WEBライター

クラウドソーシングでライター業を始める手順【完全初心者向け】

こんにちは、Webライターのヤマモトタツヤ(taoblog10)です。

「クラウドソーシングのライター業に興味があるけど、どうやって始めればいいのかな?」

「完全未経験でも稼ぐことができるかな…?」

と迷っている方へ。

今回は、未経験からWebライターになって4年目の僕が、クラウドソーシングでライター業を始める手順について解説します。

ヤマモトタツヤ
ヤマモトタツヤ
僕自身「クラウドソーシング…?何それおいしいの?」レベルから、コツコツ続けてライター業で独立しました。そんな経験談を踏まえつつ解説していきます。

クラウドソーシングでライターデビュー!【準備編】

ライター案件が豊富な大手サイトに登録

まずは、ライティング案件が豊富な大手クラウドソーシングサイトに登録を済ませましょう。

大手クラウドソーシングサイト

数十サイト存在するクラウドソーシングですが、現時点でこの2サイトがライター案件数トップを誇っています。

今後、この2サイトをメインにフル活用しながら、サイト内で実績を積み上げていきます。

プロフィールや本人確認などの初期設定

さて、登録が完了したらプロフィール、写真等の設定、本人確認書類の提出などを済ませます。

本人確認書類の提示は任意となっていますが、やるかやらないかで仕事の受注率が変わるので、必ず済ませておきましょう。
ネット上ですべて完結します(^^)

これら初期設定の手順については、「クラウドソーシングの始め方解説【サイト登録→月3万円稼ぐ手順】」の記事で詳しく解説していますので、参考にしてください。

「プロフィールに何を書けばいいのかわからない…」と深く悩む必要はありません。まずは4~5行程度のPR文で十分です。

簡単な経歴、取得した資格、特技、趣味などまとめておきましょう。

プロフィール文は、後から何度でも書き換えることができます。

専門書を数冊読んで先人の知恵を学ぼう

サイトへの登録、初期設定が完了したら、早速仕事を受注していくのですが…。

その前に、ライティングに関する専門書を1、2冊熟読しておくことが望ましいです。

「ライティングを専業にしている人が、どのような道を歩んだのか、成功した人はどんな手順を踏んだのか」、さくっと目を通しておきましょう。

ヤマモトタツヤ
ヤマモトタツヤ
書籍を通らないライターさんも以外と多いですが、故にしっかり基礎を固めておくことで他のライターさんと差別化が図れますよ。

僕が参考にしている良書をいくつか載せておきます。

クラウドソーシングでライター業を始めよう【実践編】

まずは簡単なタスク案件で仕組みを理解

ひとえにライター案件と言っても、簡単なブログ記事の執筆から、しっかり構成を練る必要がある企業向けの記事まで多岐にわたります。

言わずもがなですが、いきなり難易度の高い高単価案件に応募しても仕事がもらえません。

まずは、簡単な『タスク案件』からスタートします。

タスク案件とは…?
クライアント(発注者)とのやり取り無しで、専用フォームから1記事単位で納品できる、初心者向けの案件です。

このタスク案件を活用して、まずは「執筆→納品→検品→支払い」の一連の流れを掴みましょう。

タスク案件の受注手順は、こちらの「ライティングで月5万円稼ぐための手順解説【案件選びの具体例あり】」を参考にしてください。

プロジェクト案件で「月5万円」稼ぐ

タスクで気になる案件を数件こなしたら、素早くプロジェクト案件に移行します。

プロジェクト案件とは…?
タスク案件で書いたような記事を、複数記事まとめて受注できます。クライアントとのコミュニケーションが必要になりますが、1記事あたりの単価はタスクに比べて高いです。

タスク案件は、「クライアントとのコミュニケーションが不要で気軽に受けられる」というメリットがありますが、タスクのみで月5万円分の仕事をこなすのは物理的に無謀です。

仕組みを理解したら即プロジェクト案件に移って、1件数千円、数万円単位の案件を獲得しましょう。

プロジェクト案件を受ける手順は以下の通りです。

①気になる案件に、簡単な自己紹介とPRを添えて応募(これを業界で「提案」と呼びます)

②クライアントから合否の連絡が来る(テストライティングがある場合も)

