ライティング

Webライターの単価相場は?【高単価ライターになる方法伝授】

チップ

 

こんにちは!
Webライターのヤマモトタツヤ(taoblog10)です。

Webライターの単価の相場ってどれぐらいなんだろう…?

単価を少しでも上げたいけど、コツが知りたい!

と考えているライターさんへ。

今回は、専業Webライター歴3年の僕が、「高単価ライター」になる方法を解説します。

 

本記事の内容

・Webライターの単価の相場ってどれくらい?

・単価は少しずつ上げていくもの

・「高単価ライター」になるための3つの方法

 

この記事を書いている僕は、3年間、ライターとして1日2時間の作業で月20万円を安定して稼いでいます。

 

僕自身の体験談を交えながら、Webライターとして効率的に単価を上げていく方法を紹介します!

Webライターの単価の目安

Webライターの単価の目安は?

まず、Webライターの文字単価と収入の目安ですが、ざっくり以下の2つの表のような感じとなります。

  • 文字単価目安
ライター歴 文字単価目安
~3ヶ月 0.5~0.8円
3ヶ月~半年 0.8円~1円
半年~1年 1円~1.5円
1年以上 1円以上
  • 月収目安
1日の作業時間  月収
1~2時間 3~5万円
2~3時間 5~7万円
3~4時間 7~10万円
4時間以上 10万円以上

 

文字単価1円で、1日の作業時間を4時間と仮定した場合、おおよその月収は10万円前後となります。

単価は継続次第でどんどん上がります

Webライターというのは、基本的に「1文字当たり〇〇円」という文字単価で支払金額が決まります。

 

例えば、【1.000文字で文字単価1円】の案件であれば、1記事1000円ということになります。

10記事の依頼であれば、合計1万円ということですね。

 

この文字単価は、継続次第で少しずつ上昇していきます。

 

受注実績に伴って、受けられる仕事の幅が広がっていき、次第により高単価の案件を勝ち取ることができるようになります。

文字単価1円からまあまあ楽になる

専業なのか副業なのかで、かけられる時間に大きな差が出るので一概には言えませんが、

目安として、文字単価1円以上の案件を回すことができればWebライティングは楽になります。

 

とはいえ、文字単価1円の案件を勝ち取ることはさほど難しいことではなく、テストライティングの球数と勢いで突破することができます。

 

ただ、1円→2円にするのには少々時間がかかります。

 

このあたりは、こちらの「ライティングの文字単価を最短ルートで2円にする手順解説【経験談】」の記事でも詳しく解説しているのでぜひ参考にしてください。

「高単価ライター」になる方法はこの3つ

手っ取り早く「3大高単価ジャンル」を攻める

Webライティング界の「3大高単価ジャンル」。

  • 金融系
  • 医療系
  • 美容系(体験談)

 

これらは数多くあるジャンルの中でも比較的単価の高い案件となります。

 

もともと知識がある場合は、金融系、医療系の案件を狙い撃ちして一気に収益を上げることが可能です。

実際に、ライティング未経験の状態から、これら2大ジャンルの知識を活かしていきなり月20万円、30万円と稼がれる方もいます。

 

また女性であれば、美容系全般お勧めです。

ダイエット、美肌、脱毛、ニキビ治療、美容整形、薄毛治療などの体験談はおしなべて単価が高いです。

 

はじめは低単価のハウトゥー記事で固く実績を積み、ある程度収益が出たら実際に美容関連の商品、サービスに投資。

その体験を武器に、高単価のレビュー記事で収益を伸ばす。

 

といった流れはおすすめです。美容ライターとして特化ライターになれるメリットもありますね。

ジャンルを絞って「特化ライター」になる

ブログ内で何度も言っていることなのですが、得意分野を極めたライターは強いです。

 

ジャンルを意図的に1~2つに絞って、その分野の専門性、知識をどんどん高めていくという手法ですね。

 

最終的に、「この分野の執筆は私に任せて!」と言えるぐらいになると、特定の分野で集中的に収益を伸ばすことができます。

 

とくに専業ライターを目指しているなら、広く浅くより、狭く深く掘ることを強くお勧めします。

僕自身、ジャンルを特化して仕事を受注するようになってから収益が爆増しました。

 

このあたりはこちらの「【Webライター】特定のジャンルを極めて収益を最大化させよう」で詳しく解説しています。

単価交渉術を磨く

ある程度実績を積んだら、自分の「最低文字単価」というのを設定してください。

僕自身、最低文字単価を1.5円に設定しています。

 

そして、提案時にこのことをクライアントに伝えます。
実績を証明することができれば、多少予算をオーバーしたとしても採用してもらえるものです。

 

もちろん、1円未満の募集案件にいきなり1.5円を要求する等無茶はできませんが、

例えば1.2円を1.5円にすることは、テストライティング次第で十分可能です。

 

継続案件に関しても、適切なタイミングでどんどん単価アップしてもらいましょう。

クライアントに、単価アップの交渉を持ち掛ける最適なタイミングは以下の2つです。

 

  • 普段よりやや大きい仕事をこなした直後
  • 記事の構成等、新しい追加事項、フィードバックに対応して納品した直後

 

このどちらかです。

僕は、この2つのタイミングですかさず単価交渉を持ち掛けます。

 

継続発注を頂いている時点である程度の信頼関係が生まれているので、基本的には成功します(渋られた場合は速やかに引き下がります)。

まとめ:継続次第で単価はどんどん上がります

 

最後にこの記事のポイントをおさらいしておきます。

・文字単価1円がスタートライン

・継続次第で単価はどんどん上がる

・特化ライターになるとさらに単価上昇

 

高単価ライターを目指すなら、単価の高いジャンルを攻めつつ、特化ライターを目指すというのが堅実です。

文字単価0.8~1円程度であれば、ジャンルに関わらず募集があるので、まずは大手クラウドソーシングサイトの案件を隈なくリサーチしてみてください。

 

僕の場合0.8円からスタートし、2ヶ月おきに0.2円ずつじわじわ上げていった感じです。

現在は、スポーツ関連の特化ライターとして文字単価1.5~2円でお仕事できています。

 

1円からは、焦らずじっくり単価を上げていくことをおすすめします!

 

https://taotaoblog.net/Web%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%BC%E5%88%9D%E5%BF%83%E8%80%85%E3%81%8C%E3%81%BE%E3%81%9A%E7%99%BB%E9%8C%B2%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%8D%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%89%E3%82%BD%E3%83%BC/