WEBライター

ライティングのおすすめ本紹介【用途別Webライター必読書9選】

こんにちは、Webライターのヤマモトタツヤ(taoblog10)です。

今回は、専業Webライター歴4年の僕が実際に読んで良書だと思った、『おすすめライティング本』を紹介します。

目的、レベル別に、計9冊ピックアップしてみました。

「何を読めばいいかわからない」というライターさんはぜひ参考にしてください!

初心者Webライターが初めに読むべき3冊

頑張ってるのに稼げない現役Webライターが毎月20万円以上稼げるようになるための強化書

これからWebライターデビューされる方、収益を伸ばしたいライターさんはまずこの本を手に取ってください。

Webライターの教科書的一冊でして、本書にWebライティングのすべてが詰まっています。

僕自身、提案分の書き方や、単価交渉術、好きな分野で専門ライターになる方法など、多くを本書から学びました。

「稼げない理由」と、「稼いでるライターがやっていること」がわかりやすくまとめられています。

新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング

文章力に自信が無いという方におすすめしたいのがこの一冊。

「書く前の準備」→「文章術の基礎」→「よりスムーズな流れの文章にするための工夫」と、ライティングの一連の流れが掴めます。

文章の組み立て方から、接続詞などの間違いやすい言葉など、ライティングの基礎も本書に網羅されています。

20歳の自分に受けさせたい文章講義

ライティングのおすすめ本ランキングなどで、高確率で登場する本書。

『嫌われる勇気』の著者である古賀史健さんが書かれた新書ですが、かなり情報の網羅性が高いです。

執筆前の構成の作り方、読者に寄り添った記事の書き方、リズムの良い記事の書き方などが学べます。

上2冊と合わせて読んでおきたい良書です。

他のライターと差を付けるならこの3冊

沈黙のWebライティング Webマーケッター ボーンの激闘

他人の記事、自分の記事問わず、ウェブ上で記事を書く際に必須のスキル「SEOライティング」

SEOの基礎を学ぶなら、断然「沈黙のWebライティング」です。とにかくわかりやすい。

約600ページと分厚いですが、吹き出し会話のストーリー形式となっており、楽しく、さくさく読み進めることができますよ。

「言葉にできる」は武器になる。

缶コーヒージョージアの「世界は誰かの仕事でできている。」など、数々の有名キャッチコピーを手がけたコピーライターさんが書いています。

ライティングの専門書とはまた違いますが、『思考を言葉として表現するための指南書』のような感じです。

「考えはあるけど、それを言葉にするまでに時間がかかる」といった人は特に読んでみてほしいです。

100倍クリックされる 超Webライティング バズる単語300

タイトルの通り、「思わずクリックしたくなるようなタイトル」のつけ方が学べます。

「魅力的なタイトル、見出しが思いつかない」という方は常にデスクに置いておきたい本です。

タイトル、見出しで使える便利なテンプレートが300通り掲載されています。

ブログをはじめるならこの3冊

武器としての書く技術

有名ブロガーのイケダハヤトさん著の本書は、ブログを始める前に読んでおきたい一冊です。

はじめに『読まれない記事』の特徴を列挙したあとに、『読まれる記事』へ変えるポイントがわかりやすくまとめてられています。

ブログ問わず、Webライティング全般に役立ちますよ。

世界一やさしいブログの教科書

こちらは、タイトルの通りブログの教科書的一冊です。はじめてブログを立ち上げるという人にオススメ。

ブログの運営方法、ネタの見つけ方、マネタイズ方法など、基礎はすべて本書で学べます。

ブログ飯

世界一やさしいブログの教科書の著者の、こちらのブログ本もおすすめです。

本書は、ブログのアクセスアップや、ブログから収益を得るためのノウハウがつまってます。

Webライターの傍ら、ブロガーとしても副収入を得たいという人は必読です。

まとめ:まずは気になった1、2冊を熟読してください

Webライターという仕事を始めるにあたって、資格や、専門知識は不要です。

ただ、専門書から基礎知識を学んでいるか否かで、将来的に大きな違いが生まれます。

まずは気になった本を1、2冊手に取り、それらを熟読してみてください。

※おすすめ本が増え次第、随時追加していきます。

【Webライターの始め方マニュアル】未経験→月5万円稼ぐまでの手順解説こんにちは、Webライターのヤマモトタツヤ(taoblog10)です。 ...