ライティング

Webライターの仕事内容をライター歴5年の僕が解説【収入目安は?】

Webライターに興味がある人
Webライターに興味がある人
Webライターってどんな仕事なんだろう?「ライター」って言うくらいだから、初心者には難しいのかな。。具体的な仕事内容が知りたいな。

こういった疑問にお答えします。

本記事でわかること
  • Webライターの仕事内容
  • 未経験からライター案件を受注する方法
  • Webライターの収入目安

✔︎ 本記事の信頼性

この記事を書いている僕は、専業Webライター歴5年ほどです。現在は1日3時間のWeb記事執筆業務で、安定的に月20万円を稼いでいます。

今回は、Webライターの仕事内容について初心者でもわかりやすく解説します(`・ω・´)ゞ

記事後半では、実際にライター案件を受注する方法や、未経験者が受けるべき案件についても紹介します。

今現在、Webライターという働き方に興味がある方はぜひ参考にしてください。

Webライターの仕事内容は3パターンあります

まず、Webライターの仕事内容はざっくり以下3つに分類されます。

  1. 個人ブログ・アフィリエイト記事の執筆
  2. 企業サイト記事の執筆
  3. 取材・イベントレポ記事の執筆

一つずつ解説していきます。

ブログ・アフィリエイト記事の執筆

個人が運営するブログ、アフィリエイトサイトの記事執筆業務です。

数多くあるWebライター案件の中でも、最もメジャーなカテゴリーで、大半の方がここを足がかりにライターデビューしています。

オリジナリティは不要で、基本的にはクライアントの支持に沿って記事作成を行います。

特に、個人が運営するブログ記事の執筆は、比較的難易度が易しく、単価も低いものが多いです。

しかし、自身の体験談や、専門知識が活かせる案件を見つけることができれば、月20万円以上稼ぐことも可能です。

企業サイト記事の執筆

自社商品・サービスをセールスしたい「企業向け」の記事を書きます。

Googleの検索上位に表示させることが目的となるので、ライターには「SEOライティング」のスキルが求められます。

SEOライティングは、書籍から学ぶことができるので、後ほど参考図書を紹介します。

先ほどの、個人のブログ記事執筆に比べて、難易度と単価が数段上がります。

取材・イベントレポ記事

体験取材、インタビューをもとに記事を書きます。取材対象は、人、観光地、イベント様々です。

取材対象の認知度や売上を上げることが第一目的となりますが、ライターの役割は「取材対象者の考えを知ってもらう」ことにあります。

ライター経験ゼロの状態で取材・イベントレポ記事を受注することは困難ですが、将来的に人と関わりながら記事を書いていきたい方は、ここを目標にWebライターを始められても良いかもしれません。

「ブログ記事作成」が第一ステージです

仕事受注はクラウドソーシングから

そんなWebライティングの仕事は、クラウドソーシングから受注します。

クラウドソーシングとは、インターネット上で仕事を受注、発注できるサービスです。

今活躍されているライターさんも、始めはこのクラウドソーシングサイトに登録するところからスタートしています。

というわけで、クラウドソーシングに登録して、募集中のライター求人を実際に見てみましょう。

クラウドソーシングサイトは、以下3社がおすすめです。まずは、これらに無料登録を済ませておきましょう。

簡単なブログ記事案件で実績を積もう

前述のとおり、駆け出しライターさんはまず「ブログ・アフィリエイト記事」の執筆からスタートするのがおすすめです。

クラウドソーシングに登録をしたら、仕事カテゴリから「ライティング・記事作成」を選択して、ライター案件を表示します。

検索窓に、自分の関心のあるジャンルの単語を入力して、案件をチェックしてみましょう。

案件が表示されたら、まず右端に表示されている「文字単価」をチェックします。

この文字単価が、「0,8円以上」の案件に応募していきましょう。

文字単価0,8円を切ると、まとまった金額を稼ぐことがかなり難しくなります。

欲を言えば、上記写真にあるような1円以上の案件に応募したいところですが、まずは0,8円ぐらいの案件で最初の実績を積むのがおすすめです。

補足:Webライターに資格や教材は不要です

ちなみに、「Webライターで稼ぐためには、資格や教材が必要なのかな?」という意見がありますが、正直無くても稼ぐことはできます。

Webライティングに特化した専門書を2、3冊熟読し、「その専門書をロードマップに行動」でOKです。

僕自身、はじめは完全未経験でしたが、専門書を片手にブログ記事の執筆を受け、案件をこなすうちに文章力の基礎などが身につきました。

0,8〜1円前後の案件なら、さほど高いライティングスキルは求められないので、専門書でさくっと文章術の基礎と営業方法を学んで行動してみましょう。

参考図書

  • Webライターの教科書的1冊
  • 文章術の基礎が学べる1冊
  • SEOライティングに特化した1冊

Webライターってどれぐらい稼げるの?

Webライターの文字単価と収入目安

先ほど、ブログ・アフィリエイト記事の執筆でも月20万円は可能と話しましたが、具体的には下記のように文字単価、収入が推移していきます。

ライター歴 文字単価 月収
~3ヶ月  0.5~0.8円 2〜4万円
3ヶ月~半年 0.8~1円 4〜6万円
半年~1年 1円~1.5円 6〜10万円
1年〜 1.5円〜2,5円 10〜20万円
2年〜 2円〜4円  20万円〜

稼働時間にもよっても大きく変動するので、あくまで目安ではありますが上記のようなイメージです。

「文字単価が1円で、稼働時間が週30時間」と仮定した場合、月収10万円前後が目安となります。

ちなみに僕自身は、2年目に文字単価が3円に上がってから、専業で食べていけるようになりました。なお、執筆媒体はブログ、アフィリエイトサイト、企業サイト(SEO)のみです。

ブログとセットで取り組むと月20万円も可能です

最後に、Webライティングにおける「チート行為」を紹介しておきます。

それは、ブログを開設するということです。

正直、個人ブログを持っているか否かで、営業の難易度が全く変わります。

なぜなら、ブログがライティング案件を受注する際の名刺がわりになるからですね。

タツヤ
タツヤ
案件応募時に、ワードプレスの雑記ブログをポートフォリオとして提示するようになってから、高単価案件の受注率が格段に上がりました。

また、ブログとライティングは双方のスキルアップに繋がり相乗効果も抜群なので、ぜひセットで取り組んでみてください。

ワードプレスブログについては、下記記事を見れば30分ほどで開設できるので、参考にしてください。

ブログの始め方マニュアル|WordPress開設手順をていねい解説【初心者向け】 こんなお悩みを解決します。 本記事を読むと、WordPress(ワードプレス)のブログ開設手順がわかります。 ...

まとめ:ブログを「練習帳」にしつつ案件受注しよう

今回は、Webライターの仕事内容や案件受注方法について紹介しました。

「いきなり他人のブログで記事を書くのは不安だなあ…」という方は、ブログを練習帳がわりにしてみてください。

ちなみに、ワードプレスの投稿操作ができると、それだけでWebライターとしての単価が上がることも多いです。

そうした勉強も兼ねて、ぜひブログとライティングをセットで取り組んでみてください。

今回は以上です!

ちなみに、片っ端からクラウドソーシングサイトに登録される方も多いですが、はじめは下記の大手3サイトで問題ありませんよ。