【殿堂入り】Amazonで買ってよかったもの!おすすめ商品総まとめ【2022年】

Amazon大好きで、めちゃくちゃ買い物してます。仕事道具から日用品まで、少なくとも年間100万円はAmazonにつぎこんでます。

レビューブロガーという仕事柄もあって、良かったモノはどんどん記事にして出して、類た製品が出たらまた比較のために購入、なんてことを日々繰り返しているわけですが…。

今回は、そんな公子ともにAmazon依存のぼくが、中でもこれはホントに買って良かったと!思える「Amazon殿堂入りアイテム」を厳選してみました。

わたや

ここ3年で買ったものの中で、半年以上毎日愛用していて、かつ現役でおすすめできるものだけ紹介!

長いので目次を用意しておきます。気になるとこだけでもどうぞっ

目次

Amazonで買って良かったもの総まとめ【超厳選】

ミドリ ダンボールカッター

ダンボールの開封、解体の便利アイテム「ミドリ ダンボールカッター」。

ずっと長谷川刃物のダンちゃんを使ってましたが、たまに中のものまで傷つけてしまうことがあったんですよね。で、刃の短いこちらに乗り換えたんですが、切れ味の良さに感動しましたw

中にマグネットが入ってるので、デスクの脚とかにくっつけて定位置化しやすいのも便利。わが家では書斎とリビング、2個体制で活躍してくれてます。

わたや

セラミック素材だから皮膚にあたっても切れないし、一回買うとながーく使えます!

ドルチェグスト ジェニオ エス

まだ記事で紹介していない製品ですが、間違いなく僕のQOLを爆上げしてくれたネスレのコーヒーメーカー「ドルチェグスト」。

専用カプセルを本体にセットしてポチっとボタンを押すだけで熱々のコーヒーを注いでくれる・・というズボラな僕にうってつけのアイテム。

にもかかわらず、味は市販の粉末スティックとは比べものにならないくらい上質で、本格的なクレマ(泡)はコーヒーショップのコーヒーやカフェで飲むコーヒーの仕上がりそのもの。

カプセル式だからコーヒーメーカーが汚れることもなくメンテナンスも楽ちん。

カプセルの種類も30種類以上から選べるので毎日飽きずに飲めます。

ちなみにこの「ジェニオ エス」は、ネスレのコーヒーメーカーの中でも一番定番のジェニオシリーズから、「ジェニオ アイ」の後継機として発売されたBluetooth・Wi-Fi対応モデルです。

わたや

一杯あたり50円くらいで市販スティックよりは高くなるけど、味はとびきり上質…!

Kindle Paperwhite

Amazonの電子書籍リーダー「Kindle Paperwhite」。

紙の本のだと常に両手持ちになりますが、電子書籍は下部をつまむだけ。電車内でもサッと取り出して気軽に読書が楽しめるのが最高です。

解像度は、通常のKindleが167ppiなのに対して、Paperwhiteは倍に近い300ppi。小さなテキストも高精細に写してくれます。もちろんブルーライトカット付き。

わたや

完全防水のIPX8等級なので、雨の日でも安心して持ち歩けます!


Fire TV Stick

プライム・ビデオや、Netflixといった動画配信サービスが、テレビの大画面で楽しめるようになる「Fire TV Stick」。

自宅のテレビにこれを導入して以来、日曜の夜はプライムビデオで好きな映画やアニメを見るのが日課になりました。

YouTubeはもちろん、Hulu、Netflix、DAZNなど複数の動画配信サービスに加入している方には必須レベルでおすすめしたいアイテムです。

最近はテレビ本体にVODが閲覧できる環境が標準装備されていたりしますが、もしお持ちのTVにそういった機能がない場合はぜひチェックしてみてください。

わたや

ややこしい設定とかもなく、テレビ背面にスティックを挿すだけ!


