ライティング

3年間専業でWebライターやってみた感想【月20万円迄の道のり】

 

こんにちは!
Webライターのヤマモトタツヤ(taoblog10)です。

「専業Webライターになりたいけど、ライティングだけで生計を立てることはできるかな?」

「専業Webライターを目指しているけど、なかなか大きく稼げない…」

こんな疑問、悩みを抱えている方へ。

今回は、専業Webライター歴3年の僕が、専業Webライターとして大きく収益を伸ばす上で大事な2つの条件についてお話しします。

本記事の内容

・月10万円までは作業量で達成できる?

・月20万円以上稼ぐならこの2つを意識しよう

この記事を書いている僕は、3年間専業ライターとして1日2時間の作業で月20万円稼いでいます。

未経験の状態から専業ライターとして生計を立てれるようになった経験談を踏まえてお話しします。

Webライターというお仕事を専業にしたいという方はぜひ参考にしてください!

専業Webライターとして生計を立てることは可能?

電球

3年間専業でWebライターやってみた感想

結論から言うと、専業Webライターとして生活することは十分可能です。

僕の場合、右も左もわからない状態からいきなり専業のフリーライターになったわけですが、2ヶ月でクラウドソーシングサイトにて月10万円を突破しました。

その後、サイト内で受注件数、実績が上がるにつれ、受けられる仕事の幅が広がっていき、3年続けた結果単月で60万円を稼ぐまでになりました。

ただ、月10万円→月20万円にするまでは結構時間がかかりました。

正確には覚えていないのですが、半年以上はかかっています。

幸いなことに、会社を辞める前に月の固定費を最小にしていたことで赤字になることはありませんでしたが、10万円を20万円にするのが難しかったですね…(+_+)

月10万円はまでは案外作業量でカバーできる

ぶっちゃけ月10万円までは、作業量と継続力のみで突破できます。

特別なスキルは何ら必要ありません。

もちろん、受ける仕事の文字単価によっても達成期間に差がでますが、専業で1日5、6時間かけられるならさほど焦る必要はありません。

僕が月10万円に到達するまでの2か月間意識したことはこの2点だけです。

  • 文字単価0.8円を下回らない
  • 毎日継続

毎日継続は、仕事なんで当たり前。当然、叱ってくれる人はいないので、セルフコントロールは重要です。

この辺りは向き不向きがあるかもしれませんが、そもそも個人で継続ができないならWebライターに関わらずフリーランスという働き方に向いていません。

僕の場合、リサーチ時間、執筆時間、修正時間全て含めて1日5時間ほどの作業量でした。

これを週6で続けました。

あとは、最低文字単価を0.8円に設定しました。

はじめに文字単価0.5円ほどのタスク案件を2件こなし、その後0.8円以上のプロジェクト案件に絞って受注を繰り返しました(運営に手数料を引かれるので実質0.7円)。

初心者さんで、いつまでも低単価案件から抜け出せず消耗してしまっている方が多いようですが、

ここはしっかり球数(テストライティング)を打って、作業量で強引に1円近くまで引き上げましょう。

文字単価1円ほどなら、わりと気持ちの問題で何とでもなります!

「月10万円→20万円以上」は作業量で解決できない

さて、ここから倍の「月収20万円」に持っていくにはコツが必要です。

「作業量ではどうにでもならない壁」があると感じています。

 

ただ、ある2つのポイントを押さえることができれば、専業ライターへの道は開けます。

次の章から、そんな専業Webライターになる上で重要なポイントについて解説していきます。僕自身ここを意識するようになってから飛躍的に収益が上がりました。

専業のWebライターになる上で重要な2つの要素

あなたは特化ライター?雑記ライター?方向性を固定しよう

まず、自分のライターとしてのポジション、方向性を固定することが先決です。

特定のジャンルを極めて「特化ライター」を目指すのか、はたまたオールジャンルに対応できる「雑記ライター」を目指すのか。

どちらになっても構いませんが、どちらかに振り切って迷いを捨てることが大切です。

手あたり次第文字単価の高い案件を受注して大きく稼ぐのか、じっくり時間をかけてその分野の博士になって単価を上げていくのかの違いですね。

自分の方向性が固まったら後は継続するだけです。

ちなみに僕自身は、2年目からスポーツ関連の特化ライターを目指してスポーツに関連する案件のみ受注するようになりました。

基礎的なライティングスキルは1年間で学べましたし、そこから自分の好きな分野に移行して、単価を落としてでもその分野で実績を積み上げていきました。

結果、0.8円スタートだったのが、1円→1.5円→1.8円→2円と少しずつではありますが、着実に単価が上がっていきました。

またジャンルを絞ることで、こんなメリットを体感しました。

専門性の高い記事が書けるようになる=単価が上がる

次第にリサーチ時間が不要になる=時給が上がる

狭く深く掘ることで他と差をつけられる=クライアントからの信頼性が増す

繰り返し言いますが、何より大事なのは方向性を定めるということです!

SEOライティングを徹底的に学ぶ

もう一点、欠かすことができないのが「SEOライティング」のスキルです。

既にライター歴の長い方だと、ある程度SEOを意識したライティングに慣れているかもしれませんね。

ちなみに、SEOとは、GoogleやYahoo!といった検索エンジンにて、記事を狙ったキーワードで上位表示させるための施策のことを指します。

すなわちSEOライティングとは、Googleからの評価を意識したライティングということになります。

これができるライターさんは重宝されますし、高単価の案件を受ける際は必須のスキルとなります。

そんなSEOライティングですが…

実は専門書籍を一冊熟読することで一通り基礎知識を取り入れられます。

おすすめは、沈黙のWebライティング Webマーケッター ボーンの激闘<SEOのためのライティング教本>という本です。

はっきり言って、SEOはこれを抑えておけば間違いなしといった感じです。ベストセラー本です。

将来的に自分のブログやサイトを立ち上げる際にも役に立ちますよ。

あとはこのブログ内で何度も紹介していますが、

Webライターの専門書としてWebライター講師のなつみとさんの「頑張ってるのに稼げない現役Webライターが毎月20万円以上稼げるようになるための強化書」も必読です。

意外とこういった専門書を通らず見切り発車されるライターさんは多いです。

つまり、ここを確実に通ることでそれらのライバルライターさんをごぼう抜きできるということです。

これ一冊で稼げるライターと稼げないライターの違いがわかります。さくっと収益を伸ばしたい方はぜひ手に取ってみてください。

まとめ:予め固定費を下げておくと楽勝です

最後に、この記事のポイントをおさらいしておきます。

・文字単価1円は熱量と球数で素早く突破

・方向性の決定とSEOライティング習得でいざ専業ライターへ

・月10万円→月20万円はじっくりと

僕は、専業Webライターになる前に、なるべく不安を小さくするために固定費を削ってからスタートしました。

家賃を含めて月10万円以下にできたことで、一気に心理的ハードルが下がりました。

本気で専業Webライターを目指すのであれば、その程度の「前準備」は抜かりなくやっておきたいです。

Webライターというお仕事は、0→1にすることが超絶簡単で、あとはいかに作業に没頭できるかが重要になります。

専業Webライターを目指される方は、ぜひ上記のことを意識しながら、まずは最低生活費を稼ぐことだけに集中して継続してみてください!

ではでは!

未経験からフリーランスライターを目指す手順【その道4年の僕が解説】どうも、Webライターのヤマモトタツヤ(taoblog10)です。 「ライターに興味があるけど、フリーランスを目標に頑張るのは現実的に...