WEBライター

Webライター初心者がまず登録すべきクラウドソーシングサイト5選

こんにちは!
Webライターヤマモトタツヤ(taoblog10)です。

 

かれこれ3年ほどWebライティングで生計を立てていますが、WEBライターとして大きく稼ぐ上でとても大切だと感じていることがあります。

それは、ジャンルを1、2つに絞って、得意分野を確立させるということです。

ジャンルを絞る必要性については↓の記事でも詳しく解説しています。

【Webライター】特定のジャンルを極めて収益を最大化させようこんにちは! Webライターヤマモトタツヤ(taoblog10)です。 今回は、Webライティングで大きく稼ぐ上でとても重要なジ...

さて、そこで重要になってくるのが、クラウドソーシングサイトの併用です。

ジャンルを絞れば、言うまでもなく選べる案件数が限られますよね。そこで、よりたくさんの求人の中から案件選びをする必要があります。

今回は、ライター初心者が最初に登録しておくべきクラウドソーシングサイトを5つ紹介します。

これからWebライターデビューされる方、またライティングでもっと稼ぎたい!という方は是非参考にしてください。

ライターにおすすめのクラウドソーシングサイト5選

クラウドワークス



僕自身メインで使っているサイトです。

利用者数約150万人と最大手のサイトですが、とにかくWebライティングの仕事が多いのが特徴。

クラウドソーシングサイトというのは、ワーカーが得た成果から手数料を得ることで成り立っているのですが、クラウドワークスの場合、獲得する成果に応じて手数料がどんどん少なくなっていきます。

基本的にはこのサイトをメインに実績を積み上げていくと良いと思います。

機能面も使いやすいのでおすすめです◎

クラウドワークスの案件をチェック

ランサーズ

クラウドソーシング「ランサーズ」
クラウドワークスに並ぶ大手サイトです。

ライティング案件も多く、手数料もクラウドワークスと同様に獲得報酬に合わせて減少していく仕組みを導入しています。

ランサーズ、クラウドワークスのどちらかをメインに使ってもいいですし、併用して活用するのも良いと思います。

僕の場合、両方のサイトに登録して、毎日更新される新着案件をチェックして手あたり次第受注していました。

ランサーズの案件をチェック

サグーワークス



 ライティング案件がメインのクラウドソーシングサイトです。上記2つのサイトと合わせて登録しておきたいサイトとなります。

サグーワークスの魅力は、なんといっても「プラチナライター」という制度。

WEB上で受けられるプラチナライターテストに合格すると、最低1文字1円以上のお仕事が受けられるようになります。

また、クラウドワークスとランサーズはそれぞれ同一の案件が多い印象ですが、サグーワークスにはまた違った層の発注者が登録しているので、こちらでもしっかり案件チェックしておきたいです。

サグーワークスの案件をチェック

クラウディア

 

こちらは、上記3サイトに比べて案件数が少ないのですが、手数料が安いという特徴があります。

5万円以下の仕事には、通常20%の手数料がかかりますが、クラウディアの場合15%しかかかりません。

わずか5%ですが、受取り分を合算したときにこれが意外と大きな差になるんですよね。

案件数は多くないのでメインで使用することはお勧めしませんが、「第3のサイト」として併用するには適しています。

クラウディアの案件をチェック

Bizseek



Bizseek(ビズシーク)も、クラウディア同様手数料が少ないのが特徴です。

上記4サイトに登録しておけば十分ですが、念を押してより多くの案件数をチェックしておきたいという方はぜひ登録しておいてください。

Bizseekの案件をチェック

一番効率的な利用方法は?

以上、ライターにおすすめのクラウドソーシングサイト5選でした!

一番効率的な利用方法としては、大手サイトのクラウドワークスとランサーズの両方で毎日案件をチェックしつつ、サグーワークスのプラチナライターも目指すというのが良いと思います。

より多くの案件をチェックしたい場合は、ぜひ手数料の安いクラウディアとBizseekにも目を通しておいてください。

ライティングのおすすめ本紹介【用途別Webライター必読書9選】こんにちは、Webライターのヤマモトタツヤ(taoblog10)です。 今回は、専業Webライター歴4年の僕が実際に読んで良書だと...