フリーランス

在宅ワークの壁 月5万円を最短ルートで突破する手段【コレ一択】

 

こんにちは!ヤマモトタツヤ(taoblog10)です。

在宅ワークで月5万円を稼ぎたいけど、どんなお仕事を選べばいいかわからない…。

一番効率よく月5万円を達成できる在宅ワークが知りたいなあ。

と考えている方へ。

今回は、フリーランス兼在宅ワーク歴7年の僕が、最短かつ堅実に、月5万円を達成できる在宅ワークについて提案したいと思います。

 

これから在宅ワークを始められる方、手堅く月5万円を安定的に稼ぎ続けたいという方は、ぜひ参考にしてください。

 

本記事の内容

・在宅ワークで月5万円稼ぐための手段4つ

・堅実に稼ぐなら〇〇一択?

・月5万円達成する手順と作業量

手段と手順を間違わなければ、月5万円の壁は簡単に突破することができますよ!

在宅ワークで月5万円を達成するための主な手段

内職

自宅でお金を稼ぐ手段の代表例として、袋詰めやシール貼り、電子部品のネジ留めなどの「内職」というものがあります。

製造業者から原材料を受け取って、加工や組み立てを行うことで報酬を得るというものですね。

作業自体は単純なので初心者さんに向いていますが、なにせお金になりません。

一回の作業単価が1円を切るということもざらにあり、作業をすればするほどかえって非効率に消耗するというのが残念な点です。月5万円達成はいばらの道です…(+_+)

アフィリエイト

現在のようにインターネットが普及していない20年ほど前は、在宅ワークといえば内職一択でしたが、現在はスマホ、パソコンを使って月5万円程度ならさくっと稼げる時代です。

その代表的な稼ぎ方として、アフィリエイトという手段があります。

アフィリエイトとは?
ブログやサイトに企業の広告を掲載し、その広告から商品が売れた場合、紹介料として対価を受け取れるというものです。

いわゆる広告収入というものですね。自分の好きな商品やサービスを紹介することで紹介料が受け取れるってなんだか楽しそうですね~。

中には月100万円以上のアフィリエイト収入を得ている人もいますが、難易度は高いです。

一般的に、月5.000円稼げているのは上位5%といわれています。

プログラミング

在宅でプログラマーとして仕事を受ける人もいます。個人の場合、高額報酬を得ることができるので、フリーのプログラマーになる人が急増しています。

ただ、まったくの未経験からプログラミングを勉強するとなるとこれまた大変ですよね。

スクールに通ってスキルを習得するとなると、労力やお金もかかります。

企業に勤めて実績を積んだ後、在宅でフリーエンジニアとして仕事を受注するというのが一般的です。

Webライティング

Webサイトの記事を書くお仕事です。

最近では、ライティング未経験の状態からWebライターとしてライターデビューし、月数十万円稼いでいる人もごろごろいます。

仕事の受注もネットから簡単にできるとあって、近年の在宅ワーク界では最もポピュラーな仕事としても認知されていますね。

また、やった分だけ対価が支払われるということで、安定性、堅実性もピカイチです。

テープ起こし

ライティング同様に、テープ起こしという仕事も在宅ワークの代表的な選択肢となっています。

データ入力っぽい仕事ですが、録音された音声データを聞いて文字に起こすお仕事ですね。

ライティングに比べて単価が低いのでやや労力は必要となりますが、専門用語などが頻発する専門分野の文字起こしは単価が高いです。

ライティング同様、得意分野を活かして、大きく稼ぐといったことも可能ですね。

初心者が最短ルートで稼ぐならライティング一択

最短、堅実に月5万円稼ぐならライティング

4つの在宅ワークを紹介しましたが、堅実に、最短で月5万円を達成するなら、ライティング一択です。

ライティングは、未経験でも簡単に始めることができて、かつ即金性がものすごく高いのが特徴です。

業務をこなした翌月にはしっかり報酬が支払われますし、それゆえ不安もなく作業に集中することができます。

また、スキルアップに応じてどんどん受けられる仕事の幅が広がっていくというのもメリットですね。

半年、1年と実績を積むことで、単価の高い案件、好きなジャンルでライティングできるようになります。

好きなことで記事を書いて、副業感覚で月5万円を達成できるってとても魅力的ですよね。

どうやって仕事を受注する?

「ライティングが堅実なのはわかったけど、実際にどうやって仕事を受注するの…?」と思われたあなた。

安心してください。

クラウドソーシングというサイトに登録することで、簡単にライティング案件を引っ張ってくることができます。

 

Webライティングのお仕事は、基本的にクラウドソーシングサイトから仕事を受注します。

初心者さん、ベテランさん関わらず皆利用しています。

クラウドソーシングサイトとは…?
クラウドソーシングサイトとは、ネット上で仕事を発注したり受注したりできるサイトです。簡単に言うと、発注者と受注者を結びつけてくれるマッチングサイトです。

登録は無料なので、まずはこれら大手クラウドソーシングサイトに登録を済ませておきましょう。

 

おすすめのクラウドソーシングサイト3つ

クラウドワークス:ライティング案件が豊富な最大手サイト

ランサーズ:↑と同様最大手サイト

クラウドテック:上記2つに続いておススメ

登録したら、実際にどんなライティングのお仕事がるのかチェックしてみてください。

 

未経験からライティングで月5万円達成するまでの手順は、こちらの「Webライターの仕事内容をわかりやすく解説【未経験から月5万円は可能?】」の記事で詳しく解説しているので、こちらも参考にしてみてください。

ライティングで月5万円達成するまでの作業量【目安】

では、月5万円を達成するならどれぐらい作業をこなす必要があるのでしょうか?

作業量の目安はざっくりこんな感じです。

1日の作業時間 月収
1~2時間 3~5万円
2~3時間 5~7万円
3~4時間 7~10万円
4時間以上 10万円以上

 

月5万円であれば、1日2~3時間程度の作業時間で達成することができます。

専業で始められる場合は、半年ほど継続すれば月10万円の壁は軽く突破できます。

僕自身、未経験の状態からWebライター歴3年ほど経て、現在は1日2時間の作業で月20万円を安定して稼いでいます。

 

大きく収益を伸ばすためのコツについては「【Webライター】特定のジャンルを極めて収益を最大化させよう」で詳しく解説しているのでこちらの記事も参考にしてみてください。

まとめ:月5万円はあくまで通過点

最後に、この記事のポイントをおさらいしておきます。

 

・在宅ワークで月5万円稼ぐならライティング一択

・クラウドソーシングサイトから仕事を受注

・副業で月10万円も可能

 

在宅ワークで月5万円って、一見難しそうに思われるかもしれませんが、1万円でも稼ぐことができたら、そこから5万円までの道筋はリアルに見えてきます。

なので、まずはクラウドソーシングサイトで仕事を受注して、試しに数件こなしてみてください。

月5万円はあくまで通過点であり、スキルアップに応じて稼げる額も上がっていきます。

発注者の指示通り記事を書きさえすれば、支払いを渋られるようなことはないので、安心して始めてみてください。

 

まったくの未経験という場合は、1、2冊専門書籍を読んで知識を深めてからスタートされることをおすすめします。

  • おすすめの書籍