記事とまとめて受注することができます。

1記事あたりの単価も格段に高くなります。

 

引き続き、気になるジャンルの案件を手あたり次第受注していくのでが、ひとつ注意点があります。

 

それは、文字単価の確認です。文字単価は、0.5円を下回らないようにしましょう。理想は0.8円以上です。

 

その上で、自分が少しでも関心のある分野、または体験談が書けるような分野の案件に絞って応募していきましょう。

補足:案件選定の例はこんな感じです

  • 美容好き→コスメ、ダイエット、脱毛…
  • ファッション好き→ファッション関連
  • 育児中→子育てネタ
  • ゲーム好き→アプリゲーム、PS4、任天堂…
  • スポーツ好き→サッカー、テニス、野球、ゴルフ…
  • 旅行好き→旅ネタ、地域ネタ
  • ドラマ好き→ドラマの感想、考察、エンタメ系
  • 音楽好き→アーティストネタ
  • 一人暮らし中→一人暮らしネタ
  • ガジェット好き→スマホ、パソコン、電子機器…
  • アニメ好き→アニメの感想、紹介
  • 映画好き→映画の感想、紹介
  • 読書好き→漫画、小説、ビジネス書の書評、紹介

継続すれば文字単価は上がります

はじめの内は1円未満の案件で10件ほど実績を積むことが望ましいです。

 

それ以降は、積極的に1円前後の案件に応募していきましょう。受注件数、実績に伴って、少しずつ高単価の案件を受注しやすくなっていきます。

 

文字単価の目安はざっくりこんな感じです。

  • 文字単価目安
ライター歴 文字単価目安
~3ヶ月 0.5~0.8円
3ヶ月~半年 0.8円~1円
半年~1年 1円~1.5円
1年以上 1円以上

 

これもあくまで目安ですが、文字単価1円で、1日の作業時間を2~3時間と仮定した場合、おおよその月収は5万円前後となります。

 

単価の目安、上げる方法についてはこちらの「Webライターの単価相場は?【高単価ライターになる方法伝授】」でも解説しているのでぜひ参考にしてください。

まとめ:月3万円はあくまで通過点

 

最後に、この記事のポイントをおさらいしておきます。

・未経験でも在宅ライターとして稼ぐことは可能

・まず専門書を読んでタスクを5件こなそう

・受注実績とともに収益は上がっていきます

 

初心者さんで、いつまでもひたすらタスク案件を書き続けている方がいますが、これは遠回りです。

 

たしかにタスク案件はクライアントとのやり取りが不要なので、省エネで仕事ができますが、結局1度のやり取りで数十記事単位まとめて受注した方が効率は良いです。

1記事当たりの単価も全く違うので、ある程度慣れたら素早くプロジェクト案件へ移行してください。

 

プロジェクトに移行したら、あとは上記の条件に沿って実績を積んでいきましょう。

月3万円はあくまで通過点に過ぎません。副業から本収入を超えて、専業ライターになられる方もたくさんいます。

 

Webライティングは、未経験、コスト0、在宅で仕事を引っ張ってこれる希少なお仕事なので、まず数か月実践してみる価値は大いにあると思います!

 

ではでは!

 

Webライター歴3年がおすすめ本厳選!【大事なのはこの4冊だけ】 こんにちは! Webライターのヤマモトタツヤ(taoblog10)です。 Webライターに関する本を読みたいけど、たくさ...