WEBライター

Webライターとして副業で月5万円稼ぐまでの手順【わかりやすく解説】

副業として、Webライターに興味があるけど、本当に稼げるのか、またその手順について知りたいという方へ。

 

今回は、Webライター歴3年の僕が、副業でWebライターデビューする方法、月5万円を安定して稼ぐまでの手順について解説します。

 

まったくライティング経験が無い人でも実践できるように、一つずつ手順を追ってわかりやすく解説していきます。

これから副業でWebライティングを始めてみたい、また本当に稼げるのか気になっているという方は、是非参考にしてください。

 

本記事の内容

・Webライターとして稼ぐまでの手順は簡単3ステップ
・Webライターは2つの観点から副業に最適?

この記事を書いている僕は、現在Webライター歴3年ほどで、1日2時間の作業で月20万円を安定して稼いでいます。

 

正しい手順でスキルを身に付けていけば、早い人であれば半年ほどで副業でも達成できると思います。月5万円であれば、一ヶ月目からでも十分可能です!

Webライターとして副業を始める手順

まずは書籍から基礎知識を身に付けよう

副業でWebライティングを始めるなら、まずは書籍から基礎知識を得ることが必須です。なんでもそうだと思いますが、その専門の書籍を1、2冊熟読すれば、ある程度その分野の知識は身に付きます。

 

なので、ネットの情報だけでなくまずはWebライティングに関する書籍を丸一日かけて1冊熟読してみてください。ライティングスキルに自信が無いという人は、ライティングに特化した本も合わせて読んでおきたいですね。

 

この時点で、WEBライターとして稼いでいく手順が大まかにはつかめているはずです。
ここで初めてスタート地点に立った状態です。

おすすめの書籍はこちら

ライティングに自信が無いという方はこちらも読んでみてください。

クラウドソーシングサイトを使って仕事を受注しよう

一通り知識が身に付いたら、早速仕事を受注するためにクラウドソーシングサイトに登録します。

Webライティングのお仕事は、基本的にこのクラウドソーシングサイトから受注することになります。

 

クラウドソーシングサイトとは…?

インターネット上で仕事を依頼、受注することができるサイトです。まずは実際に登録してみて、どんなお仕事があるのかチェックしてみましょう。

ライターにおすすめのクラウドソーシングサイト

クラウドワークス:ライティング案件が豊富な最大手サイト

ランサーズ:↑と同様最大手サイト

サグーワークス:登録時にテストがあるけど、高単価案件が多い

まずは、最大手サイトのクラウドワークス、ランサーズの2社でOKです。

 

例えば、クラウドワークスなら2018年12月現在こういった案件の募集があります。

 

自分が少しでも関心のあるジャンルがあれば、手あたり次第応募していきましょう。

応募の際の文章ですが、はじめからテンプレートが用意されているので、そのテンプレに従って記載すればOKです。「契約金額」の設定は、発注者側があらかじめ募集概要で明記してあるので、それに従って設定しましょう。

 

クラウドワークス、ランサーズといった大手クラウドソーシングサイトには、ライティングの案件が山ほどあります。

この中から、気になる案件を選んで応募していくのですが、その際にポイントが2つあります。

  • 少しでも自分が関心のある分野
  • 文字単価は最低0.5円以上、できれば1円以上

 

このあたりは、こちらのWEBライター3年目の収入は?【飛躍的に稼ぐコツまとめてみた】の記事で詳しく解説していますので、参考にしてください。

ジャンルを絞りながら文字単価を上げていこう

あとは、クライアント(発注者)の指示に従ってひたすら作業をこなしていくだけです。

文字単価1円前後の場合、目安として1日に2、3時間ほど作業ができれば、月5~6万円ほど達成できます。

 

もちろん、まったく知識のない分野で一からリサーチをするという場合は難しいかもしれませんが、ジャンルをある程度絞って執筆していけば、次第に知識が深まっていきやがてリサーチも不要になります。

 

また、知識が付けば専門性の高い記事が執筆できるようになるため、そのジャンルで仕事を受注しやすくなります。

なので、ある程度ジャンルを絞って、得意分野を極めるというのが最短ルートだと思います。

 

このあたりは、こちらの【Webライター】特定のジャンルを極めて収益を最大化させようの記事で詳しく解説していますので、参考にしてください。

 

僕の場合、週に3試合以上観戦する程のサッカーオタクなんですが、サッカー関連の案件だけを集中的にこなしています。次第に、より専門性の高い記事が書けるようになり、時給換算すると5.000円ほどでお仕事できるようになりました。

文字単価も、0.8円→1.0円→1.5円→1.8円と少しずつではありますが着実に上がっています。

【具体例】案件選びの目安はこんな感じ

自分の得意分野がわからないという人は、以下を参考にしてください。

  • 育児中→子育てネタ
  • 美容好き→コスメ、ダイエット、脱毛…
  • 一人暮らし中→一人暮らしネタ
  • ファッション好き→ファッション関連
  • ゲーム好き→アプリゲーム、PS4、任天堂…
  • スポーツ好き→サッカー、テニス、野球、ゴルフ…
  • 旅行好き→旅ネタ、地域ネタ
  • ドラマ好き→ドラマネタ、エンタメ
  • 音楽好き→アーティスト
  • ガジェット好き→スマホ、パソコン…
  • 読書好き→漫画、小説、書評

 

これらすべて、現時点でクラウドソーシングサイトにてお仕事が存在するジャンルです。
「実際に体験したことがあるジャンル」なんかもいいですね。

本当にWebライターとして副業で稼げる?