サーモス 真空断熱マグカップ

熱々のコーヒーを熱々のまま飲みきりたい…!ということで購入したサーモスの真空断熱マグカップ。

とにかく保温・保冷性能が最強。氷をガンガン入れても結露しないし、オールシーズンこれ一つでいけるような、まさに万能カップ。あと、良い意味で断熱カップっぽくないシンプルデザインも気にってるところ。

わたや

350mlサイズで容量もちょうど良いので、コーヒーや紅茶用のマグにおすすめ!


Eight Shop 12種ミックスナッツ 1kg

小腹がすいたとき、お皿にだして一生食べてます。

素焼きナッツだけだとすぐに飽きるんだけど、これは、ドライフルーツ、デーツ、クコの実、ひまわりの種、パンプキンシードといろいろ入ってて食感的にもずーっと飽きずに食べ続けられるんですよね。

こういうのはAmazonで1kgとかの単位で買うとかなりコスパ良いのでおすすめです。ちなみにこれは2000円ちょっと。1kgあったら2ヶ月とか十分持ちますからね。

わたや

ダイエット中の間食にも最高。


FLEXISPOT E7(電動昇降デスク)

自宅作業が増えたことで思い切って導入したFLEXISPOTの電動昇降デスク。

ワンタッチで天板の高さを自由に調整できるのがとにかく快適で、座り姿勢が辛くなったら↓のようにすぐに立ちスタイルに切り替えられます。

30分おきに立ち座りを繰り返して使っていますが、明らかに以前に比べて集中力が持続するようになりました。腰痛持ちワーカーにとってはまさに救世主…!

座り姿勢のときも、ノートPCを使うとき、外付けのキーボードでタイピングするとき、はたまたノートに筆記するとき、一口に座ると言ってもそれぞれ心地良い姿勢って違いますよね。そこを微調整できるのも昇降デスクの隠れたメリットかなと思います。

この「E7」は相場の半額くらいでコスパも良くて、メモリー機能や障害物センサーもちゃんと付いてるのでおすすめです。


LG 27UL850-W(PCモニター)

テレワークなどの作業用モニターにおすすめなのが、LGの定番4Kモニター「27UL850-W」。

MacBookとケーブル1本で映像出力・電源供給できるのがポイント。ドックや配線で場所を取らない分見た目がスッキリするし、何より作業スペースが広く使えるのが良いですね。一応DisplayHDRにも対応してるので、ぼくはこれ一台で映画やゲームも楽しんでます。

定番モデルなのでAmazonでも滅多にセール対象にならないんですが、「4K対応でとにかくコスパの良い作業用モニターがほしい!」という人は間違いなく選んで損しないモニターです。


Logicool MX Master3(マウス)

ここ2年くらいずっとメインマウスに愛用してる「Logicool MX Master3」。

エルゴノミクスのこの特徴的なカーブ形状が、手のひらに吸い付く感じが心地いいんですよね。長時間でも指や手首が疲れないので気に入ってます。

ショートカットキーの出番がほとんどなくなるくらいボタン割り当ての自由度が高くて、一度慣れると他のマウスが使えなくなるのが玉に瑕…?

わたや

家用と外用の2台体制で愛用中。

PITHECUSの3in1充電スタンド

画像

iPhone、Apple Watch、イヤホンが同時に置くだけ充電できる3in1ワイヤレス充電パッド。

このPITHECUSの推しポイントは、なんといってもコスパの良さ。1〜2万円が相場の3in1タイプですが、なんとAmazonで3,000円ちょっとで購入できちゃいます。デザインもスタイリッシュで、チープ感もなく気に入ってます。

iPhone 13 Proもしっかり高速充電できてるので、安かろう悪かろうってこともなく現状コスパ最強のパット型充電器

わたや

謎に背面が光る仕様もカッコイイ。

画像


SONY WH-1000XM4(ヘッドホン)

