フリーランス

リモートワークでやる気がでないときの解決法【フルリモート歴5年が語る】

「リモートワークやってるけど、一人じゃ全然やる気がでない…。一瞬でやる気スイッチ入れる方法とか無いかな。。」

こんな疑問にお答えします。

この記事を書いている僕は、リモートワーク歴5年ほど。フルリモートでWeb記事を書きつつ生計を立てています。

時間、場所に囚われず、個人のペースで働けるリモートワーク。一方、人の目がない故に集中力を維持するのが難しいんですよね。

とはいえ、さすがに5年続けると「ダラダラしないコツ」みたいなのがわかってきました。

というわけで今回は、「リモートワークでやる気がでないときの対処法」をまとめてみます。

※2分くらいで読めます。サクッと取り入れてみてください!

リモートワークでやる気がでないときの対処法6選

リモートワークの利点を再確認してモチベ上げる

やる気が出ないときに真っ先にやるのが、リモートワークの利点の再確認です。ぶっちゃけこれでだいたい乗り切れます。

例えばこんな感じに列挙します。

  • 通勤時間0秒、満員電車回避
  • 好きな場所で働ける
  • コーヒーとか片手に働ける
  • なんなら散歩行っても怒られない
  • 人の目が無いからこそ集中できる面もある

挙げだすとキリがありませんが、これらを考えると「ああ、神環境じゃん」となるわけです。

例えば会社勤めが苦痛でリモートワークにシフトした人なら、シフト当初「何て最高な環境なんだ」と喜びをかみしめたはず。その時の感動を思い出す感じですね。

その日常に慣れると、そんなメリットのありがたみも薄れるものですが、一旦その当たり前をリセットしてみてください。

僕は、最初の頃上記を紙に書いてPCに貼ってました。

ポモドーロ・テクニックを活用

テクニカルなアプローチだと、「ポモドーロ・テクニック」が圧倒的に有効です。

リモートワーカーならご存知の方が大半かもですが、短いインターバルを挟みつつ長時間作業を続けるというやつですね。

25分仕事したら、5分休憩。これを4回繰り返したら、30分ぐらい休憩してまた同じセッションを繰り返す…。

タスクを小刻みに強制中断することで、長時間モチベーションを維持させることができます。

やる気に関わらず、普段からポモドーロ・テクニックをベースにしておくことを推奨します。1日通して集中力が安定しますよ。

タイムトラッキングアプリを活用

リモートワークをする上で、日々の生活リズムを規則的に保つというのも重要です。

これが苦手な人は、タイムトラッキングアプリの活用をおすすめします。

タイムトラッキングアプリは、仕事、休憩の他、食事、睡眠といった一日の基本行動をまとめて登録し、時間管理できる便利ツール。

一日の行動を時間管理すると、常に「ちょうどいい感じの焦り」を生み出せて、仕事へのモチベーションの波を抑えられます。

Twitterを活用(パブリック・コミットメント)

TwitterなどSNSで、「今日のタスク」「今月の目標」とかを発信するのもおすすめ。

皆に公言したてまえ、サボり辛くなりますし、「お互いがんばろう!」的なリプが届いたりしてやる気スイッチ入ります。

心理学用語でパブリック・コミットメントと言うそうですが、自分自身で手軽にプレッシャーをかけられる唯一の方法かなと思います。

場所を変えてみる

毎日同じ場所で仕事してると、思考がストップしがちになります。

やる気云々の問題以前に、生産性が著しく低下するので、こまめに作業場所を変えることをおすすめします。

カフェ、コワーキングスペース、図書館、公園など、ちょっと作業環境を変えるだけでモチベーションが再生産されます。

ちなみに僕のサイクルは下記の通り。

自宅作業に飽きたら外に出る

フリーWi-Fiが使える良い感じの場所見つけたらしばらく通う

飽きたら自宅作業に戻る

自宅作業に飽きたら外に出る

これのループです。環境をこまめに変えるだけで、良い感じにテンションを維持できています。

ミニマリストになる

最後にちょっと発展形。身近にある誘惑になりうるものを手放し、自宅を完全オフィス化するという手も有効です。

やる気に波が出るときって、基本それら誘惑物が原因になってたりします。僕自身それに気が付いてから、思い切ってテレビ、ゲーム、漫画などまとめて処分しました。

強行手段感は否めませんが、爆裂に集中できます。どうせ自宅をオフィスにするなら、徹底的にやってみるのも手かなと。

ミニマリストなライターの作業環境紹介【精神と時の部屋】こんにちは、フリーライターのヤマモトタツヤ(taoblog10)です。 今回は、自宅の作業環境を紹介したいとおもいます。...

リモートワークでやる気がでないときに役立つ本

僕のリモートワークでやる気がでないときの対処法は以下6つでした。

  • リモートワークの利点を再確認してモチベ上げる
  • ポモドーロ・テクニックを活用
  • タイムトラッキングアプリを活用
  • Twitterを活用(パブリック・コミットメント)
  • 普段と違う場所で仕事してみる
  • ミニマリストになる

最後に、リモートワークでやる気がでないときに役立つ本を紹介しておきます。

個人的にかなり参考になったのがメンタリストDaiGoさん著の以下2冊です。

上記2冊に、やる気スイッチを入れるためのテクニックが網羅されています。リモートワークでやる気がでないと悩んでいる方、在宅ワークをもっと効率化したいという方はぜひ手に取ってみてください。

【初心者向け】パソコン一台でできる仕事4選【独立も可能です】パソコン一台でできる仕事ってどんなものがあるだろう? スキルが無くてもすぐに始められる仕事ってあるかな? こんな疑問にお答えしま...