BenQ「TK700i」レビュー|低遅延&3,200ANSIルーメン高輝度の4Kホームプロジェクター

どうも、暇さえあればプロジェクターでアニメや映画を楽しんでいるwataya(@taoblog10)です。

きれいな映像を据え置きで楽しむなら、やっぱり解像度4K対応のホームプロジェクターがおすすめ。

それから明るい日中でも視認できるくらいの精細な映像を求めるなら、3,000ANSIルーメン以上はほしいところ。

この両方をクリアし、かつ投影性能やアプリの使い勝手も抜群な据え置きプロジェクターがまたまたBenQから登場しました。それが今回紹介する「TK700i」です。

先に販売開始した同社のフラッグシップ機「TK700」に、Android OSが追加されたアップデートモデル。

4K解像度、3,200 ANSIルーメンの明るさにくわえ、最大240Hz・応答速度4.16ms対応(フルHD時)とゲームやスポーツ観戦にも最適な一台となっています。

というわけで、本記事ではそんなBenQ TK700iを実際に使ってみた感想、投影性能などじっくりレポートしていきます。

本記事はベンキュージャパン様より商品をご貸与いただき作成しています。

目次

BenQ TK700iの特徴と外観

ZOWIEやMOBIUZなどゲーミングモニターのイメージが強い一方で、実はDLPプロジェクターというカテゴリにおいて10年以上世界トップシェアメーカーであるBenQ。今回、4Kモデルの「TKシリーズ」から新機種として『TK700i』がリリースされました。

主なスペックは以下のとおりです。

製品名BenQ TK700i
解像度4K UHD (3840×2160)
輝度3,200ルーメン
コントラスト比10,000:1
アスペクト比16:9
光源水銀ランプ(240W)
台形補正縦横台形補正機能(①自動垂直±30度 ②手動水平±30度 )
画像サイズ(対角線)60~200インチ
HDR対応(HDR10/HLG)
リフレッシュレート /応答速度4K 60Hz / 16.67ms
1080p 60Hz / 16.67ms
1080p 120Hz / 8.33ms
1080p 240Hz / 4.16ms
スピーカー5W x1
OSAndroid TV 9.0
寸法 (W x H x D)312x110x246(mm)
重量約3.1 kg

内容物は、紙類を除くとプロジェクター本体、1.5mの電源コード、リモコン、Android TVのドングルと必要最小限です。

BenQ TK700iのパッケージ内容

  • TK700i本体
  • Android TVのドングル
  • 電源ケーブル(1.5m)
  • リモコン
  • 単4電池×2
  • クイックスタートガイド
  • 説明書
  • 製品保証書

いわゆる一般的なホームプロジェクター形状に、高級感漂うパールホワイトデザインがカッコいい本体。

大きさは約312mm×246mm×110mm(幅×奥行き×高さ)と、4K短焦点モデルにしてはコンパクト。ちょうどA4のクリアファイル大のサイズ感です。

天面の手前側には、操作ボタン類がまとまっています。

メニュー画面の操作やカーソル移動などひと通りできますが、ここで操作するより付属のリモコンを使った方が断然便利です。リモコンが見つからない時だけ役に立つかも。

レンズ側には、焦点を調整できるフォーカスダイヤルとズームレバーをそなえます。

家庭用プロジェクターでズーム機能(約1.3倍)が付いているのはめずらしく、短い投影距離でも画面を大きく映せるのは嬉しいポイント。

底面にはスクリュータイプの足が3つ。フロント側に1つ、リア側に2つです。それぞれ回転させることで、高さと角度を微調整できます。

背面には、各種インターフェース。HDMIが2口付きポート類はそれなりに充実しています。

入出力端子一覧

  • HDMI x 2(右側はeARC)
  • RS232
  • オーディオ出力端子
  • USB Type-A(USB 2.0)

付属のリモコン。入力切り替え、台形調整、メニューボタン、音量調整などひと通り揃っていて、ラグもほぼなく操作性については言うことナシですね。もちろん音声アシスタントにも対応。

BenQ TK700iの使用レビュー

トップクラスの映像美と高い静音性

明るさ3,200ANSIルーメン、解像度4K UHD (3840×2160)、さらにはHDR10対応と、家庭用としては現行最高クラスの投影性能といっていいBenQ TK700i。

ドットの粗が目立つ3LCD方式ではなく、より鮮明な投影が可能な単板DLP方式を採用していることもあり、壁への直接投影でも十分に高精細な映像投影ができました。

高輝度にくわえコントラスト比の値(10,000:1)も高く、細部まで滲みなくクッキリ投影できます。日中の比較的明るい時間帯でもカーテンを閉めずに視認できるくらい明るく、色も鮮やかです。

明るい時間帯でも細部までくっきり投影

明かりを消した暗い部屋での視聴の際に画面が眩しく感じたので、設定メニューから「光源モード」を「ランプセーブ」に設定。すると、少し白みの抜けた色になり長時間でも目が疲れにくくなりました(もちろん輝度やコントラストの手動調整も可能です)。

動画再生時の本体の騒音レベルを測ってみたところ、おおよそ40dBA前後で安定しました。公称値(通常時34dBA)より高い値ではありますが十分静音といえます。

投影スペックに対して静音なTK700i

ファンが回る音はそれなりに聞こえますが、前後両方向に音を放つtreVoloスピーカーの恩恵もあっていざ動画を見始めてしまえば動作音はほとんど気にならないですね。

これだけの投影スペックを備えるホームプロジェクターで、ここまで静かなモデルって実はかなり希少です。

6畳の部屋で100インチ超の大画面投影

投影距離の短さもBenQ TK700iの特徴のひとつ。一般的なプロジェクターは、100インチを投影するのに3mほどの距離が必要であるところ、本機は2mちょっとで100インチ投影が可能です。

6畳の書斎で3mの距離から投影したところ、130インチ超の大画面で投影できました!

