ライティング

【祝】ブログからライター案件の依頼を頂きました【やったこと3つ】

こんにちは、Webライターのヤマモトタツヤ(taoblog10)です。

先日、はじめて当ブログからライター案件の依頼を受けました。

今回は、ブログからライター案件を受注するまでにやったことをまとめてみました。

クラウドソーシングサイト以外での受注を目標としているライターさんは、ぜひひとつの例として参考にしてくださいね。

ブログからライター案件を受注するまでにやったこと

ライティング依頼専用のページを作成

ライティングが本業なので、ブログ開設後すぐにライティング依頼専用のページを作りました。

こちらのページですね。
ライティング依頼ページ(スポーツ・サッカー・ノマド・SEO)

依頼専用ページでは、Webライターとしての得意分野、希望単価など簡単にまとめてあります。

また、「ワードプレスへの直接入稿可」「毎日投稿可」といった補足情報も掲載しています。

ライターとしての実績があれば、クラウドソーシングのプロフィール欄のように簡単にまとめておくと尚良いでしょう。

ページを作成後、目の付きやすいサイドのプロフィール欄にリンクを貼りました。

お問い合わせフォームの設置

続いて、お問い合わせフォームの設置です。

これが無いと、クライアントは連絡することができません。

参考:ノマドア『お問い合わせフォーム』

ワードプレスを利用している場合は簡単に設置できますよ。

「Contact Form 7」というプラグインをインストール

固定ページにタグを貼り付け

これだけです。

作成後、必ずライティング依頼ページ記事内の下部からフォームへ飛べるように設定しておきましょう。

もちろんヘッダーメニュー、サイドバーのプロフィール欄へのリンク設置も必須です。

得意分野でSEOを意識した記事の執筆

あとは、得意な分野でSEO対策を施した記事を書き続けました。

記事執筆を依頼するクライアントは、当然自分のサイトをGoogleの上位に表示させたいわけです。ブログ記事が、しっかりGoogleを意識して作られていた場合、クライアントにとってはそれだけで信頼性の担保になります。

Webメディア運営者は、その記事がSEOを意識して作られたものか、そうでないかということを一目で見抜きます。

もちろんその対策が実っていれば言うことありませんが、仮に結果が伴っていなくても、やらないよりは断然マシです(^^ゞ

ちなみに、僕がやっているSEO対策は↓の必要最低限の内部対策のみです。

参考:WebライターにSEOの知識は必要?【まずはこの3点だけでOKです】

単なる日記記事ではなく、ある程度読者のニーズを想定して作られた記事が並んでいれば、それだけで一ライターとして一定の信頼性に繋がるはずです。

僕の場合、50日以上毎日更新していますが、そうした要素もひとつの付加価値になりえるかもしれません。

まとめ

気になる流入経路についてですが、実ははっきりとはわかっていません。

「Webライター スポーツ」と検索すると、自分のページがトップに表示されるようになったことと、2件ともスポーツ関連の依頼だったことを考えると、Googleからの検索流入の可能性が高いです。

今回の依頼が、本当にたまたまのラッキーパンチなのかは定かではありませんが、次のラッキーパンチを狙って今後もブログの更新を続けていこうと思います。

というわけで今回は、ブログからライター案件を受注するまでにやったことまとめでした。

また明日も更新します。ではでは!

ブログの始め方マニュアル|WordPress開設手順をていねい解説【初心者向け】 こんなお悩みを解決します。 本記事を読むと、WordPress(ワードプレス)のブログ開設手順がわかります。 ...