WEBライター

Webライターとして独立する前にやっておくべきこと【経験談】

 

こんにちは、Webライターのヤマモトタツヤ(taoblog10)です。

「Webライターとして独立って現実的に可能なのかな?」

「独立するまでの手順、やっておくべきことが知りたいな」

と考えている方へ。

今回は、Webライターとして独立するまでの手順を経験談を踏まえて解説します。

 

本記事の内容

・Webライターとして独立することは可能?

・Webライターとして独立することのメリット

・独立までの手順解説

 

記事の信頼性として、この記事を書いている僕はWebライター歴4年ほどです。現在は専業ライターとして時給単価5.000円を稼いでいます。

参考:クラウドソーシング続けてたらいつしか時給5.000円になってた話

 

フリーライターとして生計を立てることを目標としているライターさん、もしくは初心者さんは是非参考にしてください。

Webライターとして独立することは現実的に可能?

最終的に「独立」を目指すのは大いにアリ

Webライターという仕事は、実績に応じて収益がどんどん上がっていきます。

最終的な目標として、「独立」を目指して頑張る価値は十分アリです。

 

僕自身、ライティング未経験で、「クラウドソーシング?なにそれ美味しいの?」みたいな状況から、コツコツ継続した結果現在に至ります。

 

どうせ将来性のあるWebライティングを副業からスタートするなら、本業を超える収入を目指して年単位で実績を積んでいくことをおすすめします。

全リソース投下したら月20万円稼げた

僕の場合、副業で月8万円前後の収入が得れた時点で、即専業になって全リソース突っ込みました。

副業の時点だと1日2~3時間しか作業時間をとれませんでしたが、専業なら1日5~6時間とかふつうに作業できるようになるので、単純計算で収入も倍になった感じです。

 

専業になってから、収入を時給ベースで上げていくことを意識し始めたんですが、

受注する案件のジャンルをある程度絞って、なるべく情報リサーチにかかる時間を削ることに集中しました。

 

ジャンルを絞れば絞るほど、特化ライターとしてその分野の仕事を継続して受けやすくなり、それと同時に情報が脳にストックされて、次第にGoogleリサーチが不要になるといった感じですね。

これで大幅に時給単価が上がり、月収だと20万円ぐらいまで上がりました。

 

ちなみに、時給単価はこんな感じで少しずつ上がっていきました。

時給
初月 300~500円
2ヶ月目 500~1,000円
3ヶ月目 1,000~1,500円
6か月目 1,500~2,000円
1年 2,000~3,000円
2年 4,000円~

専業ライターになることのメリット

専業ライターになったことで得られたメリットは計り知れないです。

  • 迷いなくー点集中突破で専念できる
  • クライアントから重宝される
  • 時間的余裕ができ専門ジャンルを確立しやすい
  • 好きな場所、好きな時間、自分のペースで働ける

ざっと挙げてみてもこれだけ出てきます。とくに、上3つの恩恵は計り知れないですね。

専業になる以上、それなりに覚悟が決まってライター業に集中できます。

 

また、長時間作業可能になることで、クライアントから重宝されやすい、提案で受かりやすいといったメリットもあります。

 

さらに、時間的余裕ができることで、雑多に案件をこなしつつこっそり専門ジャンルを極めるなんてこともやりやすいです。

Webライターとして独立する前にやっておくべきこと

副業で月5万円確保【手数で達成できます】

まずは、副業で月5万円稼げるようになってください。

 

最短で月5万円を稼ぐポイントは以下3つです。

・とにかく毎日新着案件に提案

・文字単価0.8円を下回らない

・少しでも関心のあるジャンルで執筆

 

多い人だと、一度の提案で20件、30件とか応募します。どれだけ実績が無くとも、これだけ数を打てば、ほぼ間違いなく1,2件の仕事は引っ張ってこれます。

 

それから、応募する際の注意点として、「文字単価0.8円を下回らないこと」、「少しでも関心のある分野での執筆」の2点も意識してください。

 

最悪なのは、まったく知識がない分野かつ、文字単価0.5円前後で消耗してしまう状況です(+_+)

 

クラウドソーシングサイト上には、0.2円とか0.3円の激安案件が結構あります。

初心者さんの場合、「これは未経験者の私のための案件だ」と思って、そういった案件ばかりに応募してしまうんですよね。

 

ただ、ぶっちゃけ0.8円~1円ぐらいの案件であれば、提案分でしっかりアピールできれば勝ち取れます。応募することはタダなので、どんどん球数を打って提案のスキル、成功体験を積み上げていきましょう。

 

月5万円稼ぐまでの手順は、こちらの「ライティングで月5万円稼ぐための手順解説【案件選びの具体例あり】」の記事でも詳しくまとめていますので、是非参考にしてください。

生活コストを限りなく下げて心理的ゆとり確保

月5万円を確保しつつ、同時進行で少しずつ生活コストを下げていきましょう。

生活コストを下げることで心理的なゆとりが生まれ、目の前の業務に打ち込むことができます。

 

「生活に困らない程度のゆる田舎へ、車を持たずに移住」というのが一番手っ取り早いです。

これに加えて、生活に支障が出ない程度に有料サービスの一括解約、格安SIM乗り換えができれば盤石です。

 

ここで生活コスト月5万円とかにできれば、即独立できますね。

 

ただ、現実的にいきなり生活コスト5万円は難しいと思うので、目安としてこれぐらいを目指したいです。

・家賃5万円
・光熱費1万円
・食費2万円
・通信費5千円
・交通費5千円

このぐらいなら、とりあえず月に10万円稼げれば赤字になることはありませんね。

あとは生活水準を一定に保ちながらライティングを継続出来れば、独立実現はさほど遠い未来ではなくなります。

まとめ:将来的にWebライターで独立は十分可能です

最後にこの記事のポイントをおさらいしておきます。

・Webライターとして独立は十分可能

・まずは副業で月5万円確保

・生活コストを下げれば即独立できます

 

初心者さんや、ライティング未経験からWebライターになった人なんかだと、Webライターの収入だけで生計を立てるイメージが今一つ湧かないかもしれません。

 

とはいえ、ライティングのスキルはもちろん、実績、収入は少しずつ向上していくものなので、まずは数ヶ月Webライターをメインで頑張ってみてください。

 

月5万円は、上記注意点に気を付けて案件受注を繰り返せば案外達成できます。

で、月5万円→10万円にすることはさらに簡単でして、専業で全エネルギーを突っ込めば1、2ヶ月で達成できる範囲だと思います。

 

ただ、月10万円→20万円になると、作業量のみではカバー出来ない領域に入るのですが、このあたりは↓の記事で詳しく解説しています。

3年間専業でWebライターやってみた感想【月20万円迄の道のり】 こんにちは! Webライターのヤマモトタツヤ(taoblog10)です。 「専業Webライターになりたいけど、ライティングだ...

 

というわけで今回は、Webライターとして独立するまでの手順を経験談を踏まえつつ解説しました。

また明日も更新します。ではでは!

 

2019年イチオシのクラウドソーシングサイト