【TaoTronics TT-SK025レビュー】スリムでパワフルなBluetoothミニサウンドバー【有線接続対応】

どうも、作業時はBGMが欠かせないtatu( @taoblog10)です。

自宅での作業時間が増えた最近は、PCで好きな音楽を流しつつ作業をするのが日課になっています。

とはいえ、パソコン本体に内蔵されているスピーカーの音質ってあんまり良くないんですよね。音に特化した機器ではないので当然といえば当然です。

パソコンやテレビで音楽、動画を流す際に、普段より少し良い音で楽しみたい方におすすめなのが、バータイプのミニサウンドバーです。

中でも、音質・サイズ・コストどれをとっても他社製品と一線を画するのがTaoTronicsタオトロニクスの「TT-SK025」。

コンパクトながら10Wと高出力を備えた、Bluetooth & AUX接続対応のミニサウンドバーです。

PCやTVのどこか物足りないサウンドを、一気に臨場感あふれる音に変えてくれるTaoTronics TT-SK025。

tatu

4千円台とコスパも抜群!

 

というわけで本記事は、【TaoTronics TT-SK025レビュー】スリムでパワフルなBluetoothミニサウンドバー【有線接続対応】について書いていきます。

TaoTronics TT-SK025の概要と外観

TaoTronics TT-SK025」は、有線接続にも対応したBluetooth対応ミニサウンドバーです。

アメリカで創業した「TaoTronics」は、オーディオ機器を中心に幅広くガジェット製品を販売する人気メーカーです。

サイズは幅41高さ5.5奥行6.7cmとなっており、10Wクラスのサウンドバーとしては群を抜いてコンパクト設計です。

tatu

500mlペットボトル2本分!

 

横幅は13インチのMacBookと比べてもやや大きい程度で、一般的な20インチ前後のモニターに収まるサイズ感となっています。

重さはわずか659g。1kgに満たない軽量設計となっています。

そんなTaoTronics TT-SK025は、フロント全面がスピーカーとなっています。
5W出力のフルレンジスピーカーが2基搭載されていて、合計10Wの高出力が可能。

Bluetooth5,0の無線接続に加えて有線の音声入力対応ということで、電源アダプタ差込口の下にはAUXのポートを備えています。

MEMO
有線接続で使用する場合は、AUXポートに付属のAUXケーブルを接続します。

背面両端には壁掛け用の穴もついてます。

各種ボタンは右側面に集約されおり、操作もシンプルです。

ボタン操作一覧
  • 電源オン/オフ:ビープ音が鳴るまで電源ボタン長押し
  • 音量アップ:ボリューム+ボタン
  • 音量ダウン:ボリュームーボタン
  • 次の曲:Bluetoothモードでボリューム+ボタン長押し
  • 前の曲:Bluetoothモードでボリュームーボタン長押し
  • Bluetooth/AUXモード切替:モードボタン
  • 再生/一時停止:再生/一時停止ボタン
  • ミュート(AUXモードのみ):再生/一時停止ボタン

TaoTronics TT-SK025を3ヶ月間使ってみた感想

パソコンとスマホでの無線接続をメインに、3ヶ月間TaoTronics TT-SK025を使ってみました。

10W高出力のフルレンジスピーカーということで、とにかく音がパワフルで、低域の臨場感が抜群です。ロックやEDMなど低域メインの音源は特に没入感に浸れます。

価格4千円台とサウンドバーとしては飛び抜けて安価ではありますが、想像以上に力強い音が鳴るので驚きました。高域の伸びも良く、女性ボーカルの声は特に心地よく響きます。この音に慣れてしまうと、もうMacBookの内蔵スピーカーには戻れないです( ̄◇ ̄;)

普段はBluetooth接続で使用していますが、AUXの有線接続でも試してみたところ音質に差はありませんでした。有線、無線どちらでも使えるので汎用性も◎

また、横幅約40㎝とコンパクトなので、デスクの上においても場所を取らないのも嬉しいポイントです。

唯一、起動音とBluetooth接続時の接続音が大きい点が気になりますが、このあたりは後継機で調整されると嬉しいですね。

TT-SK025の音質評価
解像度
(4.0)
音幅
(3.5)
高域
(4.0)
中域
(3.5)
低域
(4.5)
総合評価
(4.0)

TaoTronics TT-SK025のペアリング方法

TaoTronics TT-SK025のペアリング手順はシンプルです。

STEP1
ペアリングモード
Bluetoothボタンを長押しするとLEDが点滅しペアリングモードに入ります。
STEP2
デバイスの接続設定
続いて、端末のBluetooth設定をオンにします。「TaoTronics TT-SK025」が表示されたら選択。
STEP3
ペアリング完了
ステータスが「接続済み」に変わったら、接続完了です。

tatu

一度ペアリングした機器は、次回から自動接続されます!

TaoTronics TT-SK025レビュー:まとめ

今回は、【TaoTronics TT-SK025レビュー】スリムでパワフルなBluetoothミニサウンドバー【有線接続対応】についてご紹介しました。

音質・サイズ・コストどれをとっても他社製品と一線を画する「TaoTronics TT-SK025」。

コンパクトながら、10Wと高出力を備えたBluetooth & AUX接続対応のミニサウンドバーとなっています。

tatu

予算5千円で高音質スピーカーをお探しの方におすすめです!

どうも、tatu( @taoblog10)でした。

【2020年版】コスパ最強のおすすめ完全ワイヤレスイヤホン12選【1万円以下】 2万円以内で買えるおすすめワイヤレスイヤホン10選!【30台買い漁ったコレクターが厳選】
Amazonでお得に購入する方法
Amazonで買い物するなら、Amazonギフト券の購入をおすすめします。

Amazonに現金チャージするたびに、最大で2.5%分のポイントが貰えます。


Amazonプライム会員ならやらなきゃ損ですよ!

tatu


初回1,000円還元キャンペーンはこちら