『絡まない充電ケーブル』Anker PowerLine Ⅲ Flowを買ってみた【レビュー】

Ankerから、『高耐久で絡まない充電ケーブル』というコンセプトで発売された「Anker PowerLine Ⅲ Flow」。

リリース直後からSNSで反響を呼んでいたので、気になって早速ポチっちゃいました。

現時点ではUSB-C & ライトニングのみの展開ということなので、一先ずiPhone 12 Pro用に1本購入。

結論、「全ケーブルこれに統一したい」と思うくらい満足度が高かったので、今回はそんなAnker PowerLine Ⅲ Flowの使用感について詳しくレビューしていきたいと思います。

購入を検討中の方の参考になれば幸いです!

目次

Anker PowerLine Ⅲ Flowの外観と概要

Anker PowerLine Ⅲ Flow」は、『絡まない充電ケーブル』をコンセプトとしたシリコン製のPD対応充電ケーブルです。

現時点では「USB-C & ライトニング」のみの販売となっています。

カラーバリエーションが豊富で、クラウドホワイト、コーラルピンク、ミッドナイトブラック、ミントグリーン、ラベンダーグレイの5色から選べます。

ケーブルの長さは、0.9m1.8mの2種類。
0.9mタイプは2,190円、1.8mタイプでも2,290円と価格差はほとんどありません。

僕は今回クラウドホワイトの0.9mを購入しました。

ケーブル内部の銅線をグラフェンで覆い、外装にシリコン素材を使用した3層構造にすることで、柔らかさと高耐久を両立しているとのこと。

質感は、iPhoneの純正シリコンケースと似ていて、サラサラとやさしい肌触り。

端子の先端には、アクセントでカッパーがあしらわれています。コッパー色がホワイトカラーとマッチしててカッコいい。

ベルトタイプのシリコンホルダーが付いており、ケーブルをコンパクトにまとめられます。

もちろんホルダーは取り外せるので、お好みのケーブルクリップに付け替えるも良しです。

約25,000回もの折り曲げテストをクリアしているだけあり、ケーブルはややごつくて丈夫。

それでいてケーブル重量はホルダー込みで30g切っているので、携帯性も申し分ありません。

ケーブルと端子の接続部が、断線しづらい構造になっているのも地味ですがうれしいポイントです。

Anker PowerLine Ⅲ Flowのレビュー

実際にAnker PowerLine Ⅲ FlowをiPhone 12 Pro用の充電ケーブルとして1週間使ってみました。

これまでは、従来の紐タイプのケーブルを使ってきましたが、より柔軟なシリコンケーブルは取り回しの良さが段違いですね。

ケーブルホルダーを外しても、そのままの形を保つのはスゴイ。折り曲げた状態にしていても、従来のケーブルのように歪なクセが残ることもありません。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC09790.jpg

ちなみに、端子サイズはApple純正ケーブルよりやや大きい設計になっていますが、純正シリコンケース越しでも干渉せず問題なく使えました。

もちろんAppleのMFi認証済みなので、最新のiPhoneも急速充電ならびにデータ転送にバッチリ対応しています。

iPhone 12 Proを残量0%の状態で充電開始したところ、30分で50%2時間弱でフル充電できたので、しっかり急速充電されました。

充電時に、ケーブルが綺麗にまとまって見栄えがスッキリするのも気持ちが良いですね〜。

ちなみに、iPhoneを急速充電するには「Anker PowerPort III Nano 20W」のような20W以上のPD充電器が必要になるのでその点だけ注意してください。

取り回しの良さ、耐久性、質感すべてにおいて従来のケーブルと一線を画する「Anker PowerLine Ⅲ Flow」。いやーほんとによくできてます。弱点らしい弱点もなかったので、とりあえずもう一つのiPhoneとiPad用に2本買い足しましたw

今のところType-C to ライトニングのみの展開ですが、to Type-CやThunderbolt 3がリリースされたら即購入すると思います。

Anker PowerLine Ⅲ Flowレビュー:まとめ

最後に、Anker PowerLine Ⅲ Flowのメリット・デメリットをおさらいしておきます。

ここが良い
  • 3層構造で耐久性に優れている
  • 柔軟シリコンで取り回しが良い
  • クセになる手触り
  • MFi認証で急速充電対応
ここが残念
  • 特になし

『高耐久で絡まない充電ケーブル』というコンセプトの新しいケーブル「Anker PowerLine Ⅲ Flow」。

高機能ながら価格も約2千円とリーズナブルで、1.8mタイプにいたってはApple純正ケーブルより2千円近く安価です。

欠点らしい欠点はなく、強いて言えばシリコン製でホコリが付着しやすいので、もし気になる場合は明るいカラーを選んでおくことをおすすめします。

今回は以上です。「話題の『絡まない充電ケーブル』Anker PowerLine Ⅲ Flowを買ってみた【レビュー】」でした。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

Tao Wataya Tao Wataya ガジェットライター

大阪在住29歳Webディレクター。テレワーク歴6年。暮らしがちょっと快適になるモノ・コト、生産性を高めるガジェットの使い方などを紹介するブログ「ロピログ」を運営してます。

Yahoo! JAPANクリエイターズプログラムにてガジェットレビュー担当中。

目次
閉じる