【TaoTronics SoundLiberty 77レビュー】接続の安定性に特化された完全ワイヤレスイヤホン【IPX7搭載】

どうも、イヤホンコレクターのtatu( @taoblog10)です。

完全ワイヤレスイヤホンの永遠の課題「接続の安定性」

一般的なBluetoothブルートゥース接続のワイヤレスイヤホンは、イヤホン本体の左右どちらかが親機、片方が子機として音が伝達されます。

そのため、左右間で伝送される際に音切れを起こしたり、接続が不安定になることが多々あります。

そんな中、独自の接続テクノロジーで「左右同時伝送」を実現したのが、TaoTronicsタオトロ二クスの「SoundLiberty 77」。

接続の安定性に特化しつつも、高音質コーディックAACに対応した完全ワイヤレスイヤホン。

今回は、そんなTaoTronics SoundLiberty 77を徹底レビューしていきます!

tatu

完全防水使用でお値段7千円以下!あとは音質が気になるところ…
ご提供品
本記事はTaoTronics様より商品のご提供を頂き作成しています。

SoundLiberty 77の外観とパッケージ内容

TaoTronics SoundLiberty 77」は、防水規格「IPX7」対応の完全ワイヤレスイヤホンです。

防水規格IPX7とは
「一時的に一定水深の条件に水没しても内部に浸水しない」という定義の、強度の高い防水性能です。

tatu

雨天時や、汗が気になる運動時も安心して使えます!

カラーはブラック一色となっています。
イヤホン本体はマットな質感ですが、ツルツルしていて手垢がつきにくいのが◎

イヤホン本体の重さは両方合わせてわずか10g。数あるワイヤレスイヤホンの中でもかなり軽量な部類です。

使用時以外は、バッテリー内蔵の収納ケースにセットしておきます。

ケースサイズは73 x 34 x 27mmとなかなかの小型設計。AirPods Proと同じくらいのサイズ感です。

本体を含めたケースの重量は、たったの44g。
軽量でお馴染みのAirPods Proより、さらに10g以上軽量設計となっています。

充電は、背面のMicro USBポートから行います。Apple製品と親和性の高いUSB-C端子でないのがやや残念ポイント。

そんなSoundLiberty 77は、イヤホン単体で5時間となかなかのロングバッテリー設計となっています。

tatu

ケース併用なら20時間連続再生できるよ!

バッテリー残量は、正面の4段階のLEDランプで常時確認できます。

  • LED1つ点滅:5%未満
  • LED1つ点灯:5〜25%
  • LED2つ点灯:26〜50%
  • LED3つ点灯:51〜75%
  • LED4つ点灯:76〜100%

SoundLiberty 77のパッケージ内容は以下のとおりです。

  • SoundLiberty 77本体
  • バッテリーケース
  • 充電用Micro USBケーブル
  • イヤーピース×3ペア
  • 説明書類

イヤーピースは、Mサイズのピースが本体装着済みで、お好みでSサイズ、Lサイズに付け替えることができます。

SoundLiberty 77の音質と操作性

まず、接続の安定性についてですが、左右同時伝送というだけあり人混みでも音切れがほとんどありません。

ただ、iPhoneとAirPods ProのAppleコンビよりも安定性に優れているかというと、正直そこまでの衝撃はありませんでした。とはいえ価格帯を考慮すれば、かなり安定している部類です。

続いて音質について。

圧倒的な粒度感や臨場感があるわけではありませんが、全体的にクリアで、特に高音のキレが印象的。

バイオリンなど、高音の弦楽器の音がかなり綺麗になります。

一方、低域の音圧は弱く、いわゆる「ドンシャリ感」は控えめ。とはいえのっぺりしているわけではなく、ロックなどのベース音はくっきりなるのでポップスメインでも楽しめます。

また、高音質圧縮方式「SBC」「AAC」に対応しているので、スマホのサブスクリプションもしっかり高音質に補正してくれるのが嬉しいポイント。

そんなSoundLiberty 77は、イヤホン本体のタッチセンサーで再生、停止、音量調整、曲送りなどほぼ全ての操作が完結します。

ボタン操作一覧

  • (右/左)2回タッチ:再生/一時停止/終話
  • (右/左)1回タッチ:受話
  • 右1回タッチ:音量アップ
  • 左1回タッチ:音量ダウン
  • 右3回タッチ:曲送り
  • 左3回タッチ:曲戻し
  • (右/左)3回タッチ:リダイヤル
  • (右/左)2秒長押し:音声操作起動(Siri/Googleアシスタント)/着信拒否
TaoTronics SoundLiberty 77の音質評価
解像度
(4.0)
音幅
(4.0)
高域
(4.5)
中域
(4.0)
低域
(3.0)
総合評価
(4.0)

SoundLiberty 77のペアリング方法

SoundLiberty 77はペアリングがとってもシンプルです。

ケースからイヤホン本体を取り出すと、LEDが点滅し自動的にペアリングモードに入ります。

続いて、端末のBluetooth設定をオンにします。「TaoTronics SoundLiberty 77」が表示されたら選択。

ステータスが「接続済み」に変わったら、接続完了です。
一度ペアリングした機器は、次回から自動的に接続されます。

TaoTronics SoundLiberty 77レビュー:まとめ

今回は、【TaoTronics SoundLiberty 77レビュー】接続の安定性に特化された完全ワイヤレスイヤホン【IPX7搭載】についてのご紹介でした。

SoundLiberty 77は、アンダー1万円ながら左右同時伝送設計で、防水規格「IPX7」対応の完全ワイヤレスイヤホンです。

これだけ機能てんこもりで、7,000円以下という低価格を実現したTaoTronics SoundLiberty 77

tatu

アンダー1万円で接続安定性の高いBluetoothイヤホンをお探しの方にオススメです!

どうも、tatu( @taoblog10)でした。

【2020年版】コスパ最強のおすすめ完全ワイヤレスイヤホン12選【1万円以下】 2万円以内で買えるおすすめワイヤレスイヤホン8選!【30台買い漁ったコレクターが厳選】
Amazonでお得に購入する方法
Amazonで買い物するなら、Amazonギフト券の購入をおすすめします。

Amazonに現金チャージするたびに、最大で2.5%分のポイントが貰えます。


Amazonプライム会員ならやらなきゃ損ですよ!

tatu


初回1,000円還元キャンペーンはこちら