平置き充電器の新定番。待望の「Qi2対応」で完全体になったAnker3-in-1充電パッド

本ページ内には広告が含まれています。

Ankerから、最新の高速ワイヤレス充電規格「Qi2」に対応した3-in-1充電ステーション「MagGo Wireless Charging Station (3-in-1 Pad)」が販売開始されました。

ぱっと見ベルキンの3-in-1パッドに相似するこちらの平置き型充電パッドですが、iPhoneとApple Watch、イヤホンをまとめて最高出力で充電できることにくわえ、スマホ充電部がスタンドに可変するなど使い勝手もバツグンの一台です。実際にデスクに設置してしばらく使ってみたので、使用感や充電性能など紹介していきます。

目次

Anker MagGo Wireless Charging Station

こちらが充電ステーション本体。横に3連の板状タイプで、左がスマホ(Qi2対応)、真ん中がQi対応イヤホン、右がApple Watch用のワイヤレス充電部となります。

サイズは約229 x 86 x 16mmと同タイプの中では比較的コンパクトであり、同型のベルキン3-in-1パッドと比べても一回り小さいです。重量も約470gのベルキンに対して、約345gと軽く、出張や旅行時にギリギリ持ち運べる軽さといった感じ。

ベルキン(上) アンカー(下)

Anker MagGo Wireless Charging Stationならではの特徴が、スマホの充電部がスタンド式に可変すること。従来の平置き、そしてアームを起こしてのスタンド型の2WAYで使える自由度の高さが魅力です。

アームを起こせばスタンドにもなる

本機は背面にあるUSB-C端子に、付属のUSB-Cケーブル(1.5m)と電源アダプタを接続することで使用できます。ベルキン製はここが専用端子なんですが、本機はUSB-Cで汎用が効くのがうれしいところ。

肝心なスマホの充電性能ですが、iPhone 15シリーズなどQi2対応スマホと組み合わせることで最大15Wの高速充電が可能です。実際にiPhone 15 Proをバッテリー残量カラ→フル充電したところ、従来のMade for MagSafe規格だと4時間弱かかっていたのに対して、Qi2対応の本機は約3時間で満充電できました。

アームを起こせば、充電しながらの画面確認も。タテ・ヨコ両方で接続できるので「普段は縦置きにしてスマートな卓上時計の代わりに、動画コンテンツを流すときは横置きにチェンジ」と使い分けることもできます。ステーション自体がそれなりに重たいので、iPhone脱着時の安定性も申し分ありません。

イヤホン、ウォッチはともに5W出力。ウォッチ部分はApple認定のMade for Apple Watch規格に準拠した磁気充電端子で、シリーズ7以降のApple Watchの急速充電に対応しています。合計出力25W(15W + 5W + 5W)と、3デバイスとも最高出力で充電できるので、設置スペースが取れる場合は3-in-1充電器のベストな選択肢といっていいんじゃないでしょうか。

同様の特徴を持った商品は他にもありますが、最新の高速充電規格Qi2に対応しつつ、小型化、アームギミックの搭載など筐体の進化も見逃せないAnker MagGo Wireless Charging Station (3-in-1 Pad)。

平置き型の定番的位置付けのベルキン製と比べても単純にスペックで勝るだけでなく、5千円以上安価で手に入るので、これから3-in-1パッドを導入するならよほど拘りがない限りこっちを選ばない理由がないかなと個人的には思いますね。電源アダプタに汎用の効くUSB-Cを採用している点でも断然取り回ししやすいですし。

こちらのホワイトモデルの他にブラックモデルの展開もあるので、気になった方はぜひチェックしてください。

SHARE ON
目次