SONYのノイズキャンセリングヘッドホン。

装着感、ノイキャン、アプリの操作性と全体的な満足度でこれを超えるものに出会えてないので発売当初からずっと使い続けてます。SONY製なんで音質は言わずもがなですが、ノイキャンが強力なわりにそこまで圧迫感がなく長時間でも使いやすいんですよね。

2台同時接続にももちろん対応。スマホで音楽を聴いた後に、PCでオンラインミーティングなんて時もシームレスで切り替わるので、1日中付けっ放しってこともしばしば。。


山崎実業 テーブル下収納ラック

置き場所に困る卓上のティッシュやリモコンを、まとめてテーブル下に収納できる便利アイテムが、山崎実業のテーブル下収納ラック。

ネジ止めなので天板裏に穴あけが必要ですが、卓上のものを手元でサッと出し入れできるのがとにかく便利。ティッシュ用のスリッドが両サイドにある設計もとても使いやすいです。

ぼくは作業用デスクに取り付けてますが、木製のダイニングテーブルとかにも簡単に設置できるので、ぜひ試してみてください!


アイリスプラザの三段ワゴン

デスク周りでよく使う道具を常に手の届く位置に置いておきたいなってことで、Amazonで3千円くらいでポチったのがこのキャスター付きワゴン。

最近ホムセンでもよく見かけるキャスターワゴンですが、多くが樹脂パーツ使用で安定感がいまひとつ。そんな中このアイリスプラザのワゴンは全スチール製なので、物を入れた後もグラつき、ガタつきが全く無く安定感抜群。

付属工具だけでサクッと組み立てられるのでリビング用にもう一つ買い足そうかなと思ってます。


RLJ ミニ引き出し

テーブル裏に両面テープで簡単に取り付けられる「RLJ ミニ引き出し」。

デスクを買い替える度にリピートしてますが、これがめちゃくちゃ便利。あくまで簡易引き出しなので作りはチープですが、開閉が滑らかで使いやすいです。筆記用具とか細々したものを収納するのにぴったり。

わたや

2個セットで1500円くらいなのでコスパも最強!


mont-bell トレッキングアンブレラ

いつでもサッと取り出せる折り畳み傘を常にバッグに忍ばせています。ここ2年ほど愛用しているのが、mont-bellの「トレッキングアンブレラ」。

アウトドアメーカーならではの高耐久はもとより、とにかく軽いんです(100gちょいでスマホより軽い…!)。

買うまでは「傘に6000円か…」と躊躇ってましたが、普段から常備するアイテムってことを考えると、高価でも最初に質が良くて軽いコレを選んでおいて良かった。


FLSK(水筒)

コーヒーを持参するほどのカフェイン中毒のぼくは、FLSKというステンレスボトルを持ち歩いてます。

二層構造の真空断熱になっていて、1日中保温できるのが嬉しい。これまでは同じ500mlサイズのスタンレーの真空スイッチバックIIを長く愛用していましたが、こちらの方が50gほど軽いということで乗り換えました。

わたや

良い意味でアウトドア感のないスタイリッシュなデザインもカッコいい。

FLSK(フラスク)


SwitchBotカーテン

本格的にスマートホーム化を目指して、あらゆるスマート家電を導入した昨年。その中でも、毎日のカーテンの開閉を自動化してくれたSwitchBotカーテンがIoT家電のMVP

光センサーで、朝になると自動でカーテンを開けてくれる機能があるんですが、わが家ではこれが目覚まし代わりになってます!

わたや

毎日太陽の光で起きられるのが最高!

