WEBライター

未経験からWebライターになるには?【0→1にする手順解説】

 

こんにちは!
Webライターのヤマモトタツヤ(taoblog10)です。

 

「Webライターという仕事に興味があるけど、どうやって仕事を受注するのかな?」

「未経験から稼ぐライターになる手順が知りたいな」

と考えている方へ。

 

今回は、ライティング未経験からWebライターになる方法、稼ぐライターになる手順について解説します。

 

本記事の内容

・Webライターとして0→1にする手順解説

・案件選びで気を付けるべきポイント

・まずは月5万円を目標に

 

記事の信頼性として、この記事を書いている僕はWebライター歴4年ほどです。現在は専業ライターとして時給単価5.000円を稼いでいます。

参考:クラウドソーシング続けてたらいつしか時給5.000円になってた話

 

「クラウドソーシングサイト」を上手に活用することで、完全未経験でも稼げるライターになれますよ。

未経験からWebライターになるには?

仕事はクラウドソーシングから受注

そもそも、「未経験の状態からどうやってライティングの仕事を引っ張ってくるの?」ってとこですよね。

 

ズバリ、ライティングの仕事受注は、クラウドソーシングサイトにて行います。

 

クラウドソーシングサイトとは…?

ネット上で仕事を発注したり受注したりできるサイトです。発注者と受注者を結びつけてくれるマッチングサイトですね。登録は無料です。

 

初心者、ベテラン問わず、皆このクラウドソーシングサイト内でライティングの仕事を受注、納品します。成果の支払いまでこのサイト内で行われます。

 

まずは、下記の大手2サイトに無料登録し、どういったライティング案件が募集されているのか実際に目を通してみてください。

 

ライターに人気のクラウドソーシングサイト

クラウドワークス:ライティング案件が豊富な最大手サイト

ランサーズ:↑と同様大手サイトです

まずは簡単なタスク記事で手ならし

サイトに登録を済ませたところで、未経験者の自分がいきなりライティング案件を受注することなんてできないんじゃ…(´・ω・`)

と思われるかもしれません。
ですが、心配ご無用です。

 

そもそも、はじめは誰しもが未経験の状態から仕事を受注するわけですし、正しい手順に沿ってクラウドソーシングサイトを活用できればなんら問題なしです。

 

というわけで、まずは「仕事受注から、納品、検品、支払い」の一連の流れを掴んでみましょう。

そこで活用するのは、敷居の低い「タスク案件」です。

 

タスク案件とは…?
クライアント(発注者)とのやり取り無しで、フォームから簡単に1記事単位で納品できる、初心者向けの案件です。

 

では早速、クラウドソーシングサイトから実際にタスク案件を受ける流れを解説します(今回はクラウドワークスを例にします)。

 

まず、「仕事を探す」→「必要なスキルから探す」→「コンテンツ・ライティング」の順に進みます。

ライティング

 

求人画面が出たら、左サイドバー内の「別の条件から探す」から「タスク」を選択して絞り込みます。

 

 

すると、このようにタスク案件の募集がずらりと表示されます。

 

 

「比較的書きやすそうだな」と感じるジャンルの案件を見つけたら、試しに2~3記事書いて納品してみましょう。

 

仕事内容の詳細は、それぞれの案件の募集ページに進むと確認できます。
一通り条件をチェックしたら、さらに下へスクロール。

すると記事入力フォームが表示されるので、ここへ記事を書いていきます。

 

 

別途メモ帳で書いてから、フォームに張り付けても構いません。

 

このタスク案件を数件こなして、まずは執筆→納品→検品→支払いの流れを掴んでください。

プロジェクト案件に提案してみよう

タスクで数十円、数百円稼げたら晴れてWebライターの仲間入りです。その後、さくっと「プロジェクト案件」へ移行します。

 

プロジェクト案件とは…?
タスク案件で執筆したような記事を、複数記事まとめて受注できます。クライアントとのやり取りが必要になりますが、1記事あたりの単価はタスクに比べて高いです。

 

タスク案件はほどほどに、まとめて数千円、数万円単位で稼ぐことができるプロジェクト案件で本格的にライティングを始めていきます。

流れは先ほどのタスク案件受注時とまったく同じなのですが、ここからクライアントとのやり取りが必要となります。

 

プロジェクトの流れはこんな感じです。

気になる案件に、簡単な自己紹介とPRを添えて応募(これを業界で「提案」と呼びます)

発注者から採用、不採用の連絡が来る(テストライティングがある場合も)

タスク案件と同じく、発注者の要望に沿った記事を納品

発注者が検品作業を行う

問題が無ければサイト内で成果支払い

で、最後に発注者から評価を受けるのですが、高評価が貯まるほどライターとしての信頼度が増し、次第に仕事が受けやすくなるという仕組みですね。

 

この後はひたすらプロジェクト案件の数をこなしていくだけです。応募はタダなので、気になる案件があればどんどん提案していきましょう。

稼ぐWebライターになるには?【まずは月5万円】

案件選びで注意すべきポイント

Webライターとして大きく稼ぐ上で、「案件選び」が最も重要な要素となります。

そんな案件選びの鉄則は以下2つです。

 

