BenQ TK700STiレビュー|FPSやSPGもこなせる”国内初ゲーミング特化”の4Kプロジェクター

こんにちは。
わたや(@taoblog10)です。

わたや

今回は、ベンキュージャパンから発売された4Kゲーミングプロジェクター「TK700STi」をレビューしていきます。

自宅を一瞬にしてミニシアターに変えてしまうホームプロジェクター。わが家でも、映画やYouTubeを壁一面に投影して楽しんでいますが、最近はPS4やSwitchを繋いでゲームも大画面で遊んでいます。

ただ、動きの速いFPSやSPG(特にバトロワ系)は、それなりのリフレッシュレート応答速度が必要なので、現状プロジェクターでのプレイはやっぱり難しい。。

そんな中、今回DLPプロジェクターメーカーとして12年連続で世界トップシェアの「BenQ」からリリースされたのが、”国内初ゲームプレイ特化型”の4Kホームプロジェクター「TK700STi」。

4K対応、3,000ANSIルーメン、短焦点、純正アプリストア内蔵とハイエンドクラスの基本性能にくわえ、新たに3種類のゲームモードが搭載されたBenQの新型プロジェクター。

解像度を1080pに設定することで、240Hzの高リフレッシュレートかつ応答速度4.16msで、FPSゲームも大画面&ストレス最小限でプレイできるとあって、今注目を集めているプロダクトです。

今回は、ベンキュージャパン様より特別に実機を触らせて頂いたので、そんなTK700STiを使った感想やメリット・デメリットを詳しくレビューしていきたいと思います!

メリット
デメリット
  • 2mの距離から100インチの大画面投影
  • Android TV 9.0搭載
  • ゲームモードが多彩
  • フルHDなら240Hzかつ4.16ms出せる
  • オートフォーカスは非搭載
目次

BenQ TK700STiの概要と開封レビュー

BenQ TK700STi」は、ベンキュージャパン社から発売されたAndroid TV 9.0搭載の4Kゲーミングプロジェクターです。

製品名BenQ TK700STi
明るさ3,000ANSIルーメン
解像度4K UHD(3840 x 2160画素)
コントラスト比100,000:1
応答速度4K:16.67ms(60Hz動作時)
フルHD:16.67ms(60Hz動作時)
フルHD:8.33ms(120Hz動作時)
フルHD:4.16ms(240Hz動作時)
OSAndroid TV 9.0
ワイヤレス規格2.4 / 5.0GHz(IEEE802.11 a/b/g/n/ac)・Bluetooth 4.2
スピーカー5W x 1(CinemaMaster Audio+2)
ズーム1.2倍
サイズ約312 x 246 x 110mm
重さ約3.1kg
アスペクト比16:9
投影サイズ30~300インチ
台形補正3D台形補正機能(①自動垂直±30度 ②手動水平±30度 ③回転画像補正)
価格196,664円(税込)
スペック詳細

二重段ボールの厳重な梱包で届きました。ではでは開封していきます!

内容物は以下のとおりです。電源ケーブルは3m弱の長さがあるので、家庭で投影する際も設置場所を選ばず使用できます。

パッケージ内容
  • TK700STi(プロジェクター本体)
  • リモコン
  • 3mの電源コード
  • Android TVのワイヤレスドングル
  • 単4電池×2
  • クイックスタートガイド
  • 説明書

こちらが本体外観。ゲーミングプロジェクターとはいえ、見た目はシンプルでごく一般的なホームプロジェクターといった感じです。

本体サイズは約312 x 246 x 110mm。”小型”とは言えずとも、4K投影できるホームプロジェクターとしてはかなりコンパクトな類ですね。先日レビューしたGK100より1kg軽く、持ち運びも楽ちん。

天面には、操作パネルをそなえます。ただ、付属のリモコンで操作できるので、わざわざ本体から操作することはあまりなさそう。

右側面には、5W出力のtreVoloスピーカーを内蔵。”CinemaMasterAudio+2″というシステムを採用しており、ゲームモード・シネマモード・ミュージックモード・スポーツモードと4種類のサウンドモードから選択できます。

背面にはポート類が集約。端子が豊富なGK100には劣るものの、インターフェースはそれなりに充実しています。もちろん、PS4/PS5、Nintendo Switch、Xbox Series Xなどコンソールゲームを繋げて遊ぶことも可能です。

インターフェース
  • HDMI 2.0b ×2(1つはeARC対応)
  • USB Type-A ×1(給電用)
  • RS232 ×1
  • Audio出力 ×1

底面には、高さと角度を調節できる脚が3つ付いており、前方の脚を伸ばすことで、投影位置の高さを上げられる仕様になっています。

BenQ TK700STiを2週間使ってみた感想

約2週間BenQ TK700STiでゲームプレイ、動画視聴してみたので、実際に使用して期待以上だったこと、期待を上回らなかったことなど率直に感想をまとめていきたいと思います。

純粋なプロジェクター性能が超優秀

TK700STiは、明るさ最大3,000ANSIルーメンと、ホームプロジェクターとしてはかなり明るい類に入ります。4K UHD解像度(3840×2160)に高いコントラスト比(10,000:1)も相まって、日中のカーテンを開けた状態でも高精細に投影することができました。

