iPhone 13 Pro用PITAKA アラミド繊維浮織 MagEZ Case 2 レビュー|定番ケースに新デザイン登場!

こんにちは、wataya(@taoblog10)です。

数あるiPhoneケースの中でも、すっかり定番ケースになりつつあるPITAKAのMagSafe対応ケース「MagEZ Case 2」。

PITAKA製品というとアラミド繊維のカーボンブラックが特徴的ですが、シンプルゆえに良くも悪くも見た目が変わり映えしないのが少し寂しいところ。

そんなMagEZ Case 2に、デザイン的なワンポイントを取り入れた新モデルが登場しました。それが、こちらのケース。

MagEZ Case 2ならではの質感、保護力そのままに、新たにデザイン的なアクセントがプラスされた新作ケース。「品質重視で定番のものを選びたいけど、人と被らないケースがほしい!」といった人にまさにピッタリなケース。

今回は、PITAKAさんよりお声がけをいただきサンプルを送ってもらったので、実際にiPhone 13 Proに使った感想や、メリットデメリットなど率直にレビューしていきます。

Amazonで使用できる割引クーポンももらってますので、ぜひチェックしてみてください。

読者限定10%OFFクーポン /

100taoblog 」

3月30日20:00 ~ 4月13日23時59まで

目次

PITAKA MagEZ Case 2アラミド繊維浮織の特徴

PITAKA MagEZ Case 2アラミド繊維浮織」は、iPhoneは13シリーズ専用のMagSafe対応ケースです。

飛行機や宇宙船などに採用されているアラミド繊維を使用した従来の人気モデルであるMagEZ Case 2に、デザイン的なワンポイントとして浮織のカラーラインが入った今作。

カラーラインナップは全部で↓の4種類あり、左から「コンチェルト」「ラプソディー」「ソナタ」「序曲」となっています。

「交響曲の音符」がモチーフであるとのことで名称からしてとてもユニークですが、それぞれカラーだけでなく織り込みのパターンまで違うところに遊び心を感じますね。

前述のとおり、ケース自体は従来の人気モデルMagEZ Case 2と全く同じで、各種MagSafeアクセサリーとも併用できます。

ですが、今のところiPhone 13シリーズ用のみの展開となっているので、MagSafe対応といっても12シリーズのiPhoneには使用できないのでその点だけ注意してください。

では、そんなMagEZ Case 2アラミド繊維浮織の外観や質感、基本性能からじっくりチェックしていきます。

MagEZ Case 2アラミド繊維浮織の質感・デザイン

こちらがケース本体。カーボンライクなツイル柄が特徴的なPITAKAケースですが、そこに浮織の直線的なカラーラインが入った今作。

どのデザインもユニークですが、個人的には一番浮織面積の大きい「序曲」がデザイン的にインパクトがあって好みですね。

「アラミド繊維」という宇宙船や航空機に使われる特殊素材を採用しているMagEZ Case 2シリーズ。質感、フィット感、手馴染みどれをとっても他のケースとは一線を画します。

ちなみに、浮織部分も特別な表面加工ではなくアラミド繊維100%なので、触っても特別ボコボコした感触とかはないですね。

ケース内側も表面同様にツイル柄で、MagSafe対応を示すマーキングもプリントされています。そしてリング内にはPITAKAのロゴ印字。

ボタン部分や上下の開口部がガッツリ削られているのもこのケースの特徴ですね。この設計上、ケースをつけてもスマホ操作には一切影響しません。

ケース重量は約26g。同じくMagSafe対応の純正シリコン、レザーケースと比べると5gほど軽いです。

最近は10gを切るようなケースも出てきてますが、MagSafe用のマグネットを内蔵したケースとしては十分軽い部類ですね。

iPhone 13 Proにつけてみた感想

実際にiPhone 13 Pro シエラブルーに、PITAKA MagEZ Case 2アラミド繊維浮織の序曲を装着してみました。

改めてスマホ込みで手に取ると、吸い付くようなフィット感、サラサラとした肌触りが心地良いです。保護性だけでなく軽量性を兼ねるアラミド繊維100%というだけあって、とにかく軽い!

iPhone本来のフォルムを損なわないため手馴染みはとても良いですね。ほとんど裸で持っているような感覚。

バンパー部分はディスプレイよりも少し飛び出しているので、画面側を下にして置いても表面が干渉せず安心です。

大きく飛び出てるカメラ部分も、ケースの方が高さがあるのでしっかりと保護できます。スマホを背にして置く際も、カチカチとレンズが直接当たることもありません。

一方で、ボタン周りや上下等のむき出し面積も広く、防御力においては少し心もとないのが正直なところ。落下の衝撃に関しては、基本的に角っこがガードできていれば大丈夫ですが、このあたりはどうしても軽さ、薄さとのトレードオフですね。

また、MagSafeのマグネットの磁力がかなり強力なのもこのケースの大きな特徴。

充電器、モバイルバッテリー、ウォレットなどのMagSafeアクセサリーはもちろん、もともと磁力の弱いMOFTなんかもこの通りガッチリとくっつきます。もちろん浮織部分がMagSafeの使用感に影響することもありません。

ぶら下げて振っても外れる気配なし

両方試した人は分かると思いますが、Apple純正ケース以上に強力。MagSafeアクセサリーを複数併用する人や、出先などでコロコロ付け替えする人には無条件でおすすめしたいケースですね。

実際に2週間ほど使ってみて、ケースとしての弱点らしい弱点は正直見当たらなかったのですが、唯一気になったのがケースを外すときに少しコツが必要であること。

装着性は文句なしのMagEZ Case 2ですが、一度つけるとiPhoneにジャストフィットする設計上、直感的にスッと外せるようになるまで時間を要します。外箱にイラスト付きで外し方の記載がありますが、初回はこれを見ながらでも結構手こずりましたw

樹脂製ケースのようなしなやかさはないので、シリコンやレザーの純正ケースに慣れている人にとってはこの部分がデメリットに感じるかも。

しばらくそのまま使っていると馴染んできて外しやすくはなりますが、特に初回は力ずくで外そうとせず必ずこの説明を見ながら対応してください。

PITAKA MagEZ Case 2アラミド繊維浮織レビュー|まとめ

今回は、PITAKAのiPhone 13シリーズ専用ケース「MagEZ Case 2アラミド繊維浮織」をレビューしました。

価格的には決して安いとは言えませんが、着用感、MagSafeなどの使用感、デザイン性どれをとっても他のケースとは一線を画する魅力の詰まったiPhoneケースです。

品質重視で定番のものを選びたいけど、人と被らないケースがほしい!といったニーズにはまさにドンピシャのiPhoneケースなんじゃないでしょうか。気になった人はぜひチェックしてみてください!

今回は以上です。どうも、wataya(@taoblog10)でした。

読者限定10%OFFクーポン /

100taoblog 」

3月30日20:00 ~ 4月13日23時59まで

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

テック好きのフリーライターです。ライフハッカー日本版、Yahoo! JAPANなどで記事を書いてます。ブログ『LOPYLOG』では、心を揺さぶられたプロダクトや愛用ガジェットを中心に、週2ペースでゆるく紹介しています。

Message

コメントする

目次