雑記

アークテリクス「mantis 26」徹底レビュー!ノマドに最適なリュックだった。

こんにちは、Webライターのヤマモトタツヤです。

今回は、僕が愛用しているリュック、アークテリクス「mantis 26」のレビューです。

ヤマモトタツヤ
ヤマモトタツヤ

お値段2万円弱と安くないので、失敗はしたくないですよね((+_+))

僕自身、購入時いろんなリュックと比較しながら悩みに悩みぬいて選びました。

そんなmantis 26を1年間使ってみて感じた『良い点、悪い点』を紹介します!購入を検討されている方はぜひ参考にしてください。

まずは「mantis 26」のスペックまとめ

素材 ナイロン100%(表面側)、ポリウレタン100%(コーディング)
容量 約26L
重量 約865g
サイズ 45.5cm(縦)× 26cm(横)×14cm(奥行)
ポケット サイドポケット×4、上部ポケット×1、メインポケット×1、インナーポケット×1=合計7つ
価格 18,360 円(税込)

決め手となったポイント

・とにかく見た目がシンプルでかっこいい

・アークテリクスの中では容量が大きめ

・ポケットが多くて機能的

・背負っていて疲れない

・PCを入れるスペースがある

購入する際は、同ブランドの他製品、ノースフェイスなどと比較してかなり悩みました。

最終的に、機能性とデザインでマンティス26に決めたのですが、結論から言うと「バッグは一生これでええな…」ってぐらい気に入ってます。

というわけで早速アークテリクス「mantis 26」をレビューしていきます!

とにかく軽くて機能的!

そんなマンティス26の最大の強みは『利便性』にあります。

まず重量ですが、「865g」ということで1㎏切っちゃってます。空の状態で背負ってみると、ほとんど背負っている感がないぐらいです。

それでいて、ポケットの数が計7つあり、容量も26リットルと収納力も抜群。

両サイドには開閉しやすい小ポケット

とにかく便利なのが、表面の両サイドに小ポケットがついていること。

僕はこの部分に財布やティッシュなど入れてますが、背負っている状態で手を後ろに回してものを取り出すことができます。

両サイドにポケットが付いているバッグパックはたくさんありますが、ファスナーが固くて使いづらいってことが多いですよね(+_+)

その点、マンティス26は全ポケットのファスナーがスムーズに開閉できる作りになっていて、とにかくこれが使いやすい!

上部にも小物類の収納ポケット

また、上部にもこんな感じでポケットがついています。
ここには、ボールペンやケーブル類といった小物を収納しています。

サイドにはメッシュポケット

両側面には、メッシュポケットがついています。

この部分には、500mlのペットボトルと折り畳み傘を左右に入れています。

メインポケットが大容量!プラ板がPCを保護

マンティス26のもう一つの特徴、それはメインポケットの収納力です。

26リットル入るので、1泊の旅行とかなら全然これだけでいけますね。

このように、ガバッ!と空けてものを出し入れすることができます。

ノマドワーカーとしての最重要項目、「PCの収納」ですが、このように問題無く入ります。

背面にプラ板が入っているので、DELLの14インチを裸で入れちゃってます。

このプラ板、ややカーブがかっており、ノートパソコンをしっかり固定してくれます。中で揺れ動くこともないので安心(^^♪

ちなみにMacBook Air13インチなら、インナーケースに入れた状態でも入ります。

長時間背負っていても疲れにくい

背面はこんな感じで少しアーチがかってます。

加えて、肩ベルトの作りがかなり頑丈で、長時間背負っていても疲れにくいです。3~4時間背負って歩いても、肩がこらないというのが嬉しい。

また、背中とリュック背面にわずかに隙間ができるようになっていて通気性も◎

ヤマモトタツヤ
ヤマモトタツヤ
夏場、長時間背負っても蒸れないのがとにかく快適です!

「マンティス26」の欠点

ここまで紹介した通り、「マンティス26」はめちゃくちゃ機能的で使いやすいです。

とはいえ、「ここが改善されれば、もっと完璧な商品になるのにな…」と感じる点はあります。

その唯一の欠点は、自立してくれないところです(笑)

おそらく、背面のプラ板が原因だと思いますが、リュック単体では自立しません。

このように、壁に立てかけないと立ちません。

外出時は、こんな感じで机や椅子に引っ掛けられるクリッパを持っておくと便利ですね。

まとめ

以上、アークテリクス「mantis 26」のレビューでした。

公式サイトの評価も満点に近い評価となっていますが、評判通り最高のバッグパックです。

ほとんど非の打ちどころがありませんが、唯一、値段が安くないという点がネックですかね…?

とはいえ製品のクオリティは高く、5年、10年と使い続けられるような代物なので、購入して損するということはありません(‘◇’)ゞ

公式サイトや店頭では2万円弱しますが、楽天とかだと送料込みで15.000円ほどで購入できるみたいです。