ライティング

Webライターで稼げないと悩んでいる人へ【軌道修正の手順解説します】

矢印

こんにちは!
Webライターヤマモトタツヤ(taoblog10)です。

Webライターで稼げないと悩んでいる方、またはWebライターに興味があるけど、稼げないという噂を聞いてためらっている方へ。

 

今回は、Webライター歴3年の僕が、Webライターで安定して稼げない場合の原因を紐解いていきたいと思います。

 

「稼げないWebライターから脱却する手順」を解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

 

本記事の内容

・Webライターで稼げない3大要因とは

・稼げるようになるまでの3つの手順

・「即金性を求めて手あたり次第受注」は遠回り

この記事を書いている僕は、現在Webライター歴3年ほどで、1日2時間の作業で月20万円を安定して稼いでいます。

 

正しい手順を学んで軌道修正することで、これから稼げるライターになることは可能です!

Webライターで安定して稼げない場合の3大要因

得意ジャンルが定まっていない

得意ジャンルが定まっていないと、大きく稼ぐことが難しいです。

「この分野なら私に任せて!」と言えるようなジャンルが一つもないという場合、まずはジャンルを1つ、2つに絞ってその分野の知識を深めるというところから始める必要があります。

なぜなら、Webライティングで大きく稼ぐ上で、記事の専門性の有無というのがとても重要になるからです。

他のサイトをリライトしただけのような記事に、クライアントはわざわざ高い報酬を支払いません。

そこに、自分の体験談、知識等のオリジナルコンテンツが盛り込まれているから、クライアントはライターに高い報酬を支払ってその記事を買い取ります。

 

なので、まずは自分の得意ジャンルを極めましょう。

ジャンルの特化をあまり重要視していないライターさんも多いですが、僕自身はこれで大きく成果と信頼を得ており、ライティングで稼ぐ上での最重要項目だと思っています。

リサーチに膨大な時間がかかっている

いくら文字単価が良くても、情報のリサーチで大幅に時間を消費しているなら、効率的に収益を伸ばすことが難しいです。

Webライティングで稼ぐ上での鉄則その2として、リサーチ時間を最小限にできるように工夫しましょう。

 

ここで必要になるのが、やはり上記の得意ジャンル確立です。

 

僕自身、スポーツ観戦が好きでスポーツメディアでの執筆のみ受注しているのですが、これまで約2.000記事執筆してきたこともあり、リサーチ不要でより専門性の高い記事が書けるようになりました。

リサーチが不要になったことで、純粋な執筆作業に集中することができ、より質の高い記事が書けるという好循環が生まれています。

リサーチがほとんど不要になるぐらい、一つのジャンルの知識を深めて、またその分野での執筆にこだわるというのが、大きく稼ぐ上での最短ルートです。

質の良いクライアントに出会えていない

良心的なクライアントさんと出会えていないというのも大きな要因ではないでしょうか。

何度提出しても細かい修正依頼が続いたり、挙句の果てには支払いを渋られる等ストレスが溜まることも多々ありますよね。

実績が無いうちはある程度忍耐で乗り切る必要がありますが、これが続くと執筆が苦痛になりモチベーションも続きません。

 

なるべく早く、良心的でかつ継続発注してくれるクライアントさんに出会うべく、より多くの案件に応募しましょう。

 

ここでも、ジャンルを絞っているとそれだけで信頼性が保たれるので有利になります。

Webライター初心者さんにありがちな稼げない要因

文字単価が安い

単純に文字単価の低い案件を受注しているというケース。

ライティングに自信が無いという人も、タスク形式の案件を数件こなしたら素早くプロジェクト案件に移行してください。

なぜなら、プロジェクトの場合1記事当たりの単価が高いですし、まとめて10記事、20記事と受注することができます。ライティングスキルは数をこなすことでのみ磨かれます。

 

目安として、文字単価最低0.5円以上、できれば0.8円以上の案件に応募しましょう。

 

僕自身0.8円からスタートし、1.0円→1.5円、1.8円と少しずつ単価を上げてもらっています。

プロフィール欄が魅力的でない

プロフィール欄がスカスカ、またそれを特に気にしていないという人も多いです。

プロフィール欄を充実させることは結構重要です。

なぜなら、単価の高い仕事を発注するクライアントさんほど、各ライターのプロフィールをチェックして採用者を吟味するからです。

 

