WEBライター

Webライター業で生計は立てれる?【未経験→4年実践した結果】

 

こんにちは、Webライターのヤマモトタツヤ(taoblog10)です。

「Webライター業で生計を立てることってできるのかな?」

「未経験から専業ライターになるまでの手順が知りたい」

と考えている方へ。

 

今回は、未経験からWebライターとして生計を立てるまでの手順について経験談を踏まえて解説します。

 

本記事の内容

・Webライターとして生計を立てることは可能?

・どれぐらい作業したら専業になれる?

・Webライターとして生計を立てる手順

 

記事の信頼性として、この記事を書いている僕はWebライター歴4年ほどです。現在は専業ライターとして時給単価5.000円を稼いでいます。

参考:クラウドソーシング続けてたらいつしか時給5.000円になってた話

 

まずクラウドソーシングサイトで5万円つくることさえできれば、一気に専業ライターへの道は開けます!

Webライター業で生計を立てることは可能?

個人の生活費ぐらいなら努力次第で稼げます

結論から申しますと、個人の生活費レベルであれば努力次第で十分稼げます。

なので、これから本格的にWebライターとして活動されるなら、まずは「月20万円」を目標に掲げて取組んでみてください。

 

僕自身、ライティング未経験の状態からクラウドワークスに登録し、サイトのマニュアルのみ頼りに仕事を始めました。

正直当初は、「ライター業で月収20万円なんて不可能なんじゃ…」と思っていましたが…

 

そこからコツコツ1年間継続した結果、始めたて当初は想像もできなかったような景色を見ることができました。

どれぐらい作業して、どれぐらい稼げた?

ライター歴 1日の作業時間 時給単価 月収
初月 3時間 700円 3万円
2ヶ月目 3時間 1.000円 7万円
3ヶ月目 5時間 1.500円 15万円
6ヶ月目 5時間 2.000円 20万円
1年 2時間 4.000円 20万円

 

僕の場合、こんな感じで収益が伸びていきました。

12、3万円まではとんとん拍子で伸ばせて、そこから20万円に到達するのに4ヶ月くらいかかりました。

 

ちなみに、2ヶ月目までは副業でやってました。当時の生活費の月8万円が稼げたあたりから、専業になって本腰を入れ始めた感じです。

 

1年経過したところで、得意ジャンルでの執筆に絞ったことと、運営から「プロクラウドワーカー」の認定を得たことで時給単価がグンと上がりました。

 

生活費10万円くらいなんで、とりあえず20万円をキープできれば問題ないということで、作業時間を1日2~3時間とかに減らしました。

増えた可処分時間でライティングの専門書を読みつつ、最終的に時給単価を5.000円くらいに引き上げました。

 

月20万円達成までにやったことは、こちらの「3年間専業でWebライターやってみた感想【月20万円迄の道のり】」で詳しく解説しているので是非参考にしてください。

Webライターとして生計を立てる手順【経験談】

生活コストを最小にする

僕の場合、まず生活コストを最小限にして心理的ゆとりを確保するところから始めました。

専業になる前に、生活コストを月8万円とかにしていたので、「とりあえず10万円稼げたら生活できるな」という心持ちで、作業に専念できました。

 

以下のような感じにできれば、とりあえず月に10万円稼げれば赤字になることはありませんね。

・家賃 5万円
・光熱費 1万円
・食費 2万円
・通信費 5千円
・交通費 5千円
・その他 1万円

 

あとは生活水準を一定に保ちながらライティングを継続出来れば、専業Webライターとして生計を立てることはさほど遠い未来ではなくなります。

まずはクラウドソーシングで月5万円確保

まずは、最初の一歩としてクラウドソーシングで月5万円の実績を作りましょう。

登録するクラウドソーシングサイトは、以下2つでOKです。

 

ライターに人気のクラウドソーシングサイト

クラウドワークス:ライティング案件が豊富な最大手サイト

ランサーズ:↑と同様大手サイトです

 

ライティング未経験の場合、「月5万円なんて無理ゲー…」と思われるかもですが、案外そうでもないです。

やり始めるとわかることですが、Webライターというのは、0→1にすることがとても簡単で、1を作ることができればあとは作業をループするだけです。

 

稼ぐ上でとくに「案件選び」が胆になるのですが、ポイントは以下3つです。

・とにかく毎日新着案件に提案

・文字単価0.8円を下回らない

・少しでも関心のあるジャンルで執筆

 

Webライターとして月5万円を稼ぐ具体的な手順は、こちらの「ライティングで月5万円稼ぐための手順解説【案件選びの具体例あり】」で詳しく解説しているので参考にしてください。

専業で一気に全リソース投下

感覚値として、月10万円までは作業量で達成できます。

副業で月5万円を稼げたら、そのまま作業量を倍にすれば10万円はクリアできます。

10万円稼げるようになると、自分の書きやすい分野や、得意ジャンル、自分の型がある程度つかめてきます。

 

そうすると後はその型に沿って継続するのみです。1~2年クラウドソーシングで実績を積めば、月収20万円も見えてくるはずです。

 

僕自身、10万円→20万円に上げるまでに参考書を読み漁り、自分のライターとしての立ち位置、ブランディングを意識するようになりました。

そこから収益が爆増したのですが、僕が実際に読んで参考になった書籍をいくつか載せておきます。

 

まとめ:Web関連の仕事では最も難易度が低いです

最後にこの記事のポイントをおさらいしておきます。

・Webライター業で生計を立てることは可能です

・まずはクラウドソーシングで月5万円をつくろう

・固定費を最小にし専業で一点集中突破が有効

 

Webライターという仕事は、数多くあるWeb関連の仕事の中でも最も敷居が低く、高度な技術、スキルが求められるわけでもありません。

Webライターとして稼ぐ上で重要なのは、最低限の日本語力、わかりやすさ、情報の正確性の3点のみです。

 

書籍1冊熟読で十分基礎知識は身につくので、専門書片手にどんどん作業をこなしていってください。

最初の実績づくりとして1年程じっくり取り組むことができれば、工夫次第でいつでも専業ライターになることは可能です(‘◇’)ゞ

 

というわけで今回は未経験からWebライターとして生計を立てるまでの手順についてのお話しでした。

また明日も更新します。ではでは!

 

ブログ
初心者Webライターほど今すぐブログを始めるべき理由【経験談】 こんにちは!Webライターのヤマモトタツヤ(taoblog10)です。 「Webライターがブログを始めるメリットって何だろう?...