フリーランス

【クラウドソーシングじゃ稼げない!】←圧倒的勘違いです。

 

こんにちは!
Webライターヤマモトタツヤ(taoblog10)です。

「クラウドソーシングは稼げないって噂は本当?」

「実際に始める前に真相が知りたいな…」

と考えている方へ。

 

今回は、クラウドソーシング活用歴3年の僕が、ネット上でよく見かける「クラウドソーシングは稼げない」という噂の真意に迫りたいと思います。

 

本記事の内容

・クラウドソーシングじゃ稼げないという噂の真相

・稼げない人もたしかにいます

・稼げる人と稼げない人の違いは?【重要】

 

この記事を書いている僕は、クラウドソーシングを活用して1日2時間の労働で月20万円のライター収入を得ています。

 

3年間やってみて、稼げるパターンと稼げないパターンの違いが分かってきたので、ちょっとまとめてみます。

「クラウドソーシングは稼げない」という噂の真意

クラウドソーシングは稼げない?

「クラウドソーシングかじってみたけど小遣い程度にもならなかった…」

「そもそも怪しい」

ネット上で、クラウドソーシングに対するこういった声をちらほら見かけます。

前者は一概に否定できない面がありますが、後者は否定したいです。

 

まず稼げるかどうかについては、スタート時のモチベーションの程によって結果に大きな違いが出ます。

僕の場合、脱サラして専業ライターになったので、けっこう死にもの狂いで取り組んだのですが、しっかり努力に見合った結果は得られました。

 

で、「なんか怪しそう」という意見はそもそも論外でして、システムを上手に活用できなかった層の人たちの嘆き節かな?という感じです。

3年間クラウドソーシングで生活費稼いでます

僕個人の話になりますが、現在クラウドソーシングを活用してWEBライターとして生活してます。

ざっくりこんな感じで収益は伸びました。

月収
1ヶ月目 4.000円
3ヶ月目  12万円
6ヶ月目 15万円
1年 20万円
3年 60万円

副業感覚でスタートして、2ヶ月目には安定して仕事が受注できるようになったので即一本に絞りました。

そこから1年間は10~20万円を安定的に稼ぎ、2年目以降は時給5.000円ほどで働けるまでになりました。

 

ライティングという仕事が自分に合っていたこともありますが、何よりコツコツ継続した結果かなと思います。

稼げない理由は?

3年の間で数人の身近な知人にクラウドソーシングを薦めました。

稼げたパターン、稼げなかったパターン、きれいに半々でしたが、

それぞれの違いはシンプルで、セルフコントロールができたかできなかったかの一点です。

 

始めようとしている時点で、その働き方自体には関心を寄せている状態です。もちろん球数次第でいくらでも仕事は受注できます。

ただ、いざ始めてみると、なかなか生活の習慣の中に取り入れきれないといった感じですね。

 

自分で、「1日〇〇時間絶対に作業する」「一ヶ月〇〇円稼ぐ」とルールを決めて継続できる人は、たとえ副業でも堅実に月数万円の収入を得ています。

「ゆくゆくはコレで脱サラしたい」みたいな確固たる動機がある人ほど強いと感じます。

クラウドソーシングで堅実に稼ぐ手順

まずは目標額を限りなく下げて、習慣化

はじめは目標額を月3~5万円程度に設定し心理的ハードルを下げておくことをおすすめします。

 

あとは、専業であろうと副業であろうと、自分が決めたルールに則って作業を継続するだけです。

 

クラウドソーシングは、場所、時間に囚われず、また自分のペースで働けるというメリットがある反面、誰も叱ってくれないという難しさがあります。

 

何度も言うようにセルフコントロールできるか否かがかなり重要でして、ここが得意な人は大きく稼ぐ可能性大です。

はじめは大手2サイトの登録でOK

数多くあるクラウドソーシングサイトですが、まずは以下の大手2サイトの登録でOKです。

クラウドワークス:ライティング案件が豊富な最大手サイト

ランサーズ:↑と同様最大手サイト

 

案件の取りこぼしをしたくないという場合はこれらのサイトもチェックしておいてください。

クラウドテック

クラウディア

Shinobiライティング(ライター向け)

サグーワークス(ライター向け)

スキルが無ければライティングで実績を積もう

クラウドソーシングサイト上には、ライティング案件を始め、Web制作、デザイン、システム開発、翻訳など多種多様な仕事があります。

 

とくに活かせるスキルが無いという場合は、WEBライティングを極めることをお勧めします。

 

僕自身、これといってスキルが無かったので、「好きなことで記事を書いて稼げるなんて楽しそう」という安直な理由でライティングを始めました。

 

そんなライターとしてのこれまでの歩みは「3年間専業でWebライターやってみた感想【月20万円迄の道のり】」で詳しく解説しているので是非参考にしてください。

まとめ:クラウドソーシングには夢があります

 

最後に、この記事のポイントをおさらいしておきます。

・「クラウドソーシングで稼げない」は妄想です

・継続力とセルフコントロール力さえあれば稼げます

・スキルが無ければライティングで実績を積もう

 

好きな時間、好きな場所、自分のペースで働けるクラウドソーシング。活用しない手はないです。

 

また、安定的に自分で仕事が引っ張ってこれるようになると、いよいよ会社勤めする必要性が薄まっていきます。

 

ほんとに追い込まれたときのために、「クラウドソーシングで独立」という選択肢を用意しておいても良いのではないでしょうか!

 

ではでは。

Webライター歴3年がおすすめ本厳選!【大事なのはこの4冊だけ】 こんにちは! Webライターのヤマモトタツヤ(taoblog10)です。 Webライターに関する本を読みたいけど、たくさ...