THE ERGORISM PROレビュー|CASEFINITEから機能性とシンプルデザインを継承したワークチェアが登場!

快適なデスクワークに欠かせないアイテムの一つが、「椅子」ですよね。

でも高性能なOAチェアってさも当然のように10万円超えてくるし、高機能であればあるほど届いてから自分で組み立てるのが一苦労だったり…

漠然とワークチェアの導入を検討中だけど、いざ購入!となると二の足を踏んでいるといった方も多いんじゃないでしょうか(実は僕もそうでした)。

今回は、そんなワーカーさんにぜひおすすめしたい「THE ERGORISM PRO」という新作チェアの紹介です。

当ブログでも何度も紹介しているミニマルなスマホケースでお馴染みのCASEFINITEが展開する、インテリアの新ブランド「Ergofinite」。今回ローンチアイテムとして販売開始されたこちらのワークチェア。

CASEFINITEのコンセプトである「機能性とシンプルデザイン」をしっかり継承しつつ、アンダー10万円、かつ完成品で届くため組み立て要らず(配送料もタダ!)。

ぜひ一度座ってみたいなーと思っていたところ、ありがたいことにCASEFINITEさんよりお声かけいただき1ヶ月間お試しさせてもらうことに。実際に作業椅子として使ってみた感想をじっくりレポートしていきます。

本記事はErgofinite様より商品をご貸与いただき作成しています。

目次

THE ERGORISM PROの外観と特徴

”ミニマルデザインと機能性の両立”をコンセプトに「Ergofinite」から発売されたオフィスチェア「THE ERGORISM PRO」。詳細なスペックは↓になります。

  • カラー:クラシックブラック/グレーホワイト
  • ランバーサポート:あり、スイング機能付き
  • ヘッドレスト:3Dヘッドレスト
  • アームレスト:4Dアームレスト
  • 背面高さ調節:あり
  • 座面奥行調節:あり
  • 静音PUホイール:あり
  • リクライニング調整:133度まで、4段階
  • 重量:20kg
  • 耐荷重:122 kg
  • 定価:98,999円(税込)

カラーは「クラシックブラック」「グレーホワイト」の2色展開。黒一色しか選べないものが多い中、白黒選べるのは嬉しいですね。ちなみに今回はグレーホワイトを送っていただきました。

クラシックブラック
グレーホワイト

Ergofiniteのロゴが入った巨大な段ボールに入って到着。

THE ERGORISM PROは完成品の状態で届くため、組み立ての手間がありません。これが本当にありがたい・・。

開封すると、こんな感じで椅子本体だけすっぽり入ってます。梱包材など一切ないので後片付けも楽ちん。

ヘッドレストのみ別パーツになってるので、付属の説明書を見ながら自分で取り付けます。2〜3分でサクッと設置できました。

こちらがTHE ERGORISM PRO本体外観。機能性とスマートさを極めたようなスタイリッシュなフォルムがたまらないですね…。

ヘッドレスト含め背面はすべてメッシュ加工。通気性抜群なので夏場でも蒸れの心配なく使用できます。

座面部分は厚手のクッション素材を採用。

ほどよくカーブした形状も相まって体重を分散してくれるのでお尻が痛くなりませんし、長く使ってもへたりにくそう。個人的にオカムラシルフィーとかなり近い座り心地に感じました。

高さ昇降は、力の要らないガス圧昇降式。

土台周りも重い印象を与えないスッキリとしたデザインで、書斎やオフィスなどスペースが限られる空間との相性も良さそう。

キャスターはウレタン素材の5本脚。座ったままでも滑らかに移動でき、床を傷める心配なく気軽に扱えるのがいいですね。

1ヶ月ほど作業椅子として使ってみて

独立式のランバーサポートが負荷を分散

「長時間 同じ体勢で座る」ことを想定し、人間工学に基づいて設計されたTHE ERGORISM PRO。腰を支えるランバーサポートは、背もたれから完全に独立した構造になっています。

奥行きと角度を細かく調整でき、深く腰掛けた時に自分の背骨のS字カーブにピッタリフィットする位置に固定できます。背中の凹凸にそって常に正しい姿勢をキープできるのが嬉しいところ。