ここで、自分の得意ジャンルはもちろん、より具体的なワードを盛り込んでしっかりPRしておきましょう。

 

僕の場合、スポーツメディアでの執筆を専門でやっていることと、中でも欧州サッカー、Jリーグに詳しいということ、

「週に5試合観戦する」、「毎日更新も可能」等といったように記載しています。

検索で引っかかってその分野の案件が直接依頼で舞い込んでくることも2ヶ月に1度くらいのペースであります。

そもそもモチベーションが足りていない

Webライティングの難しいところですが、誰も叱咤してくれる人がいないので、自分で尻を叩きながら日々継続していかなければなりません。

そこで重要になるのが、モチベーション維持セルフコントロール能力です。

モチベーションさえ高く保てれば、セルフコントロールは簡単です!

パソコン1つで時間、場所に囚われず、かつ自分のペースで働けるWebライティング。(好物のチョコレートやグミをひたすら食べながら仕事ができるのも最高)

もっと言えば、即金性が高くて、実績に応じて収益も上がっていくというこれ以上ない好条件で仕事ができます。

 

ぜひライターをはじめた当初のわくわく感を思い出しながら取り組んでみてください。

稼げないWebライターから脱却する3つの手順

まずは得意ジャンルを確立させよう

先ほどから何度も話していますが、これにつきます。

収入が伸び悩んでいるという方は、まずはジャンルを絞ってください。そしてそのジャンルを極めてください。

ジャンル選定のコツ等は、【Webライター】特定のジャンルを極めて収益を最大化させようの記事で詳しく解説していますので、参考にしてください。

常に2社以上の受注口を確保

ジャンルを絞ったら、その分野の案件を常に複数抱えている状態をキープしましょう。

そして、毎日その分野の新着案件をチェックするようにしてください。

 

より条件の良さそうな案件が見つかったら、どんどん入れ替えていきましょう。テストライティングも積極的に受けるようにしてください。

 

僕自身、クラウドワークスの検索窓の「サッカー」と打ち込んだページをお気に入り登録して、毎日新着案件をチェックしています。

所要時間はほんの1分程です。

 

ちなみに、サッカー関連の執筆依頼なんてそうありませんが、毎日チェックしていたら文字単価0.8円以上で良さげな案件が月に2,3回出てきます。

ここで今までの実績をアピールして、全力でその案件を勝ち取りに行きます(笑)

じっくり時間をかけて文字単価を上げていこう

あとは、じっくり時間をかけながら文字単価を上げていくだけです。

現在受注中の案件はもちろん、これから応募する案件に対しても意識してください。

受注件数が、10件、20件と増えていくにつれ、高単価の案件を勝ち取れるようになっていきます。ただ、ジャンプアップは期待してはいけません。

 

イメージとしては、数か月かけて0.2円ずつ小刻みに最低単価を上げていく感じです。

 

ちなみに、継続発注を受けている案件で単価アップの交渉をする際の最適なタイミングは…

  • 普段より大き目の仕事をこなした直後
  • 記事の構成等の新しい追加事項に対応して納品した直後

 

このどちらかです。

僕は、この2つのタイミングですかさず単価交渉をします。

継続発注を頂いている時点である程度の信頼関係が生まれているので、大抵の場合成功します。

まとめ:これらの手順を踏めば月20万円は可能です

 

最後に、この記事のポイントをおさらいしておきます。

・稼げないライターを卒業するためにまず自分の専門分野を持とう

・リサーチ時間を無くすことを目標に

・後は質の良いクライアントと出会えるかがカギ

・文字単価は適切なタイミングで地道に上げていこう

これらのポイントを踏まえてじっくり取り組めば、半年以内に月10万円~20万円は達成できると思います。

まずは1年間このあたりを意識しながら取り組んでみてください。

 

継続力に勝るものはなく、あとは適切な手順で、モチベーションを保ちながら実践できればWebライティングでは稼げます。

 

また、現在クラウドワークスランサーズといった大手クラウドソーシングサイトを利用しているという人は、高単価案件が多いサグーワークスのプラチナライターにも挑戦してみてください。

サグーワークスに移行してから月30万円以上稼げるようになったというライターさんが急増しているのでこちらも要チェックです。

プラチナライターテストを受けてみる