わたや

小さい部屋でも壁一面の大画面で投影できるからありがたや…!

また、ズーム機能があることでプロジェクター自体を動かさなくても画面サイズを拡大できるのがとても便利。

本体内蔵のズームダイアル

ダイアルを回して1.3倍のズームをかけるだけでもこれだけサイズ感が変わりますからね。

通常投影
1.3倍ズーム

プロジェクターとしての基本性能も充実

映像美、短焦点といった投影性能だけでなく、プロジェクターとしての基本性能や操作性が非常に充実しているBenQ TK700i。

垂直方向の台形自動補正を搭載し、タテ方向の画面の歪みを自動で補正してくれます。この補正機能のおかげで初回のセッティングも楽ちん。水平(ヨコ)方向も、手動での補正が可能です。

正確に歪みを消すために、このようなテストグリッドを表示することもできます。

前述のとおり底面のヒンジでも角度調節が可能であり、台形補正と合わせることでどんな角度からでも理想のポジションで安定して投影できます。

輝度やコントラスト、色味の調整も細かく設定できるTK700iですが、あらかじめ登録されている6種類のカラープリセットから利用シーンに合わせて色味を最適化することも可能です。

スポーツ観戦なら「スポーツモード」、映画鑑賞なら「シネマモード」といった感じですね。ちなみに普段の動画視聴では、高コントラストで明瞭の「リビング」がおすすめです。

明るく輝度を最大限明るくします。輝度を最高に明るくする必要がある環境に適した設定。
リビング彩度明るく、シャープに調整します。やや暗めの部屋で動画を視聴するのに適した設定。
ゲームゲームプレイに適したモード。敵が隠れられないように暗いシーンの視認性を向上させます。
スポーツ高彩度の色と高い輝度レベルでスポーツ鑑賞に適した設定。
シネマ低い輝度レベルで忠実な色再現と深いコントラストで、比較的明るい部屋での動画再生に適した設定。
日中画像のぼやけた範囲を明るくします。屋外や照明の明るい部屋などに適した設定。

また、解像度を1080p(フルHD)に設定することで、リフレッシュレート240Hz、応答速度4.16msまで引き上げられる点も本機の大きな特徴。動きの速いサッカーなどの試合観戦や、FPSやSPGなどのゲームプレイもラグなしで快適に楽しむことができます。

操作面で惜しむらくは、オートフォーカス機能が非搭載であること。

最近はGS50などモバイルタイプでもオートフォーカス付きモデルが増えていますが、残念ながらTK700iは手動でしかピント調整ができない仕様になっています。

ダイアル調整の操作性には何の不満もないし、一度フォーカスを合わせたら基本的にいじることはないので困ることはほぼないですが、設置環境をコロコロ変えたい人にとっては手動での調整がちょっと不便に感じるかもしれないですね。

Android TV 9.0搭載

BenQ TK700iは、OSにAndroid TV 9.0を搭載し、直感的なUIで操作性にすぐれています。

付属のワイヤレスドングル(QS01)を本体に繋ぐことで、Androidが利用できる仕様です。ドングルは一度セットしたらそのままでOK。

付属のワイヤレスドングル(QS01)

「肝心なアプリストアだけなぜかサードパーティ製」といったモデルも多い中、TK700iはしっかり純正のGoogle Playを収録しているのも嬉しいポイント。

YouTubeやAmazon Prime Videoをはじめ、U-NEXT、DAZN、Hulu、dTV、Abema TVなど主要VODを含む5000種類以上のアプリがインストール可能。エンタメ性能は申し分ありません。

従来モデル同様、Netflixのみ仕様上Google Playからインストールできないのですが、Fire TV stick等の外部接続機器を使用するか、PCからのワイヤレスキャスト、またはケーブル接続することで視聴できます。

「torne mobile」や「DiXiM Play」を使うことで、レコーダーやnasneなどWi-Fi接続機器をつなげてテレビを視聴することも可能です。

BenQ TK700iレビュー|まとめ

以上、BenQの4Kホームプロジェクター「TK700i」のレビューでした。

良いところ
残念なところ
  • 投影距離2mで100インチ
  • 4K HDRで抜群の映像美
  • Android TV搭載
  • フルHD@240Hzなら4.16ms
  • ズームレバー付き
  • フォーカス調整が手動

4K解像度や3,200 ANSIルーメンの明るさにくわえ、HDR 10対応の映像美、台形自動補正やズーム機能、さらには短焦点&低遅延と、全方位に完成度の高いプロジェクターに仕上がっています。

大画面での映画鑑賞、スポーツ観戦はもちろん、テレビ代わりになるプロジェクターの導入を検討している人はBenQ「TK700i」をぜひチェックしてみてください!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ガジェットをこよなく愛する奈良県在住のフリーライター。Yahoo! JAPAN、ライフハッカー[日本版]などで執筆中。ブログでは、心を揺さぶられたプロダクトや愛用ガジェットのレビューを中心に週2回ゆるーく更新しています。

Message

コメントする

目次