ブログ運営

ブログを毎日更新するメリットとコツ【50日続けてわかったこと】

こんにちは、Webライターのヤマモトタツヤ(taoblog10)です。

ブログの毎日更新をスタートし、50日間継続できました(‘◇’)ゞ

「ブログの毎日更新、なかなか続かないなあ」

「ん?そもそも毎日更新するメリットってなんなんだろう?」

と考えているブロガーさんへ。

今回は、ブログを毎日更新するメリットとコツについて、実体験を踏まえてお話しします。ブログ運営のひとつの目安として参考にして頂ければ幸いです。

ブログを毎日更新するとどんな良いことがあるのでしょうか?50日続けた結果、感想などまとめました。

ブログの毎日更新で得られたメリット

執筆速度が飛躍的に上がる

とにかく記事を書くスピードが上がります。

ブログ始めたて2か月間は、2~4日おきのゆる更新でしたが、当時は1記事書きあげるのに6時間とかかかってました。

本業がライターということもあって記事を書くこと自体は慣れていましたが、蓋を開けてみると、案件の執筆と、自分のブログ記事の執筆は全く性質の違う作業で大苦戦…(+_+)

ただ、毎日更新を習慣にしてからは、次第に「自分のメディアで自分の意見を綴る」という行為に慣れ、経過日数に比例して執筆速度が上がっていきました。

3週間経過したあたりから一気に早くなった実感があり、今では1記事あたりの所要時間も6→3時間ほどに短縮できています。

以前の更新頻度で続けていたら、4ヶ月目の現在も1記事書くのに6時間とかかけて音を上げてたかもです(+o+)

「書く」ことに対する心理的負担が低減

執筆速度が上がれば、当然ブログを書く際の心理的負担が減ります。

今は、「3時間ぐらい集中したら、しっかりまとまった記事書けるはずだ。よし、がんばろ」みたいな自信が芽生えて、スムーズに作業に取り掛かれてます。

一般的に、「ブログ初心者がいきなり毎日更新を始めるのはキツイから、まず半年とかゆるくやって慣れてから始めてみようね」などと言われてますが…

僕は、手っ取り早く習慣に落とし込んで、なるべく素早く「書く」ことに対する心理的負担を取っ払う方が断然効率的だと考えてます。

ブロガー界隈では「ブログ集客は100記事書いてやっとスタートライン」と言われますが、僕自身ここを目先の目標に取組んでいます(現在82記事)。

100記事ぐらいはストイックに毎日更新して、地盤が固まったところで、戦略的に1記事に時間をかけて作りこむ、という流れが目標達成までの近道なのかなと感じてます。

アクセスが安定する

毎日更新を始めるようになってから、アクセスが安定しました。

50日程度なので微々たる変化ではありますが、始める前に比べると、日々のPV数は倍以上になりました。

僕自身、更新頻度の高いブロガーさんのブログをまめに観察していますが、毎日新着記事が上がるというだけで、言葉では正確に表現できない類の「安心感」のようなものがこみ上げるものです。

極端な話、その記事の内容に全く関心が無くても、毎日どんな記事を投稿しているんだろう?と覗いちゃうこともしばしば…。

毎日更新というのもひとつの立派な個性になり、固定読者さん獲得に繋がるのかなと感じています。

ブログを毎日更新するコツ

既存の習慣とくっつける

時間帯を固定すると、圧倒的に続けやすいです。

朝食を食べたらブログ書く

夕食を食べたらブログ書く

寝る前の2時間ブログ書く

こんな感じで、「日々の絶対的習慣」とくっつけて、セットで習慣にしてしまうというのが得策です。

僕の場合、本業のライティング業務を終えて、昼食を食べた直後に書くのが習慣です。

ネタは事前に用意

「いやいや、その習慣化が難しい…」ってお話しですよね。

このあたりは、記事のネタを事前に考えておくことで、ずいぶん楽になりますよ。

「さあ、ブログ書くぞ」と意気込んでパソコンの前に着席し、ネタの選択、キーワード選定、上位サイトのチェック、構成、執筆と一気に取り掛かっている場合は、

これら「準備作業」と、執筆作業を完全に切り離すことをおすすめします。

これをまとめてやろうとすると、記事を書き始める前に疲弊してしまいます(´-ω-`)

前日の夜などに、ある程度ネタと構成をイメージしておき、いざブログを書く際は純粋な執筆作業だけに集中。これなら継続しやすいです。

僕の場合、外出時、入浴時、布団の中など、パソコンから離れているときに次のネタを決めるようにしてます。

「パソコンに向かうときは、本文を書くときだけ」と徹底するとリズムが出ます。

自分の得意分野、関心のある分野で

『得意分野、関心のある分野での執筆』は鉄則です。

ちょっと背伸びして、知識の乏しい分野で書こうとすると、これが絶望的に筆走らない…(泣)

やはり始めは好きなテーマを2つ、3つくらいに絞って、その分野で修行するってのが既定路線ですかね。

「執筆に慣れるために、得意分野を利用する」といった要領がいいかと思います。

僕の場合、Webライティングが好きでライティングに関する記事をメインで書いていますが、好きな分野ということもあってやはり筆が走ります。

やがて「長文を書く」ということ自体に慣れ、気分転換に別ジャンルの記事に手を出した際も、わりとスムーズに書けたりします。

というわけで、まずは得意ジャンルでの執筆を徹底するというのが望ましいです!

まとめ:始めたてこそ本腰入れて毎日更新すべき?

最後にこの記事のポイントをおさらいしておきます。

・毎日更新すると執筆速度が飛躍的に上がる

・すると執筆に対する負担が嘘のように低減

・既存の習慣とセットにすると続けやすい

・執筆に慣れるために得意分野を活用しよう

ブログ更新がキツイ、という人ほど、毎日更新を導入してさくっと記事執筆の耐性をつけることをおすすめします(‘◇’)ゞ

とはいえ、これからブログを立ち上げるという人は、まっさらな状態からいきなり毎日投稿はシンドイと思うので、

まずは3日おきに1記事、一ヶ月に10記事ぐらいを目標にしてみてください。

10記事書くと多少慣れるので、2ヶ月目から毎日更新を習慣化してみるってのが良いかと思います。

というわけで今回はブログを毎日更新するメリットとコツについてでした。

また明日も更新します。ではでは!

 

 

スキル0からWebライターとして無双できた理由【負の感情を活用】 こんにちは! Webライターのヤマモトタツヤ(taoblog10)です。 今回は、ライティング経験なし、スキ...