フリーランス

クラウドソーシングの仕事内容解説【初心者が月10万円目指すなら…】

 

こんにちは、Webライターの(taoblog10)です。

 

「クラウドソーシングの仕事内容を一通り知りたいな」

「初心者が始める場合、どの仕事を極めるべきかな…?」

と考えている方へ。

 

今回は、クラウドソーシングの仕事内容を難易度別に解説します。

また、得意分野がこれといって無いという初心者さんにおすすめのジャンルを提案します。

 

本記事の内容

・クラウドソーシングの仕事内容一覧【難易度別】

・初心者がこれから極めていくべきジャンルは?

・月10万円達成までの作業量【目安】

この記事を書いている僕は、脱サラ後3年間クラウドソーシングを活用して生活してます。

 

クラウドソーシングで仕事を受注しつつノマド的に生活したい、または副業で+αの収入を得たいという方は是非参考にしてください。

クラウドソーシングの主な仕事内容【難易度別】

初級レベル

・アンケート

・モニター調査

・データ入力

・文字起こし

 

クラウドソーシング上には、多種多様なジャンルの仕事がありますが、比較的ハードルが低いのがこれらの仕事です。

 

とりわけ特別なスキルを要さず、クライアント(発注者)の指示に従いつつ業務をこなせば、堅実に月1万円ほどは稼げます。

 

こういったニーズの人に適しています。

  • 隙間時間でプチ収入を得たい
  • とにかく自宅で仕事がしたい
  • 目標金額が月1~2万円

 

この中でも、音声を文字に起こす「文字起こし」は継続次第で月5万円以上も目指せます。

また、専門用語が頻発するような高度なジャンルの案件だと、結構単価が高いものもあります。

 

とはいえ、全体的に1案件あたりの単価が低い分野で、収益の伸びに天井があります。将来的に専業を目指しているといった人には不向きです。

中級レベル

・ブログ記事作成

・企業向け記事作成

・ネーミング

 

これらは一括りにすると、「Webライティング」と呼ばれます。

 

こういったニーズの人に最適です。

  • 在宅で手に職を身に付けたい
  • ゆくゆくは月10万円以上稼ぎたい
  • これといってスキルが無い

 

とくに、ブログ記事の作成は未経験でも仕事が受注しやすく、また継続次第では大きく稼ぐことができます。

 

そんなライティング案件のジャンルは多種多様で、金融、法律、医療、不動産など、専門知識が必要な分野から、

 

スポーツ、書評、エンタメ、ファッション、ライフハックなど、比較的書きやすいジャンルの案件も多いです。

 

また、育児、妊娠、出産、コスメ、ダイエットなど、女性、子育て中の主婦さんを求めている案件もたくさんあります。

 

僕自身、未経験の状態からこのWebライティングを3年程続けていますが、コツコツ継続した結果時給5.000円程で仕事ができるまでになりました。

 

未経験でも手軽に始められて、かつ実績に応じてどんどん収益が上がっていくというのが特徴です。

上級レベル

・Web開発

・システム構築

・アプリ開発

・Webデザイン

・ロゴ、バナー、イラスト作成

・音楽制作

・翻訳

 

プログラミング、デザイン、音楽制作、英語などのスキルがある場合は、それらを活かすことで大きく稼げます。

 

専門スキルを要するため、手軽さでは上記の仕事に比べて劣りますが、その分リターンは大きいです。

将来的にフリーランスとして生活したい場合は、これらの知識を身に付けつつ、実践的に仕事を取っていくのは全然ありだと思います。

 

ただ、スキル無しの状態で今すぐクラウドソーシングで稼ぐことを目指すなら諦めるのが無難です。

初心者が月10万円を目指すならライティング一択

スキル無しでも始められる「Webライター」

「スキル無しから月10万円以上」を目標にするなら、上記の中ですとWebライティングが最も手堅いです。

 

理由はシンプルで、「特別なスキルが不要、かつ継続次第で収入を伸ばせる」からです。

 