時間帯、環境に左右されることなく、電源ボタンを押せばいつでもコンテンツを楽しめるのはやっぱり最高ですね。

続いて驚いたのが、投影時の動作音の静かさ。メーカー公称の騒音レベルで”最大35dBA”と表記されているとおり、30秒間の平均値を測定したところ35dBAを切っていました。

これまで10台程プロジェクターを試してきましたが、ここまで全部入りスペックで、投影・デバイス接続時の排熱音が抑えられたモデルは見たことがないですね…。高出力のtreVoloスピーカーも相まって、いざゲームを始めてしまえば本体の排熱音は一切気にならないくらい静かです。

短焦点で100インチ超の大画面投影も

TK700STiのもう一つの大きな特徴が、焦点距離の短さにあります。一般的なプロジェクターは、100インチを投影するのに2.5〜3mの距離を取る必要がありますが、本機は2m足らずで100インチ投影が可能

ちなみにわが家では、3mの距離からリビングの壁一面に140インチ超の大画面投影ができました。

また、本体のズームレバーで投影サイズを簡単に微調整できるのも嬉しい設計です。ゲーム用途はもとより、”狭い空間で高画質なホームプロジェクターを据え置きしたい”といったニーズにも最適な一台と言えるんじゃないでしょうか。

GK100のようなオートフォーカス機能こそ非搭載であるものの、TK700STiは高精度な3D台形補正機能をそなえています。

補正はややタイムラグがありますが、誤認識など無く瞬時に16:9のアスペクト比でサイズ調整されました。凹凸があったり、水平でないような設置環境でも安心。

フルHDなら240Hzかつ4.16ms出せる

TK700STiは、”ゲームプレイ特化プロジェクター”というだけあり、現状最高峰のゲーミングスペックを有します。

解像度を1080p(フルHD)に設定することで、リフレッシュレート240Hz応答速度4.16msまで引き上げることができます。リフレッシュレートにおいては、もはやハイエンドクラスのゲーミングモニターと同レベルの性能ですね。

240Hzに設定できるのはPCと接続したときのみで、PS5などのコンソールゲームは120Hzまでです。

実際に、フォートナイト、PUBG、Apex Legendsといったバトロワ系のFPSゲームを、解像度フルHDでリフレッシュレート240Hzに設定してプレイしてみました。

大画面だと、その分視線移動や首の振りが多くなるのでそもそも長時間プレイは難しいですが、遅延自体ほとんど感じずヌルヌル快適にプレイできました。それこそ筆者のようなライトユーザーがカジュアルに楽しむ分には、ゲーミングモニター時と何ら変わりなく没入できます。

また、ゲーム設定から”FPSモード”にすることで、細部の色のコントラストがより強化されます。特に暗いシーンとかだと結構索敵に影響するので、常にこのモードでプレイしています。足音や銃声などの周囲の音もはっきり明瞭に聞き取れます。

PS4でSPGのウイニングイレブン(4K@60Hz)も動かしてみましたが、キックの反応もラグが生じることなく、こちらもモニター起動時と何ら変わりなく快適にプレイできました。

それにしても140インチの4Kでのスポーツゲームは臨場感がやばい。。

大画面の迫力はもとより、ゲーム設定を”SPGモード”にすることでグラフィックと音響も強化されめちゃくちゃ没入感に浸れます。

アプリストアは純正でVOD視聴も快適

TK700STiは、OSにはAndroid 9.0を搭載しています。

Androidは、付属のワイヤレスドングルを本体に繋ぐことで利用できます。プラスドライバーで背面のカバーを外して取り付ける仕様です。

先日紹介したGK100は、アプリストアがサードパーティ製のもので使い勝手がいまひとつでしたが、TK700STiは純正のGoogle Playを収録しています。これはホントに嬉しい。

YouTubeやAmazon Prime Videoをはじめ、U-NEXT、DAZN、Hulu、dTV、Abema TVなど主要VODがアプリストアからインストールできます。ただしNetflixのみ非対応なので、別途Fire TV Stickを用意するか、Chromeキャストによるミラーリングで視聴してください。

BenQ TK700STiレビュー:まとめ

改めて、BenQ TK700STiの特徴をまとめると…

  • 2mの距離から100インチの大画面投影
  • Android TV 9.0搭載
  • ゲームモードが多彩
  • フルHDなら240Hzかつ4.16ms出せる
  • オートフォーカスは非搭載

4K対応、3,000ANSIルーメン、短焦点の大画面投影、純正アプリストア内蔵と、純粋なプロジェクターとしての性能をしっかり抑えつつゲーミング性能まで優秀な「BenQ TK700STi」。

解像度を1080pに設定することで、240Hzかつ応答速度4.16msまで引き上げられ、バトロワ系のFPSゲームも大画面&ストレス最小限でプレイできるホームプロジェクターに仕上がっています。

今回は以上です。「BenQ TK700STiレビュー|FPSやSPGもこなせる”国内初ゲーミング特化”の4Kプロジェクター」でした。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

Tao Wataya Tao Wataya 管理人

奈良在住フリーライター。暮らしがちょっと快適になるモノ・コト、生産性を高めるガジェットの使い方などを紹介するブログ「ロピログ」運営中。趣味はデスクのアップデート。

目次
閉じる