  • 少しでも関心のあるジャンルでの執筆
  • 文字単価0.8円を下回らない

 

クラウドソーシングサイト上には、多種多様な分野の案件がありますが、少しでも関心のあるジャンルを選びましょう。

全く知識の無いジャンル、関心の無いジャンルを選ぶと、執筆前の情報のリサーチ時間に膨大な時間がかかってしまい、結果的に時給単価が低くなります。

 

これらの分野での執筆がおすすめです。

・人より知識量に自信があるジャンル

・体験談が語れるジャンル

・これから知識を深めたいジャンル

 

もう一点重要なのが、文字単価の確認です。

 

Webライターというのは、基本的に「1文字当たり〇〇円」という「文字単価」で支払金額が決まります。

プロジェクト案件の募集欄には、このようにそれぞれの案件の右端に文字単価が表記されていますね。

 

 

この文字単価ですが、目安として「0.8円以上」の案件に応募することをおすすめします。

つまり、上記の写真だと一番上と一番下の案件が該当しますね。

 

というわけで、プロジェクト案件を応募する際は、ジャンル選定と文字単価に気を付けてください。

中には、0.2円とか0.3円といった激安案件もありますが、これらはほんとに稼げないのでおすすめしません。

 

0.8円ぐらいであれば、初心者でも球数を打てば当たる感じなのでがんばってください。

案件選びの具体例:ジャンル選定の例はこんな感じです

補足として、案件選びの際の具体例を掲載しておきます。参考にしてみてください。

  • 美容好き→コスメ、ダイエット、脱毛…
  • ファッション好き→ファッション関連
  • 育児中→子育てネタ
  • ゲーム好き→アプリゲーム、PS4、任天堂…
  • スポーツ好き→サッカー、テニス、野球、ゴルフ…
  • 旅行好き→旅ネタ、地域ネタ
  • ドラマ好き→ドラマの感想、考察、エンタメ系
  • 音楽好き→アーティストネタ
  • 一人暮らし中→一人暮らしネタ
  • ペットを飼っている→犬、猫などペット関連
  • ガジェット好き→スマホ、パソコン、電子機器…
  • アニメ好き→アニメの感想、紹介
  • 映画好き→映画の感想、紹介
  • 読書好き→漫画、小説、ビジネス書の書評、紹介

月5万円ライターになるまでの作業量目安

では、月5万円を稼ぐためには、どれぐらいの作業量をこなす必要があるのでしょうか?

 

単純な作業量の目安は、プロジェクト案件2~3件くらいです。つまり、2、3人のクライアントと繋がれば、これぐらいの額は達成できます。

 

文字単価、月収それぞれの伸びはざっくり以下の表のような感じです。

  • 文字単価目安
ライター歴 文字単価目安
~3ヶ月 0.5~0.8円
3ヶ月~半年 0.8円~1円
半年~1年 1円~1.5円
1年以上 1円以上
  • 月収目安
1日の作業時間 月収
1~2時間 3~5万円
2~3時間 5~7万円
3~4時間 7~10万円
4時間以上 10万円以上

 

「文字単価1円で、1日の作業時間を4時間」と仮定した場合、おおよその月収は10万円前後となります(あくまで目安です)。

手っ取り早く専門書で基礎知識を養おう

作業と同時進行で、専門書から基礎知識を身に付けておくと後々効率的に稼げますよ。

 

僕自身、4年前に未経験の状態からライティングをはじめたのですが、最初はクラウドワークスのマニュアルのみ頼りに仕事を受注してました。

最近では、「Webライティングに特化した専門書」が誕生し、僕はこれらを読んでからライターとしての自分の立ち位置を意識するようになり、収益を爆増させました。

 

それぞれの用途別に、僕自身が参考にした書籍を3つ掲載しておきます。

・Webライティングの教科書的1冊

 

・「文章力」を養うなら…

 

・専業ライターを目指すなら…

まとめ:ライティングスキルは実践でのみ磨かれる

最後にこの記事のポイントをおさらいしておきます。

・未経験でもクラウドソーシングからライターになれる

・タスクで流れを掴んだら素早くプロジェクトへ

・案件選びが胆です

・専業目指すなら専門書は必読

 

中には、「文章力に自信がないから稼げそうにない」と思われる方もいるかもしれませんが、はじめは誰しも同じで、実践からライティングスキルは身についていきます。

不安であればはじめからライティングの専門書を熟読しても構いません。

 

ライティングに慣れる前に見切りをつけてしまうことが一番もったいないので、まずは3ヶ月を目安に本腰を入れて取り組んでみてください。

 

好きな場所、好きな時間、好きな分野、自分のペースで働けるという時点で働き方としては抜群に神条件なWebライティング。

本気で取り組んでみる価値は大いにあると思います!

 

というわけで今回はライティング未経験からWebライターになる方法、稼ぐライターになる方法についてのお話しでした。

また明日も更新します。ではでは!

3年間専業でWebライターやってみた感想【月20万円迄の道のり】 こんにちは! Webライターのヤマモトタツヤ(taoblog10)です。 「専業Webライターになりたいけど、ライティングだ...