初心者の内は、文字単価0.8円前後の初級案件を圧倒的にこなして、最低限の実績を積みます。

受注件数が20件を超えると、ある程度ライティングスキルも身に付き、文字単価1円前後の案件を勝ち取れるようになります。

文字単価1円になるとわりと楽になるのですが、ここからは得意分野を極めるなり、「自分の型」を見出しつつじっくり向上していきます。

 

僕の場合だと、月10万円に達した時点で、固定費を最小にして専業になり、全リソースを突っ込んで強引に倍の20万円にした感じです。

月10万円達成までに必要な作業量【目安】

Webライターの文字単価と収入の目安ですが、ざっくり以下の2つの表のような感じとなります。

  • 文字単価目安
ライター歴 文字単価目安
~3ヶ月 0.5~0.8円
3ヶ月~半年 0.8円~1円
半年~1年 1円~1.5円
1年以上 1円以上
  • 月収目安
1日の作業時間 月収
1~2時間 3~5万円
2~3時間 5~7万円
3~4時間 7~10万円
4時間以上 10万円以上

 

文字単価1円で、1日の作業時間を4時間と仮定した場合、おおよその月収は10万円前後となります。

副業でも、コツコツ継続出来れば文字単価、収入は少しずつ上がっていきます。

 

文字単価1円くらいなら、球数と熱量で十分クリアできまが、1円→2円はややコツが必要になります。

 

このあたりは、こちらの「ライティングの文字単価を最短ルートで2円にする手順解説【経験談】」の記事で詳しく解説しているのでぜひ参考にしてください。

Webライターとして稼ぐための手順

大手クラウドソーシングサイトに登録

まずは、これら大手クラウドソーシングサイトに登録を済ませましょう。

 

おすすめのクラウドソーシングサイト

クラウドワークス:ライティング案件が豊富な最大手サイト

ランサーズ:↑と同様最大手サイト

クラウドテック:2019年イチオシです

 

登録を済ませたら、実際にどんなライティング案件が募集されているのか一通り目を通してみてください。

専門書から基礎知識を養おう

スキル無しから始められるとはいえ、最低限の基礎知識は専門書から養っておくことをおすすめします。

 

インターネットからある程度質の高い情報が収集できる昨今ですが、書籍でしか得られない情報は山ほどあります。

初心者の方程、ぜひ取りこぼしの無いようにしたいです。

 

おすすめの専門書は、こちらの「Webライター歴3年がおすすめ本厳選!【大事なのはこの4冊だけ】」でまとめてあるので参考にしてください。

 

僕自身、Webライターに関する専門書を読んで自分の型を見出し、大きく収益を伸ばすことができました。

専門書に一通り目を通したら、素早くクラウドソーシングで実践を積みましょう。あとは、地道に継続していくのみです。

 

在宅ライター未経験から月3万円稼ぐ手順【ライター歴3年が解説】 こんにちは! Webライターのヤマモトタツヤ(taoblog10)です。 在宅ライター未経験だけど、Webライターとして稼ぐ...

まとめ:労働形態としては抜群に神条件です

最後にこの記事のポイントをおさらいしておきます。

・クラウドソーシングの仕事内容は多種多様

・中でもWebライティングはおすすめです

・在宅で月10万円の副収入も目指せます

 

紹介した通り、クラウドソーシングの仕事ジャンルは多種多様です。

 

今回は、僕自身の経験談をもとにWebライティングを深堀りしましたが、気になる仕事があればなんでもチャレンジしてみてください。

専門書1冊熟読でさくっと稼ぎたいという方は、断然Webライティングがおすすめです。

 

クラウドソーシングは、好きな場所、好きな時間、自分のペースで働けて、かつ実績に応じて収益が上がっていくという時点で仕事の形態として抜群に神条件だと思います。

 

これまでの3年間、単価を上げるのも、実績を積み上げるのもゲーム感覚で取り組んできましたが、

僕のように個人でコツコツ作業に没頭することが好きな人は、特に向いてます。

 

というわけで今回はクラウドソーシングの仕事内容解説と、Webライティングの始め方紹介でした。

 

また明日も更新します、ではでは!

クラウドソーシング続けてたらいつしか時給5.000円になってた話 こんにちは! Webライターヤマモトタツヤ(taoblog10)です。 かれこれ3年程クラウドソーシングでライテ...