坐骨神経痛持ちの筆者はこのランバーサポートを最大まで跳ね返らせてますが、背中から腰にかけてグイっと前に押し出される感覚がとにかく心地いいんですよね。長時間座りっぱなしでデスクワークしたあとも腰周りの負担がぐっと減った気がします。

前傾姿勢をラクにする座面可動

高さ調整だけでなく、前後に座面を位置調整できるのもTHE ERGORISM PROの特徴。左側のレバーを上げながら座面をスライドさせることで、無段階で奥行き調整ができます。

集中しているときは無意識に体が前のめりになるので、座面を前にスライドできるのはかなり気に入ってるポイント。僕みたいにゲームとかPC作業で集中してるときに前傾姿勢になりがちな人は、きっと気に入る設計だと思います。

また、座面は適度な硬さのあるクッションなので、前傾姿勢時に太ももが沈みすぎて痛くなったり、圧迫して血流を妨げるようなことも今のところありません。

背もたれのスイング機能が快適

THE ERGORISM PRO独自の機能として、バックレスト(背もたれ)が左右に可動する”スイング機能”を搭載しています。

背もたれが動くってどういうこと?って感じだと思いますが、腰掛けながら左右に重心をかけるとこんな感じでぐにゃっと傾くんですよ。

上半身の動きに合わせて左右に30度傾く背もたれ

体の動きに連動して動くので、座りながらちょっとした伸びができたり、下に落ちたものを拾えたり、これが思いのほか便利なんですよね。上半身に完全フィットするので、まるで身体と一体化したような他のチェアにない不思議な感覚が味わえます。

もしイマイチ体に合わないなーと感じたら、左側後ろのレバーを下げることで固定もできます。

もちろんリクライニング機能をそなえ、4段階で133度まで好みに合わせて調整可能です。

背中の凝りを和らげる3Dヘッドレスト

「角度」「高さ」に加えて、「前後方向」にも調整が効く3Dヘッドレストを搭載するTHE ERGORISM PRO。

根本(135)と先端(110°)の2か所でヒンジ調整ができるので、自分の頭の位置にジャストフィットする位置に固定できます。

背中の凝りとストレートネックのせいでひどい時だと1時間も座っていられなかった筆者ですが、頭の重さが分散されるためか肩周りがグッと楽になった実感があります。あまり人間工学的なところはよくわからないんですが、知らず知らずに身体にかかっていた圧を分散させてくれてるのかも。

自在に動く”4D”アームレスト

THE ERGORISM PROのアームレスト(肘掛け)は4D。
一般的な前後・左右・上下の位置調整にくわえて、30度の角度調整にも対応。こんな感じでハの字にすることもできます。

この角度調整のおかげで、タイピングや読書するときに肘を自然な位置で支えられるのがホントに快適。腕の重さを分散できれば、当然背中や腰の負担も一気に減りますからね。

アームレスト下のレバーを上げることで高さ調整も簡単にできます。可動もとてもスムーズ。

THE ERGORISM PROレビュー|まとめ

以上、Ergofiniteのワークチェア「THE ERGORISM PRO」のレビューでした。

良いところ
残念なところ
  • 価格10万きった高級OAチェア
  • 組み立て要らず
  • 独立式のランバーサポート
  • 背もたれのスイング機能が便利
  • 場所を選ばないスタイリッシュな外観
  • 座面はメッシュじゃないから通気性は今ひとつ

高級OAチェアに求められる機能がフル装備でありながら、価格は10万円以下とCASEFINITEの本気のチェア。

30日間の返品・返金期間もあるので、在宅勤務の環境をアップデートしたい方、10万円以下でハイエンドクラスのワークチェアを探している方はぜひこの機会にTHE ERGORISM PROを検討してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ガジェットをこよなく愛する奈良県在住のフリーライター。Yahoo! JAPAN、ライフハッカー[日本版]などで執筆中。ブログでは、心を揺さぶられたプロダクトや愛用ガジェットのレビューを中心に週2回ゆるーく更新しています。

Message

コメントする

目次