WEBライター

Webライターにスキルは要らない?←【最低限この3つは必要です】

 

こんにちは!
Webライターのヤマモトタツヤ(taoblog10)です。

「Webライターとして稼ぐにはどんなスキルが必要なのかな?」

「最低限身に付けておくべきスキルがあれば知りたいな」

と考えている方へ。

 

今回は、Webライティングで3年間生計を立てている僕が、Webライターとして稼ぐ上で必要なスキルについて解説します。

 

本記事の内容

・スキル、資格無しでも始められます

・磨くべきスキルはこの3つ

・こんな人はWebライターでご飯食べれます

この記事を書いている僕は、専業ライターとして1日2時間の作業で安定して月20万円稼いでいます。

 

Webライターという職業は、Web系の職業の中でも0→1にすることがとにかく簡単で、将来的に極めておきたいスキルも限られています。

Webライターに求められるスキルは主にこの3つです

SEOライティング

前提として、目標金額が月数万円程度であれば、取引相手からの指示に則ってライティングできれば達成できます。

 

ただ、月5~10万円レベルを目標にするのであれば「SEOライティング」の知識は必須です。

 

SEOってなんぞや…?って話ですが…

GoogleやYahoo!といった検索エンジンにて「特定のキーワードで記事を上位表示させるための施策」です。これを「SEO対策」と呼びます。

すなわちSEOライティングとは、Googleからの評価を意識したライティングということになります。

 

クライアント(発注者)としては、当然自分の記事をGoogleの上位に表示させて、たくさんアクセスを呼びたいですよね。

となると、できるだけSEOライティングの基礎を理解しているライターさんに記事を書いてもらいたいわけです。

 

というわけで、Googleの評価を汲み取ってSEOライティングができるライターは、クライアントから優遇されます。

 

とはいえ、冒頭で言った通り月2~3万円程の副収入を得ることが目的なら、さほど意識する必要はありません。

ただ、将来的にWebライターとして大きく稼げるようになりたいという人は、なるべく早くSEOライティングを学んでおくに越したことは無いです。

 

ちなみに、SEOの基礎は専門書1冊熟読で十分身に付きます。

 

おすすめは、ウェブライダー松尾茂起さん(@seokyoto)著の、沈黙のWebライティング Webマーケッター ボーンの激闘<SEOのためのライティング教本>です。

 

 

僕自身めちゃくちゃお世話になった一冊ですが、はっきり言ってSEOはこれを押さえておけば間違いなしといった感じです。ベストセラー本です。

 

とりあえず最低限のSEOを知りたいという方は、こちらの「WebライターにSEOの知識は必要?【まずはこの3点だけでOKです】」を参考にしてください。

セルフコントロール力

ぶっちゃけライティングのテクニカルな要素は上の本1冊で十分学べるんですが、より難易度が高いのはこっちです。

 

Webライティングという仕事は、自分のペースで仕事ができるというメリットがある反面、

叱咤してくれる上司がいないので怠けようと思ったらいくらでも怠けられるという難しさがあります。

 

ゆえに、自分を律する力、セルフコントロール力がかなり重要です。

 

僕自身、「朝起きたらまず3時間ライティング」というのを3年間習慣で続けてますが、こんな感じで日々の習慣の中に上手く作業を取り込める人は大きく稼ぐ可能性大です。

 

僕は新しく物事を習慣化していくことが好きなタイプでして、さほど苦ではなかったのですが、セルフコントロールに失敗して挫折していくライターさんもいらっしゃいます。

 

「平日は1時間、土日は3時間絶対に作業する」「月5万円達成する」

といった感じで自分でルールを作って、そのルールに則って作業に打ち込めればWebライティングはしっかり結果出ます。

 

最近だとTwitterでライター仲間を作って近況報告し合うというのも、モチベーション維持に有効です。

提案力

最後に、クライアント(発注者)から高単価の仕事を受けるために必須な「提案力」です。

 

いかにクライアントに、「この人に頼めば良い記事書いてくれそう」と思せられるかが重要になります。

 

実績が無いうちでも、確固たる自信と書ける根拠をしっかり提示できれば、競合してる案件でも意外と勝ち取れたりします。

 

で、一度成功体験を覚えると、この後はほとんどテンプレのような感じで提案を繰り返すだけなので、安定的に仕事が受注できるという感じです。

 

アピールポイントはなにも「ライターとしての実績」だけではありません。

・その分野の知識量に自信がある

・その分野における体験談が語れる

・どうしても自分が書きたいという熱意がある

案件に応募することはタダなので、実績、単価に囚われず気になる案件があれば手あたり次第クライアントにアピールしていきましょう。

こんな人はWebライターに向いてます

伝えることが好き

人に情報を伝えること、教えることが好きな人は、Webライターに向いています。

 

Webライティングというのは、クライアントの指示に従ってGoogleで情報をリサーチし、それらをまとめつつ自分の意見を加える作業です。

なので、逆に自己発信欲が強い人は不向きかもしれません。

 

自分の意見をメインに綴りたい場合は、体験談が語れる分野で執筆するか、自分でブログを立ち上げて情報発信するかの2択になります。

一人でもくもくと作業に没頭できる

必要なスキルの章でも話しましたが、一人で作業に没頭できる人はとにかく向いています。

 

これ結構大変なような気もしますが、そもそも好きな場所、好きな時間、自分のペースで働けて、かつ実績に応じて収益が上がっていくという時点で、仕事の形態としては抜群に神条件です。

 

これらの魅力に加えて、クラウドソーシングサイト内で実績が積み上がっていく仕組み自体面白かったので、僕的にはやらない選択肢はないなという感じでした。

 

どこまで稼げるのかな?とゲーム感覚で3年続けたら、時給5.000円で働けるまでになりました。

参考記事:クラウドソーシング続けてたらいつしか時給5.000円になってた話

補足:詳しい分野があれば武器になります

何か人より詳しい分野があれば、それは大きな武器になりえます。

 

僕の場合だと、スポーツ観戦が趣味でして、週に4、5試合サッカーとか見るんですが、おかげでスポーツには詳しいです。

なので、スポーツに関する記事を中心に執筆していますが、特定の分野の特化ライターになったことで収益が伸びたと実感しています。

 

得意ジャンルがあれば、集中的にその分野を攻めつつ、特化ライターを目指すというのも一つの手段だと思います。

まとめ:3つのスキルは少しずつ養われていきます

 

最後にこの記事のポイントをおさらいしておきます。

・Webライターに必要なスキルは3つ

・最初は見切り発車でも全然OKです

・大きく稼ぎたいなら早めにスキルを習得しよう

Webライターとして大きく稼ぐ上で必要なスキルは、SEOライティング、セルフコントロール力、提案力の3つでした。

 

とはいえ、これらは実践しながら少しずつ養われていくスキルでもあるので、はじめは見切り発車でも全然かまいません。

 

先を見据えて知識を身に付けておきたいという場合は、専門書熟読でサクっとインプットが最短ルートです。

 

「副業で+αの収入が得たい」、「将来を見据えてWeb関連で手に職をつけておきたい」といった方に、比較的敷居の低いWebライティングを強くおすすめします。

 

おすすめのクラウドソーシングサイト

クラウドワークス:ライティング案件が豊富な最大手サイト

ランサーズ:↑と同様最大手サイト

クラウドテック:2019年イチオシです

 

それではまた明日も更新します。ではでは!

 

3年間専業でWebライターやってみた感想【月20万円迄の道のり】 こんにちは! Webライターのヤマモトタツヤ(taoblog10)です。 「専業Webライターになりたいけど、ライティングだ...