ミニマリスト

狭い部屋へ引っ越します【不要になった空間の断捨離】

 

こんにちは、Webライターのヤマモトタツヤ(taoblog10)です。

 

当ブログの立ち上げをきっかけに、本格的にミニマリストを目指しはじめて早5ヶ月。

所有物が必要最小限になり、現在の住まいだと空間を持て余すようになったので、「部屋のダウンサイジング」を決意しました。

【狭い部屋へ引越し】きっかけはブログ開設

きっかけは、当ブログの開設。ブログ記事の投稿に専念するために「集中できる空間」を作り始めます。

 

手始めに、部屋にある誘惑になりうる物(テレビ、ゲーム、漫画など)を徹底的に手放しました。

参考記事:【断捨離記録】最近手放したものまとめ【テレビ、デュアルモニタなど】

 

これを皮切りに、衣類、本、ガジェット、家具などあらゆる物を断捨離。

約半年間、フリマアプリのメルカリを駆使しながら物を手放し続けた結果、↓の写真のような感じになりました。

ラスボスの巨大な姿見も地元のリサイクルショップにて無料で引き取ってもらい、最終的に机、椅子、マットレスの3点だけが残りました。

 

ふと、「高い賃料を払って必要以上に広い部屋に住み続けるの、勿体ないな」と思い、部屋のダウンサイジングを決行した次第です。

家賃も大幅にダウン→差額分は自己投資へ

懸念していた個人事業主としての審査は、連帯保証人と保証会社の二刀流で強行突破。
無事、5月からの入居が決定しました。

物件の間取りは18㎡の6畳ワンルーム。家賃は3.6万円と格安です。

 

駅近で、スーパー、コンビニ、学校、銭湯、フリーWi-Fiが使えるマクドナルドなどが徒歩圏内にあり、立地条件も申し分なし。

不動産屋曰く、「収納とバスタブが無いから家賃が安い」とのことでしたが…。

収納に関してはキッチン下の収納で十分事足りるのと、バスタブは普段から使わないし、シャワールームがあるなら問題無しってことで即決。

 

ちなみに現在の家賃が5.6万円なので、ちょうど2万円分浮くことになります。

この差額がまるまる勉強代に充てられると思うとワクワクしますし、結果的に断捨離を極めてよかったです(^^ゞ

ミニマリストになると「挑戦のハードル」が下がる?

先日の記事でもお話ししましたが、新しい物事にチャンレンジする際、ミニマリストになると成功へのハードルが一気に下がるのではと思っています。

不要物の断捨離で勉強代などの初期費用を調達できますし、何より生活コストを下げることで精神的なゆとりが生まれ、作業に打ち込むことができます。

 

僕自身、5年前に専業ライターを目指した際も固定費を限りなく下げました。

結果、月8万円稼げれば独立可能な状況になり、わずか二か月で専業ライターになることができました。

参考記事:ミニマリストになれば『チャレンジ』がヌルゲーになるという話」

何らかの挑戦を始める際は、ミニマリズムを生活に取り入れて、真っ先に成功へのハードルを下げることをおすすめします。

 

というわけで、今回は個人的な近況報告でした!

 

ちなみに今回の断捨離はミニマリストしぶさんの著書「手ぶらで生きる。」を参考にしました。
「断捨離の指南書」としておすすめしたい一冊です。

独立したいけどお金もスキルも無いという人へ【手堅く独立する手順解説】こんにちは、Webライターのヤマモトタツヤ(taoblog10)です。 「独立したいけど、お金もスキルもない」 「とにかく脱サラ...