③後はタスク案件と同じで、発注者の要望に沿った記事を納品

④発注者が検品作業を行う

問題が無ければサイト内で成果支払い

納品後、発注者から評価を受けるのですが、高評価が貯まるほどワーカーとしての信頼度が増し、徐々に仕事が受けやすくなるという仕組みとなっています。

この後はひたすらプロジェクト案件の数をこなしていくのみとなります。

ヤマモトタツヤ
ヤマモトタツヤ
応募はタダなので、気になる案件があればどんどん提案していきましょう。

案件選びのポイント3つ

案件を選ぶ際のポイントは以下3点です。

・文字単価0.8円以上

・少しでも知識、関心のあるジャンル

・経験談が語れるジャンル【無双できます】

文字単価は0.8円以上であることが望ましいです。
0.5円前後の案件も多いですが、それらを受け続けると、慣れる前に消耗してしまいます。

募集タイトルに、【初心者歓迎!】【いっしょにスキルアップしましょう!】的なワードが入っている案件は、おしなべて低単価です。

最初の手ならしで受注する分には構いませんが、継続受注すべき案件ではないので気を付けてください。

サイトのシステムを理解したら、積極的に文字単価0.8円以上の案件を狙っていきましょう。

あとは、「知識、関心のあるジャンルでの執筆」も結構重要です。
情報のリサーチ時間をいかに削れるか、ということを意識してください。

専門性の高い記事、または経験談が書ける分野があれば、はじめからその分野に特化して「専門ライター」を目指すいうのも手です。

参考記事:専門ライターになるメリット【雑記、専門どっちを極めるべき?】

補足:案件選びの具体例

補足として案件選びの例をまとめてみました。参考にしてください。

  • 美容好き→コスメ、ダイエット、脱毛の経験談…
  • ファッション好き→ファッション関連
  • 育児中→子育てネタ
  • ゲーム好き→アプリゲーム、PS4、任天堂…
  • スポーツ好き→サッカー、テニスなど、試合の考察記事…
  • 旅行好き→旅ネタ、地域ネタ
  • ドラマ好き→ドラマの感想、考察、エンタメ系
  • 音楽好き→アーティスト、K-POPネタ
  • 一人暮らし中→一人暮らしのライフハック
  • ペットを飼っている→しつけ方法、フードの比較
  • ガジェット好き→スマホ、パソコン、電子機器、格安SIM…
  • アニメ好き→アニメの感想、紹介
  • 映画好き→映画の感想、紹介
  • 読書好き→漫画、小説、ビジネス書の書評、紹介

1年継続すると見える景色が変わります

クラウドソーシングサイトを使った働き方で一番難しいのは、「継続すること」だと思います。

ライティングに限らず、一人でパソコンに向かって何時間も作業をするという行為自体、向き不向きがあります。

僕の場合は、サイト上で実績を積み上げていくことをゲーム感覚で楽しめたので、コツコツ続けることができました。

このあたりは数ヶ月試して自分に向いているかどうか見定めてみてください。

1年ほど継続すると、ある程度受注件数、実績が付き、単価の高い案件を勝ち取れるようになります。

また、得意ジャンルや自分の型が出来上がってくるので、ここまでくると専業ライターになって一気に収益を伸ばすという選択肢も生まれるでしょう。

まとめ:独立を目指して本腰を入れる価値は大いにアリ

最後にこの記事のポイントをおさらいしておきます。

・まずは簡単なタスク案件で仕組みを理解

・慣れたらプロジェクト案件で5万円稼ぐ

・文字単価0.8円以上で興味のある分野で執筆

・1年継続すると見える景色が変わります

実際に取組んでみると、「文章を書くことが苦痛」、「一人で作業をするのが孤独」などと感じることもあるかもしれません。

ただこのあたりは、稼げるようになってはじめて緩和される部分なので、少なくとも3ヶ月は続けてみてください。

3ヶ月実践して、「これは自分に合わないな」と感じたらそのときは見切りをつけるべきだと思います。

いずれにせよ、好きな場所、好きな時間、好きな分野で仕事ができるクラウドソーシングは、労働条件としてかなり条件が良いのは言うまでもありません。

「将来的に本業にする」という気持ちで本腰を入れて取り組む価値は十分にあると思います!

【Webライターの始め方マニュアル】未経験→月5万円稼ぐまでの手順解説こんにちは、Webライターのヤマモトタツヤ(taoblog10)です。 ...