WEBライター

Webライターは独学で稼げる?【文章力より重要な2つのポイント】

 

こんにちは、Webライターのヤマモトタツヤ(taoblog10)です。

「Webライターって独学でも稼げるのかな?」

「適切な独学方法、心構えなんかがあれば知りたいな」

と考えている方へ。

 

今回は、独学でWebライターとして稼ぐ方法、「文章力」以上に意識すべきポイントについて、経験談を踏まえてお話しします。

 

本記事の内容

・Webライターは独学で稼げる?

・オンラインサロンに入るべき?

・独学する際の手順と、ライティングの心がまえ

 

記事の信頼性として、この記事を書いている僕はWebライター歴4年ほどです。現在は専業ライターとして時給単価5.000円を稼いでいます。

参考:クラウドソーシング続けてたらいつしか時給5.000円になってた話

 

Webライターという働き方に興味があるけど、思い切って独学で始めてしまっていいのか迷っている方は是非参考にしてください。

Webライターは独学でも稼げる?

ぶっちゃけ独学だけで稼げます

結論から申しますと、Webライターは独学で稼ぐことができます。

 

Webライターという仕事が世に認知されつつある昨今、Webライティングで稼ぐことに特化した情報商材や、note、オンラインサロンといった有料コンテンツをよく見かけるようになりました。

こういった商品を見ると、「未経験の私は勉強に初期投資しなきゃ!」と思うかもしれません。

 

もちろんその商品の評判が良いのであれば課金は大いにアリだと思いますが、ぶっちゃけ書籍1冊熟読とかでも十分稼げちゃいます。

Webライターに求められるスキルとは?

未経験の場合、文章を書いてお金を稼ぐなんてイメージさえ湧かないかもしれません。

とはいえ、Webライターに求められるのは高度な文章力でも、巧みな表現力でもありません。

 

基本的にWebライティングという仕事は、Googleで上位に表示されているページをリサーチしながら、それらを簡潔にまとめて読者に提示してあげる作業です。

その上で、より専門知識を要する分野は単価が高くなり、そうでなければ低い。ただそれだけです。

 

というわけで求められるのは、必要最低限の日本語力、それからわかりやすさと情報の正確性の2点です。

ここさえクリアできれば月10万円とかは射程圏内です。

 

さらに、独自の体験談や、オリジナルのコンテンツが盛り込めたら、その分野においてクライアントから重宝されるという感じです。

 

なので、ライティングの学習に専念するぐらいなら、ライティングで稼ぐために特定の分野の知識を身に付けることに専念する方が効率よく稼げます(`・ω・´)

では課金するメリットは?

一見クリエイティブな能力が求められるように感じますが、Webライティングは上記の通りまとめ作業のループです。

というわけで、実際に案件を受注してどんどん球数を打っていく人が稼ぐライターになります。

 

経験上、個人でコツコツ継続できる人はそのまま独力で向上しつつ、「自分の型」を作っていくのが手っ取り早いです。

 

一人じゃ心細いという場合は、オンラインサロンに入ると解決します。

同じ目標を持った仲間と共に切磋琢磨できるという点では、課金するメリットは大いにありです。

Webライターの独学方法と心がまえ

専門書籍を1、2冊熟読で十分です

独学するなら、専門書籍熟読が一番です。

 

僕の場合、いきなりクラウドワークスに登録して、運営のマニュアルを頼りに仕事を始めましたが、

専門書を読み始めてから、ライターとしての自分の立ち位置を本格的に意識するようになり、結果収益を伸ばせました。

 

それぞれの用途別で、実際に読んでタメになった書籍をいくつか紹介しておきます。

 

・Webライティングの教科書的1冊(特におすすめ)

 

・「文章力」を養うなら…

 

・SEOライティングの教科書

補足記事:WebライターにSEOの知識は必要?【まずはこの3点だけでOKです】

クライアントからダメ出しされたら…?

書籍で基礎知識を固めたら、あとは実際にクラウドソーシングで仕事受注を繰り返すだけです。

 

そんな中、たくさんのクライアント(発注者)とやり取りをしているとダメ出しを受けることも多々あります。

始めの内は、自分の文章のすべてを否定されたような気持ちになり、一気に自信喪失してしまうんですよね…(+_+)

 

僕自身、何度もクライアントからお叱りを受けたことがあります。

ただ一方で、同じテイストの記事を高く評価してくれるクライアントさんも存在します。

 

何が言いたいかというと、必ずしもそのクライアントからの指摘が「正解」とは限らないということです。

このあたりは発注者との相性や、それぞれの案件の性質の問題もあるので、明確な基準はあって無いようなものです。仮に不本意なジャッジを受けたとしても真に受けすぎない心持ちも大切です。

 

最後は精神論になりますが、何を突っ込まれてもめげない向上心が大切です。文章力や、構成力は、継続次第で自ずと身についていきます。

相性の良いクライアントに巡り合うまで継続

ということで、いかに相性の良いクライアントと出会えるかが鍵となります。

そのためには多くのクライアントと取引する必要があるので、手数が命です(‘◇’)ゞ

 

得意ジャンルを極めて自分の専門分野を確立させると、よりその分野のクライアントから重宝されるようになるので、このあたりも意識してみてください。

参考記事:ライティングの文字単価を最短ルートで2円にする手順解説【経験談】

まとめ:重要なのはわかりやすさと情報の正確性2点です

最後にこの記事のポイントをおさらいしておきます。

・Webライターは独学で十分稼げます

・専門知識は専門書からさくっと養おう

・「わかりやすさ」と「正確性」が最重要

・相性の良いクライアントと出会えるかどうかが鍵

 

はっきり言って、月5万円程度であれば専門書すら不要なレベルです。クライアントからの指示に則って執筆できれば、なんら問題なしです。

 

ただ将来的に、「Webライターとして大きく稼ぎたい」「専業ライターになりたい」という場合は、なるべく早く基礎知識を固めておくに越したことは無いという感じです。

 

専門書片手に、まずはクラウドワークスランサーズといった大手クラウドソーシングサイトを活用しつつ、手始めに3ヶ月ほど続けてみてください(”◇”)ゞ

 

というわけで今回は独学でWebライターとして稼ぐ際の心がまえ、文章力以外に意識すべきポイントについてのお話でした。

また明日も更新します。ではでは!

 

Webライターとして独立する前にやっておくべきこと【経験談】 こんにちは、Webライターのヤマモトタツヤ(taoblog10)です。 「Webライターとして独立って現実的に可能なのかな?」...