WEBライター

ライターのためのブログ運営ロードマップ【収益化までの手順も解説】

こんにちは、ヤマモトタツヤ(taoblog10)です。

ブログ運営をスタートして、早いものでもうすぐ1年が経過します。

もともとは、クラウドソーシング外でライター案件を受注するために立ち上げたブログですが、とうとう月の合計収益が逆転しました。

巷では「ブログオワコン」と言われ続けていますが…

たしかに企業がコストをかけて運営するオウンドメディアが参入する市場では、個人ブログで太刀打ちできないのかもしれません。

とはいえ、ここを回避しつつ、ライターがSEOにフルコミットすれば月数万円程度は十分射程圏内なのかなと。

そこで今回は、ライターのためのブログ運営方法、収益化までの流れについて解説していきます。

ライターが今すぐブログ運営を始めるべき理由

まず、ライターがブログを運営するメリットについて簡単におさらいしておきます。

過去記事でも何度も挙げていますが、主なメリットは下記4つです。

  1. 営業がイージー化する
  2. ブログから直接依頼が入る
  3. SEOライティングが身につく
  4. 得意分野を活かすことで広告収入が作れる

①〜③でライター収入アップが見込めて、かつ④で収入源の分散化が図れる。

つまり、ブログ本体のマネタイズの成功、失敗に関係なく、「ライター収入アップのために絶対やるべき」なんですよね。

後のリターンを考えると、1日の案件の執筆を1記事減らしてでもブログを育てる価値が十分にあります!

とくに重要なのはSEO対策スキルの向上

中でも一番大きいのは③です。

「SEOなら案件でも常に意識してるよ!」なんて思われるかもしれませんが…

その記事はあくまで他人の記事なので、ライターのゴールはあくまで「納品」。

一方、自分でメディア運営する場合、書いた記事にアクセスが集まって初めて意味をなします。

「どうすれば検索流入で読んでもらえるか」と試行錯誤することがSEO対策習得への第一歩となります。

つまり、市場調査、キーワード選定を含めて、本気でSEO対策にコミットする経験こそが、案件執筆時に活きるというわけです。

また、そのブログは営業時に名刺代わりとして使えるので、高単価案件も取りやすくなるという好循環が生まれます。

始めるなら無料ブログ?有料ブログ?

続いて、使用するブログサービスについてですが、ズバリ、ワードプレス一択です。

理由は簡単で、アメブロやはてなブログなどの無料サービスはSEOに弱く、上位表示が難しいからです。

そして、ワードプレスからの直接入稿に慣れておくとライターとしても重宝されます。

ワードプレスでブログを立ち上げる場合、独自ドメイン代とサーバー代(合わせて4,000円ほど)が初期コストとしてかかりますが、ここはケチらずにいきましょう٩( ‘ω’ )و

ワードプレスのブログ立ち上げ方法、初期設定などは下記の記事にまとめていますので参考にしてください。

【初心者向け】ブログの作り方マニュアル|ワードプレス開設手順をていねい解説どうも、ヤマモトタツヤ(taoblog10)です。 今回は、「ワードプレスでブログを始めてみたいけど、何から始めればいいのかさっぱ...

ブログに何を書けば良い?

続いて、最も肝心な「発信内容」の決定です。

ライターがブログを始める際の発信軸は、下記2つのどちらかがおすすめです。

  • ライティングの経験談
  • ライターとしての得意ジャンル
ヤマモトタツヤ
ヤマモトタツヤ
試しに2つのブログを立ち上げて両方実践し、どちらも月5万円の収益化に成功したので実践したことをまとめておきます(`・ω・´)ゞ

ライティングの経験談を発信する場合

ライティングの経験談を発信する場合の発信内容の具体例はこんな感じ。

  • 未経験→月5万円になるまでにやったこと
  • 自己流の、記事を早く書くコツ
  • 執筆時に集中力を保つ方法
  • 単価交渉の成功談、失敗談
  • 案件、クライアントの選び方
  • 参考になった書籍

これらは、これからWebライターを目指す人、収入アップしたいライターにとってきっと役に立つ情報ですよね。

僕自身、試しにライティング関連で100記事ほど投稿しましたが、結果は下記ツイートの通りです。

ちなみに、当ブログの月間のPV数は2万とどかないくらい。それでも月数万円の自動収入は確保できています。このあたりは後ほど、さらに深掘りします。

ライターとしての得意ジャンルで発信する場合

ライターとしてすでに得意ジャンルを確立していたり、経験談が語れる分野がある場合は、そちらを発信軸にするのも大いにありです。

また、これから特定のジャンルで「特化ライター」を目指す場合は、ブログ運営が必須です。

例えば…

  • マネーライターを目指す→家計管理や節約術を綴る。
  • スポーツライターを目指す→ニュース、コラム、試合の考察記事を書く。
  • 回線系ライターを目指す→各社特徴をまとめた上で比較。通信制限や、ライター業での支障の有無などレビュー。
  • 美容ライターを目指す→愛用グッズのレビュー、美容に関する豆知識、経験談などを綴る。

ひとまず、SEOを意識した記事を30本ブログに投下してください。

仮に検索上位が取れなくても、十分営業時の名刺代わりになります。

ヤマモトタツヤ
ヤマモトタツヤ
僕の場合は、「多汗症ジャンル」の記事を執筆する機会が多く(僕自身が多汗症持ちのため)、これまで試した治療方法や制汗剤のレビューを自分のブログでまとめてみました。

多汗ライターの脱手汗ブログ

3ヶ月間で体験談を200記事ほど投下したところ、月10万円の収益化に成功しました。ぜひこちらのサイトも参考にしてください。

このジャンルの執筆に関しては、案件を受注するより、自分のブログに記事を投下した方が価値があると判断しブログに専念しています。

ライティングの経験談でマネタイズするコツ

最後に、ライティングの経験談でマネタイズするポイントについて。

昨日のnoteにも書きましたが、単純にライティング関連のクエリを攻めるだけでは、月5万円の収益化はぶっちゃけ至難の業です。

理由はひとつ、扱える案件の単価が低い!(笑)

ASPのクラウドソーシング案件は1件数百円、Amazonで書籍が売れたとて得られる紹介料は雀の涙。

SEOを頑張って1万PV集めたとしても、諭吉1人分が限界かなという感じ。

そこで、WiMAXなどのネット回線案件、ドメイン、サーバー案件、パソコンなど高単価の紹介料が見込める周辺機器など扱っていく必要があります。

ライティング業務に関連し、かつ気に入ったサービスや商品は片っ端からレビューしていきましょう。目安として、2万PV程度で月5万円が射程圏内になります。

ぜひこのあたりを意識しながら当ブログを漁ってみてください!参考例の一つになるかなと思います(`・ω・´)ゞ

まとめ:練習帳だと思って自分の型を模索しよう

ワードプレスを立ち上げたら、まずはライティングの作業日報的なところからゆるく始めてみてください。

案件の場合、自分の書きたいことが書けないし、文体も固定されてどうしても作業的になりがちですよね。

一方ブログでは、自分の書きたいことを自分の好きな文体でしたためることができます。

練習帳だと思って自分の型を模索しつつ、Twitterなどのフォロワーさんに最初の読者になってもらってください。

慣れてきたら、少しずつGoogleを意識した記事を投下していきましょう!

ブログで稼ぐってどういうこと?【仕組みと方法をわかりやすく解説】どうも、Webライターのヤマモトタツヤ(taoblog10)です! 当ブログを立ち上げてから6ヶ月。ブログ開始から現在までで83,...