スイッチボット(SwitchBot)


アイリスオーヤマ オイルヒーター

昨年のベストバイ記事でもランクインしたアイリスオーヤマのオイルヒーター。

エアコンやセラミックヒーターは速暖性に優れている反面、空気中の水分を奪うので部屋が乾燥しやすいのがデメリット。その点オイルヒーターは、輻射熱(ふくしゃねつ)で自然と室内温度を上げることができます。

あと、オイルヒーターって見た目がゴツいイメージがありましたが、「ウェーブフィン」を採用しているアイリスオーヤマはインテリアに自然に溶け込むのも個人的に気に入っているポイント。ウェーブ状である分、放熱効率にも優れています。

Amazonで1万円くらいだったので、正直失敗したらメルカリで売ろう程度で買いましたが、何気にこの冬一番活躍してくれたアイテム。

わたや

疲れ目が気になるデスクワーク中もまったく目が乾燥しないのが快適!


Xiser Pro Trainer(ステッパー)

これもベストバイ記事で上位に紹介したものですが、作業時の”ながら運動”目的で昇降デスクといっしょに購入したエクサーのステッパー。

座り姿勢に疲れたときにゆるーく足踏みする程度ですが、意外と眠気とかも飛んで、すっごい集中力が続くようになったんですよね。

”連続駆動時間”という縛りがある一般的なステッパーと違い、時間制限なく使用できるエクサーステッパー。油圧駆動が滑らかで足首に負担が集中せず続けやすいのも、オリンピック選手のフィットネス用に作られたエクサーならでは。

取り入れてからワークスタイルがガラッと変わったので、高額だけど思い切って買って良かったアイテム。

わたや

もちろん本来の運動目的にもめちゃくちゃおすすめです!


ECOVACS DEEBOT T9+(ロボット掃除機)

吸引と水吹きの両対応で、自動ゴミ収集機能まで搭載の”全部入り”ロボット掃除機「DEEBOT T9+」。

ふつうは掃除の度にダストボックスのゴミ捨てが必要なロボット掃除機ですが、充電ステーションにダストパックがひっついてるDEEBOT T9+は、清掃が終わる度に掃除機内に溜まったゴミを自動で吸い上げてくれるんですよね。

で、ダストパックに溜まったゴミを2ヶ月おきに捨てるだけ。

わたや

ゴミ捨てが数ヶ月おきですむってだけで、ズボラな僕に取ってはもう革命的…!

さらに今回からフレグランス機能まで付き、掃除の度に家中さわやかな香りが充満するのでめちゃくちゃ気に入ってますw


Amazonプライム

仕事、プライベートと公私ともにAmazonにズブズブのぼくですが、周りでは何故かまだAmazonプライム会員になっていない人が結構多いんですよね。

そして皆こう言います。「Amazonプライムのメリットって、単に配送料がタダになるだけでしょ?」と……

わたや

全然それだけじゃないのに!もったいなさすぎる……!

たしかに開始当初は単なる「配送料無料プラン」として産声を上げAmazonプライムサービス。

しかし、今では映画見放題、音楽聴き放題、読書し放題などなど、Amazonで買い物する人だけでなく誰にとっても「入らなきゃ絶対に損」と言い切れるような最強のエンタメサービスに進化しています。

わたや

受けられる特典に対して会費が安すぎて逆に不安になるレベル(笑)

Amazonプライムについては、↓の別記事で詳しくまとめていますので、まだ会員になっていないけど興味があるって人はぜひチェックしてみてください!

Amazonで買って良かったもの総まとめ

そんなわけで今回は、Amazon依存の筆者が中でも本当に買って良かったと!思える”Amazon殿堂入りアイテム”を紹介してみました。

まだまだ懲りずにAmazon散財していくので、「これ良い!」と思ったものがあればどんどん追記していきます。少しでも気になったものがあったらぜひ生活に取り入れてみてください!

被ってますが年間のベストバイも記事にまとめてます↓

今回は以上です!どうも、わたや(@taoblog10)でした。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ガジェットをこよなく愛する奈良県在住ライター。暮らしとワークスペースの最適化をテーマに、モノ・サービスを紹介する当ブログ「LOPYLOG」を運営しています。カメラを持って建築めぐり&食べ歩きが休日の楽しみ。マイブームはデスクのアップデート。

Message

コメントする

目次
閉じる