WEBライター

ライティングの文字単価を最短ルートで2円にする手順解説【経験談】

パソコン

 

こんにちは!
Webライターのヤマモトタツヤ(taoblog10)です。

ライティングの文字単価を上げたいけど、1円でさえ遠いなあ…。

そもそも皆どれぐらいの文字単価でライティングしているのかな?

 

こんな疑問を抱いている方へ。

今回は、専業Webライター歴3年の僕が、ライティング初心者が最短ルートで文字単価2円ライターになるための手順を解説します。

 

本記事の内容

・とにかく強引にでも文字単価1円を突破

・文字単価2円達成までの手順

・「時給」を上げるために大切なもう一つの要素

 

この記事を書いている僕は、3年間、Webライターとして1日2時間の作業で月20万円を安定して稼いでいます。

 

僕自身が、ライティング未経験から2年で時給5.000円まで引き上げた手順についてお話しします。

ライティングの文字単価を2円にする手順

まず「1円の壁」はあってないようなもの

未経験からライターデビューする場合、基本的にはじめは0.3~0.5円程のタスク案件から入ると思います。

 

ただ、初心者だからといっていつまでもこのタスク案件ばかりこなしてしては一向に収益を上げられません。

 

数件タスク案件をこなしたら、素早くプロジェクト案件に移行して、どんどん気になる案件に応募していきましょう。

 

「1円ライターになるには少なくとも半年~1年は忍耐強く修行すべき」と考えているならまずこの感覚は度外視してください。

 

5件ほどプロジェクト案件をこなしたら、1円以上、少なくとも0.8円以上の案件に応募していくのが望ましいです。

 

応募するのはタダです!

 

感覚としては、文字単価0.8~1円の案件は、球数と勢い次第で難なく勝ち取れます。

 

とにかく手あたり次第応募していき、まずは0.8円以上の案件をとにかく受注しましょう。

1円にできた時点でまあまあ楽になる→半年じっくり継続

いきなり精神論のようになってしまいましたが、実際1円はさほどハードルが高くありません。

 

割合として、圧倒的に1円未満の案件が多いので、初心者さんであるほど「これは、未経験者の私のための案件だ!」と思い込んで長らく消耗してしまうんですよね…。

 

もちろん、ゆるく稼げれば良いという人はこれで構いませんが、さくっと収益を上げたい人は、もっとエネルギッシュに高単価案件を狙いに行くべきです。

 

さて、ここから倍の「2円」に引上げようと思うと、ある程度の実績と単価交渉のスキルが必要になります。

僕の場合は、プロジェクト案件を4、50件こなしたあたりから、2円前後の案件の継続以来を安定的に受けられるようになりました(結構かかりました)。

専業で半年ほどかかりましたね。

 

開始3ヶ月目あたりから、最低文字単価を1円に設定し、継続依頼を頂けた案件は0.2円刻みでじわじわ単価を上げてもらっていきました。

あとは適切なタイミングで単価交渉を繰り返すだけ

受注件数が50ほどになると、文字単価1円~1.5円の案件を楽に勝ち取れるようになってきます。

 

あとは、継続案件を常に2件ほどキープしながら、毎日新着案件のチェクとテストライティングの時間を確保するだけです。

 

継続案件は常に単価アップのタイミングを意識しながら取り組んでください。

 

クライアントに、単価アップの交渉を持ち掛ける最適なタイミングは以下の2つです。

 

  • 普段よりやや大きい仕事をこなした直後
  • 記事の構成等、新しい追加事項、フィードバックに対応して納品した直後

 

このどちらかです。

僕は、この2つのタイミングですかさず単価交渉を持ち掛けます。

 

継続発注を頂いている時点である程度の信頼関係が生まれているので、大抵の場合成功します(たまに渋られることもありますがその際は速やかに引き下がります)。

 

こんな感じで、継続案件の単価アップ、新着案件のテストライティング、これを繰り返すことで文字単価2円の壁は突破できます。

0.5円→1円は一瞬、1円→2円はじっくり時間をかけるイメージですね。

文字単価と同じくらい重要な「ジャンル選定」

「時給」を上げたげれば得意ジャンルを確立させよう

ライターとして大きく収益を伸ばす上で、文字単価と同じくらい重要なのが、ジャンル選定です。

 

いくら文字単価が上がったとしても、自分の知識のない分野であればリサーチに時間を割く必要がありますね。

 

これだと、いつまで経っても時給単価が上がりません。

 

当ブログで何度も言っていますが、理想としては、リサーチがほとんど不要になるぐらい1つのジャンルを極めたいです。

そして、そのジャンルの「特化ライター」になってしまえば、時給単価がガンガン上がっていきます。

 

僕自身、2年目からジャンルを「スポーツ」に絞って、スポーツ案件の特化ライターとして収益を伸ばしました。

もともと関心がある分野である上に、一つに絞ることでより知識、専門性が増し、効率的に稼げるようになったという感じですね。

 

文字単価2円以上を目指すのであれば、何かの特化ライターになっておくと良いですよ。

 

このあたりは、こちらの「【Webライター】特定のジャンルを極めて収益を最大化させよう」でも詳しく解説しているのでぜひ参考にしてください。

時給5.000円越えも十分可能

特化ライターになることのメリットとして、クライアントからの信頼を得やすいということもあります。

 

特定のジャンルに絞ることでこちらから手を出せる案件の幅自体は狭まりますが、

逆にその分野のクライアントから直接高単価での依頼が舞い込んでくることがあります。

 

さらに自分のポートフォリオとしてブログで発信していると、「そういう感じの記事をうちで書いてほしいです」といった形で依頼されることもあります。

 

特化ライターになって、自分のブログでその分野の情報発信までできたら最高ですね。

いよいよ時給5.000円越えも夢ではなくなります。

まとめ:文字単価1円を突破して初めてライティングが楽しくなります

女性ノマド

最後に、今回の記事のポイントをおさらいしておきます。

 

・文字単価1円未満で消耗するのは初月だけでOK

・継続案件は適切なタイミングで抜け目なく単価アップ

・特化ライターになれば収益伸びます

 

Webライティングというのは、文字単価1円を突破したあたりからわりとイージーモード化します。

 

ここに、リサーチ時間がどれだけ必要になるかですね。純粋な執筆時間だけで時給換算できるようになると、ぶっちゃけ文字単価2円いかなくても十分楽しめます。

 

大変なのは、1円未満の単価で、かつ好きでもないジャンルでひたすら書いてる状態です。

 

このあたりは、自分のさじ加減で簡単に脱することができるはずなので、ぜひ上記のことを意識しながら取り組んでみてください!

 

Webライター歴3年がおすすめ本厳選!【大事なのはこの4冊だけ】 こんにちは! Webライターのヤマモトタツヤ(taoblog10)です。 Webライターに関する本を読みたいけど、たくさ...