Webライターが副業におすすめな理由

Webライターは副業に持って来いのお仕事だと思います。

なぜなら、比較的難易度が低く、即金性が高いからです。
クラウドソーシングサイトでは、ライティング意外にも、プログラミング、デザイン、翻訳などあらゆるお仕事がありますが、いずれも習得するまでに膨大な時間を要します。

その点ライティングは気軽に始めることができて、かつ月5万円達成までの敷居が限りなく低いです。

 

また、アルバイト等と違って、コツコツ続けることでどんどん単価が上がっていくというのも魅力的な要素です。月5万円達成できたら、月10万円もさほど遠い未来ではなくなります。どうせ副業するなら、実績とスキルが積みあがっていく系の方がモチベーションが上がりますよね。

 

ただでさえモチベーションを保つのが難しい副業ですが、即金性があってかつ実績に応じて収益が上がるという2大要素をクリアしているWebライティングは最強だと思います。

月5万円は通過点

この記事も月5万円達成を一つの目安として書いていますが、ここは通過点にすぎません。

自分の専門分野が確立されて、執筆前のリサーチ時間も最小になっていけば、どんどん効率的に稼げるようになっていきます。

 

まずは1年を目安に継続してみてください。僕自身1年目は1日4時間ほど作業をして月15万円が限界でしたが、ジャンルを特化した2年目から大きく稼げるようになりました。

ロシアワールドカップが開催された6月は、サッカー関連の執筆の依頼を多く受けたこともあり、一ヶ月半で80万円稼ぐことができました。

 

ジャンルによっては、シーズンに応じて案件が激増することもあるので面白いですね!

まずはサイトからプロ認定をもらうことを目標に!

はじめの目標として、クラウドソーシングサイトからプロ認定を受けるのをモチベーションに取り組んでみてください。

プロ認定とは、ある一定の条件を満たしたワーカーに、運営が「この人は優良ワーカーだよ!」とお墨付きを与えるシステムです。

プロ認定を受けると、自分のプロフィールにこのようなバッジが付きます。

 

僕自身、2年目からこのプロ認定を受けて、より高単価の案件を勝ち取れるようになりました。

 

プロ認定を受ける方法、また受けることで得た恩恵についてはこちらのプロクラウドワーカーになって何が変わった?【クラウドワークス】の記事でまとめてあるので参考にしてください。

Webライターは稼げないという意見について

Webライターは稼げないと主張する人もいます。

ただ、そういう人を見てみると、あまりに単価の低い案件を受けすぎているという例が大半です。

クラウドソーシングサイトには、「タスク形式」「プロジェクト形式」の2種類の受注方法があります。

タスク形式…1記事ずつ納品(単価が安い)

プロジェクト形式…10記事等まとめて受注(単価が高い)

このタスク案件は文字単価が低いものが多く、文字単価0.2~0.4円の案件がごろごろあります。

初心者の方は、「これはライティング経験の無い初心者の私のための案件だ」と思って受注されます。中にはいつまで経ってもこのタスク案件ばかり集中して執筆している人もいますが、これだと一向に稼げません。

 

1~2記事ほどタスク案件で手ならしした後、素早く文字単価1円前後のプロジェクト形式の案件に移行してください。

まとめ:Webライティングを極めれば脱サラも可能?

最後に、この記事のポイントをおさらいしておきます。

・Webライターとして副業するならまずは1冊書籍を熟読

・その後クラウドソーシングサイトに登録し仕事を受注

・文字単価0.5円以上で関心のある分野で執筆

・文字単価1円であれば1日2時間の作業で月5万円は達成可能。

・まずは運営からプロ認定を貰うのを目標に!

 

初心者さんで、「私は文章力が無いから…」と言って諦めてしまう方が多いですが、一番大切なのは目先のライティング技術ではなく、自己管理とリアルな計画設計です。

 

「平日は2時間、休日は3時間絶対に作業する」等といったように、徹底的に自己管理ができる人であれば、全くライティング経験が無くても少しずつ稼げるようになっていきます。

逆に、どれだけ質の高い記事が書けたとしても、モチベーションが低かったり、セルフコントロールができなければ稼げません。

ライティング時の鉄則

文章を書く際のコツは、基本的には「目の前の友人にわかりやすく教えてあげる」イメージです。とりわけ高度な文章力は重要ではなく、いかにリアルに読書が求めているニーズが想像できるかが大切です。

 

今は自信が無いという人も、関心があるのであればまずは1ヶ月実践してみる価値があると思います!

将来的に専業Webライターになることも十分可能です。

 

  • 初心者さんにおすすめの書籍2冊
  • ライター案件が豊富なクラウドソーシングサイト

クラウドワークス:とにかくライティング案件が豊富な最大手サイト

ランサーズ:↑と同様最大手サイト

サグーワークス:登録時にテストがあるけど、高単価案件が多い