WEBライター

Webライター1ヶ月の収入公開【2019年1月】

パソコン

 

こんにちは!
Webライターヤマモトタツヤ(taoblog10)です。

今月もWebライティング獲得報酬額を公開します~!

2019年1月のライティング収入内訳

獲得額

  • スポーツメディアでの継続案件合計:207.360円
  • その他新着案件合計:57,738円

トータル:265,098円

作業時間

2~3時間(無休)

文字単価

1.5円~2円

記事数

約95記事(1.000~2.000文字)

 

スポーツメディアでの執筆は個人依頼での受注なので、支払い分の90%が利益となっています。

ただ、クライアント側の意向によりペイパル決済での取引となっているため、支払い手数料が数千円ばかり差し引かれてしまっています。

 

現在、6つのスポーツメディアで継続依頼を受けていますが、これらは全て3年程継続中の長期案件です。なので基本的に「207.360円」は毎月固定。

 

とはいえ、Webライティングはいかなる状況でも「完全なる安定収入」というものは無く、リスクヘッジとして常に新着案件もちょこちょこ受注しています。

新着案件はクラウドワークスからの受注のため、手数料を引かれた額となっています。

稼働時間と時給単価

稼働時間も変わらず1日2~3時間です。朝起きたらとりあえず2時間ライティングというのを休みなくやっている感じですね。

 

いずれの案件も文字単価は1.5円~2円で、文字数は1.000~2.000文字。

時給単価は4.500円ほどとなります。

参考:クラウドソーシング続けてたらいつしか時給5.000円になってた話

Webライティングには夢がある

好きなジャンルで書かせてもらい、かつアルバイトの5倍ぐらいの時給を頂いていると考えると、「ライターとしてこれだけ恵まれた環境はあるのかな?」と感じる今日この頃です。

クラウドワークスのマニュアルのみを頼りになんとか仕事を受注していた当初は、想像さえできなかったような景色を、今見ることができています。

 

つくづくWebライティングには夢があります。

 

今後も、そんな大好きなWebライティングの魅力、可能性についてこのブログで綴っていきたいと思います。

2月の目標は現状維持

現在の作業形態、ボリュームがしっくりきてるので、来月も現状維持を目指したいです。

残りの可処分時間は、引き続きブログの更新と勉強に充てたいと思います。

当ブログの月間運営報告の方も近日中にアップします。

 

というわけで今回は2019年1月のWebライティング収益公開でした。

また明日も更新します。ではでは!

Webライター業で生計は立てれる?【未経験→4年実践した結果】 こんにちは、Webライターのヤマモトタツヤ(taoblog10)です。 「Webライター業で生計を立てることってできるのかな?...