フリーランス

【好きなことで生きていく】を最も手堅く実現させる方法を無職が解説

 

こんにちは!
無職歴6年のヤマモトタツヤ(taoblog10)です。

好きなことだけして生きていきたいけど、現実そんなに甘くないよな…

でも仮に挑戦するとしたら、どんな手順を踏むのが堅実かな?

と考えている方へ。

 

今回は、「スキル0の無職」ながらも好きなことだけして生活してる僕が、

最も手堅く「好きなことで生きていく」を実現させる方法について解説します。

一つの選択肢として参考にしてもらえれば幸いです!

 

本記事の内容

・昨今「好きなことで生きていく」の敷居は驚くほど下がってます

・最も手堅く実現させるならこのルート【副業からでも可】

 

この記事を書いている僕は、21歳で会社を辞めて以来6年間、毎日好きなこと、興味のあることだけして悠々自適に生活してます。

スキル0でも「好きなことで生きていく」は可能

「好きなことだけで生きる」の難易度が下がった昨今

この記事を読んでいるあなたは、少なくともスマートフォン、パソコンのどちらかを保有していますよね。

 

人々が当たり前のようにネットの情報を閲覧できるようになった昨今ですが、

その流れに伴って「好きなことだけで生きている人」は急激に増えています。

 

なぜなら、ネット環境とほんの少しの知識さえあれば、WEBからお仕事を受注したり、ブログという形で自分の発信媒体を作ることができるようになったからです。

スキル0でも悠々自適に暮らしてます

僕自身、完全なスキル0の状態から、インターネットを活用して悠々自適に生活しています。

 

とはいえ、編集力、企画力を要するYouTubeでの発信や、株やFXといったネットビジネス等、とりわけ難しいことにチャレンジしているわけではありません。

人に自慢できるような能力はこれといって持ち合わせていません。

 

次の章から、そんな僕が現在の生活を手に入れるまでにやってきた手順について解説していきます。

最も手堅く「好き」を仕事にする手順【いたってシンプル】

まずは生活コストを最小にして心理的ゆとりを確保

手始めに、月の生活コストを最小にします。

例えば、スマホを格安SIMに変えて月の通信費を1.000円程にしたり、月額制の有料サービスに加入しているなら解約。

可能であれば、毎月維持費がかかる車なんかも手放します。

 

まず、月の生活コストを10万円以下にして、「とりあえず10万円稼げれば死なない」という心理的なセーフティーネットを作っておきましょう。

 

僕自身、会社を辞めて以降月の生活コストが10万円以下になるよう、田舎に引っ越ししたりいろいろ工夫しました。

「好きなこと」で記事を書いて月10万円稼ごう

さて、ここからが本題といっても良いですね。

心理的なゆとりを作れたら、早速「好きなこと」を武器に仕事を引っ張ってきます。

 

その方法はズバリ、

「クラウドソーシングサイトからWebライティングのお仕事を受注する」ということになります。

 

クラウドソーシングサイトとは…?

ネット上で仕事を発注したり受注したりできるサイトです。簡単に言うと、発注者と受注者を結びつけてくれるマッチングサイトです。登録は完全無料。

 

最近では副業の主流になりつつあるクラウドソーシングサイトですが、ここにはあらゆるジャンルの「WEBに掲載される記事の執筆」のお仕事が募集されています。

僕自身、クラウドワークスというサイトから大好きなサッカーに関するライティングの仕事を受注しています。

 

これまで、欧州サッカー、ワールドカップ、日本代表等に関するトピックを題材に、2.000記事以上書いてきましたが、現在は時給換算すると約5.000円ほどで仕事ができています。

 

クラウドソーシングサイトに登録したら、まずは自分が関心のあるジャンルの案件に手あたり次第応募していきましょう。

案件選びの具体例はこんな感じです。

  • 美容好き→コスメ、ダイエット、脱毛…
  • ファッション好き→ファッション関連
  • 育児中→子育てネタ
  • ゲーム好き→アプリゲーム、PS4、任天堂、スマブラ…
  • スポーツ好き→サッカー、テニス、野球、ゴルフ…
  • 旅行好き→旅ネタ、地域ネタ
  • ドラマ好き→ドラマネタ、エンタメ
  • 音楽好き→アーティストネタ
  • 一人暮らし中→一人暮らしネタ
  • ガジェット好き→スマホ、パソコン…
  • 読書好き→漫画、小説、書評

 

これらすべて、現時点でクラウドソーシングサイトにてお仕事が存在するジャンルです。

「実際に体験したことがあるジャンル」なんかもいいですね。

 

月10万円であれば、目安として1日3~4時間ほどの作業量を数か月継続出来れば十分達成できる範囲です。

 

とはいえ、全くの未経験の方は、ネットで記事を書いてお金を稼ぐなんてイメージが湧きませんよね。僕自身最初はそうでした(+_+)

 

そういった方は、こちらの「Webライターの仕事内容をわかりやすく解説【未経験から月5万円は可能?】」を参考にしてみてください。

ライターとしての体験談をブログで発信しよう

このように、ある種「間接的」ではありながらも、好きなことを絡めて堅実に収益を得ることはわりと簡単にできる時代です。

 

Webライターとして月5万円でも10万円でも稼げるようになったら、いよいよライティングというお仕事そのものに魅力を感じ始めます。

 

そうなったら、自分のブログを立ち上げてその魅力、体験談を発信していきましょう。

 

ブログで自分のオリジナル記事を書くことで、そのブログ自体がライターとしてのポートフォリオになります。

 

Twitterと連携させながら発信することで、ブログ経由で直接高単価のライティングのお仕事が舞い込んでくるということもあります。

 

さらに将来的には、ブログで自分のライティングの成功体験を発信しながら、広告収入を得るという道も開けてきます(僕自身現在ここを試してます)。

 

「好きなことで記事を書きつつ、自分のメディアでライティングや、好きな分野の情報を発信し、それぞれで月10万円以上を確保する」

という形態が整ったら最高ですね。

まとめ:生活そのものが「好きなこと」に

最後に、この記事のポイントをおさらいしておきます。

 

・好きなことで生きていくなら生活費を最小に!

・まず好きなことで記事を書いて10万円稼いでみる

・稼げたらブログで情報発信

 

好きな場所で、好きな時間に、好きなことで記事を書いて生活できたら最高じゃないですか。

またその生活そのものをコンテンツにしてしまえば、さらに情報発信の幅も広がっていきますね。

 

ネット環境さえあれば気軽に始められるので、まずは1~2ヶ月ほど取り組んでみてください。

 

気になる方は、大手クラウドソーシングサイトに登録してみて、実際に募集案件をチェックしてみてください!

 

おすすめのクラウドソーシングサイト3選

クラウドワークス:ライティング案件が豊富な最大手サイト

ランサーズ:↑と同様最大手サイト

クラウドテック:上記2つに続いておススメ

関連記事:Webライター歴3年がおすすめ本厳選!【大事なのはこの4冊だけ】