ミニマリスト

ゲーマー歴20年、ゲームを断捨離しました【理由とメリットまとめ】

こんにちは!

「フリーランスで行こう!」の書評アップ後、著者の高田ゲンキさんにフォローして頂き舞い上がっております、ヤマモトタツヤです。

突然ですがこの度、「テレビゲームの断捨離」を決行しました。

ゲーマーがゲームの断捨離を決心した経緯

きっかけは何気なく見た「プレイ時間」

事の発端は、何気なく見た「総プレイ時間」

表示されているトータルのプレイ時間が190時間とかだったんですけど、

ゲーム購入から半年ほどで190時間なので、どうやら1日あたり1時間以上は確実にゲームで時間を浪費してたみたいです。

1つのタイトルでコレなんで、総ゲーム時間はおそらく1日2時間くらいになるのかな?

サッカーゲームのウイニングイレブンとかを友人と夜通しやり込むこともあるんですけど、7割ぐらいは一人プレイです。

漠然と「ゲームやめれたら、その分何か新しいことできるなー」と思うことはあれど、なかなか手放す勇気が出ず…。

しかしプレイ時間を見て軽く唖然とした今回、「日々無思考に2時間浪費してんの、やっぱどう考えても勿体ない!」てことになり、勢いですべてのゲームを断捨離しました。

無意識に目を酷使

もう一つの理由に、眼精疲労がキツかったってのがあります。

ゲームに熱中してるときって、無意識に目を酷使してるんですよね。まばたき一切なし!みたいな。

この状態が1~2時間続くとか、そりゃヤバイですよね。

仕事がデスクワークの僕は、日中記事を書いて、夜はゲームしてって1日中休みなく目を酷使していたことになります。

ゲームと同等にハマれるものを見つけた

これもまた大きな転機なのですが、ゲームと同じぐらい熱中できるものを見つけました。

このブログ運営がまさにそうです。

仕事を終えて、ブログ記事を書き、更新した後に読者さんから感想をもらい、また明日の記事のネタを考える…。

現在ブログを始めてから4ヶ月目ですが、これが楽しくて日課になってます。

「今がゲーム離れする絶好のタイミングなんじゃないか?」と思い立って、即実行した次第です。

ゲームを断捨離して変化したこと

単純に時間が増えた

ゲームの断捨離後、面白いものでほんとに時間が増えた感覚になりました。

増えた時間は、そのままブログ運営、情報収集に充てています。

無駄に目を酷使することもなくなり、より一層本業のライティング業務も快適になりました。

断捨離後まだ数日しか経っていませんが、「もっと早くにやっておくべきだった…」と思うばかりです。

完全に無くしてしまうと意外と吹っ切れる

完全に身の回りから無くしてしまうと、意外と吹っ切れるものですね。

まだ数日なので、ふとした瞬間に「ゲームがしたい…」と思うことはあります。

とはいえ、自己意思で手放した手前、もう一度買い直すなんてバカなことはできないわけです。

それなりの決心で排除したので、後はその自分の決断を肯定するだけです。

「無くしたら無くしたで、元あったもののことはさほど考えない」ってことが確認できたのが一番の収穫かもしれません。

これが、「押し入れにしまい込む」程度だったとしたら、いともあっさり元通りになっていたことでしょう…

まとめ:ゲーマー歴20年の巻き返し

ゲームを断捨離したことで得られたメリットは計り知れません。

時間が増えた上、目の前のやるべきことに集中できるようになりました。

正直、実際にやる前はイメージもできなかったレベルで清々しい気持ちに浸ってます。

断捨離後間もない今は、以前のテレビゲームのある生活に戻るなど考えられないって感じですが、

時間がたってから、何らかの禁断症状的なのが出るかもしれません(笑)

こればかりは時間が経ってみないと何とも言えませんが、3ヶ月とか経過しても現在の心境と変わらないようなら、そのときは完全に断捨離成功と言っていいでしょう(‘ω’)ノ

時間が経ってから、また改めて感想をしたためます。

それではまた明日も更新します。

ではでは!

同じ服を買うメリットが凄まじかった【私服の制服化で得られたこと】こんにちは! Webライターのヤマモトタツヤ(taoblog10)です。 僕は現在、専業ライターとして生計を立てていますが、会社...