フリーランス

スキル無し→脱サラしてスローライフを送る方法【経験談】

 

こんにちは!
Webライターヤマモトタツヤ(taoblog10)です。

 

僕は現在パソコンひとつでゆるく仕事しつつ、ブログ書いたり読書したり田舎でゆったりスローライフ送ってます。

 

こういった生活をかれこれ6年程続けていますが、飽きずに日々の生活を満喫しています。

 

スキル無し、資格なし、学歴底辺ながら、脱サラ後、最低限の生活費を稼ぎつつ悠々自適位に生活しているのですが…

 

今回は、そんな経験談をもとに、今すぐ脱サラしてスローライフを送る手順についてまとめてみました。

 

なるべく労働を回避してゆるい生活を送りたいという方はぜひ参考にしてください。

脱サラしてスローライフを送る手順【スキル無し版】

固定費を最小にして心理的ゆとり確保

まず生活コストを最小にするところから脱サラ→スローライフの道は開けます。

 

正直、僕のように「生活に困らない程度のゆる田舎へ、車を持たずに引っ越す」ということができればこの後はヌルゲーです。

 

これに加えて、生活に支障が出ない程度に有料サービスの一括解約格安SIM乗り換えができれば盤石です。

 

・家賃5万円
・光熱費1万円
・食費2万円
・通信費5千円
・交通費5千円

このくらいにできれば、とりあえず月に10万円稼げれば赤字にならずに済みますね。

あとは「スキル無しで稼げる仕事」を選べばいいだけ

あとは「スキルが無くても手堅く稼げる仕事」を選択すれば良いだけです。

 

ここは難しく考える必要はなく、「自分でもできそう」と思える仕事を選択して、ひたすら継続するのみです。

僕の場合、WEBライターという職業を選びました。

 

WEBライターを選択した大きな理由は以下3つです。

・「クラウドソーシングサイト」という無料かつ簡単に仕事が引っ張ってこれる仕組みが既にあった

・プログラマーやデザイナーなどと比べ特別なスキルを要さなかった

・パソコンがあれば場所、時間問わず働ける

 

これらのことに加えて、「自分の関心のある分野で記事がかけるってなんか楽しそう」というふわっとした理由と、

実績とともに収益が上がっていく仕組みに魅力を感じました。

数か月後の結果を見据えて徹底的に継続

スキルが無い故に選択肢が限られるので、スパっと方向性は定まりました。

 

あとは、専門書を片手にWebライティングに関する知識を養いつつ、ガンガン仕事を受注。

 

とはいえ、専業なんでさほどきつくないんですよね。

副業で5万円稼ぐとかって結構難易度高いですけど、専業だったら「それで稼がないと何で稼ぐ?」って感じなんで気持ちも振り切れます。

 

僕の場合、ライティング未経験の状態から半年ほど継続した結果、生活費+αぐらいの収益が得られるようになり、実績が積みあがるにつれてどんどん時給単価が上がっていきました。

 

結果的に、1日2~3時間の作業で月20万円を安定して稼げるようになりました。以来、ゆるくスローライフ送ってます。

「WEBライター×情報発信」は手堅いです

WEBライターはおすすめです

「スキル不要で手堅く稼げて、かつ興味が湧く」なら何でもいいと思いますが、とくにWEBライターはおすすめです。

 

まあこの仕事しかやってきていないので、比較対象とかはないんですけど、僕的には最初にこれを選んで正解だったなと思います。

 

まず、スローライフを送る上で、在宅ワークできるか否かってかなり重要ですよね。

好きな場所で働けるうえに、実績に伴って収益が上がっていくWEBライティングは魅力的です。

 

また、他のWEB関連のお仕事に比べて、0→1にすることが簡単というのも大きな特徴です。

どうやって仕事を受注するの?

どうやって在宅で仕事を受注するの?って話ですが…。

 

冒頭でもふれたとおり、WEBライティングの仕事はクラウドソーシングサイトから受注します。

 

クラウドソーシングサイトとは…?

ネット上で仕事を発注したり受注したりできるサイトです。発注者と受注者を結びつけてくれるマッチングサイトですね。登録は無料です。

 

初心者さん、ベテランさん関わらず皆ここから仕事を受注するのですが、簡単なブログ記事から本格的な企業向けの記事まで多種多様なライティング案件があります。

 

気になる方は登録して実際にどんな案件の募集があるのかチェックしてみてください。

 

おすすめのクラウドソーシングサイト3選

クラウドワークス:ライティング案件が豊富な最大手サイト

ランサーズ:↑と同様最大手サイト

クラウドテック:上記2つに続いておススメ

 

未経験からWEBライターとして稼ぐ手順は、こちらの「在宅ライター未経験から月3万円稼ぐ手順【ライター歴3年が解説】」で詳しく解説しているので是非参考にしてください。

生活費が確保出来たら即情報発信

生活費分稼げるようになったら、自分のメディアを立ち上げて積極的に情報発信しましょう。

例えば、僕の場合だとWEBライティングで月20万円稼いだ経験談を趣味感覚でブログで綴っています。

 

その中で、自分が利用している優良サービスや、参考になった書籍、愛用しているアイテムなどを紹介したりします。

ブログのアクセス数が上がるにつれて、それらを掲載することで得られる「紹介料」が副収入のような形で伸びていきます。

 

最終的に、WEBライティング、ブログのそれぞれで生活費が賄えるレベルの収益が得られればより安定しますね。←僕の現在の目標です

 

このあたりの手順についても、ライティング同様生活費が稼げるようになり次第、当ブログで発信していきます。

参考記事:ブログ2ヶ月目の運営報告【2018年12月】

まとめ:労働を避けたければさくっと手に職つけよう

最後にこの記事のポイントをおさらいしておきます。

・生活費を最小にして心理的ゆとり確保

・脱サラスローライフの入り口としてWEBライターは最適

・生活費を稼げたら情報を発信する側へ

 

脱サラしてスローライフなんて夢のような話…と思う方もいるかもしれませんが、

さほど難しく考える必要はないと思います。
生活水準を限りなく下げて、敷居の低い仕事を圧倒的に継続するのみです。

 

上の例では生活費10万円に設定しましたが、家賃とかもっと下げられる余地がありますね。

仮に生活費5万円ほどになったら、驚くほど心理的ハードルが下がります。

 

心理的ゆとりが確保されると、それだけ目の前の仕事に集中できるようになるので好循環ですね。

在宅ワークの壁 月5万円を最短ルートで突破する手段【コレ一択】 こんにちは!ヤマモトタツヤ(taoblog10)です。 在宅ワークで月5万円を稼ぎたいけど、どんなお仕事を選べばいいかわからな...